最新話ネタバレのアイキャッチ画像

漫画約束のネバーランドの最新話含むネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!毎週どこよりも早く更新

2019年1月28日発売日の週刊少年ジャンプ2019年9号、最新話!
約束のネバーランド【第120話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに119話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これから約束のネバーランドのネタバレを含む内容をご紹介します。

https://realworld.jp/entertainment/yakusokunoneverland-mangamura/

約束のネバーランド【第120話】のネタバレ

「”鬼とは何なのか”?」

「?」

「そういう怪物じゃないの?」

ノーマンの言葉に不思議がる子供たち。

(”なぜ鬼は鬼を食べるのか”)
(”食べなければならないのか”)

エマはノーマンの言葉の別の部分が気になっているようです。

そんな中、ノーマンは続けてこう言うのでした。

「奴らはヒトを食べなければあの姿も形も保てない」
「形のない怪物なんだよ」

 

そしてノーマンによる鬼の説明が続きます。

 

最初の姿は誰も知らない
恐らくは”細菌”に似た何かだった

“細菌”は主に分裂により同一個体のコピーを増やすが、
“突然変異”と”水平伝播”により進化・変容を遂げる

“遺伝子の水平伝播”とは他の生物の遺伝子を取り込むこと
鬼の進化もそれに似ており、食べたものの遺伝子を取り込んでその形質を得る

虫や魚、様々なものを食べては様々な形に進化していった鬼たち
そしてヒトを食べることでヒトに似た姿と高度な頭脳、言葉や文化を手に入れたのだった

人間は彼らの最大の好物となり、鬼達はみるみる人間を超え、天敵となった
人間はそんな鬼を畏れ、鬼 怪物 悪魔 神 様々な名で呼んだのだった

しかし鬼たちは速すぎる進化の代償として”食べ続けなければ”形質を保っていられなくなった

一度知った人間の味を 知能を 形質を欲して鬼は人間を食べ続ける
“約束”の締結を経てもなお

 

ノーマンの説明を聞いて思い思いの感想を述べる子供たち。

レイは、単純な生物ならともかく、複雑な生命体に化してもなお、柔軟な遺伝子の組み換えが出来ていることに驚いています。

その鬼の性質をまさに脅威ではあるが、良くも悪くも遺伝情報が書き替わる極めて不安定な生き物だと言うノーマン。

「だからね」
「農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶ」

この1000年、粗悪な量産肉を食べ続けた下級の鬼達の形質保持能力は弱まっており、早い個体なら半年も人間を食べなければ知恵を失い野に返るだろうとノーマンは解説します。

そして質の悪すぎる量産肉とそれに対する下級鬼の不満は鬼達の社会不問題になっているようです。

「農園を潰せば鬼は野良鬼のようになる…」
「だからノーマンは野良鬼を…」

ノーマンの意図を察するエマでしたが、それは即ちすべての農園を破壊する必要があることだろうと懐疑的なギルダ。

「できるよ」

ギルダの言葉に対してノーマンはそう言うと、ザジたちのことを話し始めるのでした。

 

鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組んで、鬼たちの食欲と実用に伴った、多種多様な高級肉を、より良質な量産肉を手段を問わずに生産するための施設。

それが試験農園ラムダ7214であり、繰り返される投薬と実験による品種改良の過程で異常な発達や変則的成長を見せた個体の内の一人がザジなのでした。

そしてジンやハヤトもラムダではないがその系列の新型量産農園で生まれたのだとノーマンは説明するのでした。

ハヤトやジンの足の速さや、アダムの怪力や回復の早さに合点がいった様子の子供たち。

ノ―マンは

「この力は鍛えれば鬼にも勝る戦力になる」
「皮肉にも全て鬼がくれたんだ 高級食用児(ぼくら)の知恵同様にね」

と言い、ザジたち”イレギュラー”を確保する意味でもラムダと系列農園から襲って解放したと説明するノーマン。

さらにこのアジトにいる子供たちの何割かは未来のザジたちとなる”イレギュラー”なのだと続けます。

「ラムダの檻でずっと考えてた」

(ないならつくろうよ)
(変えようよ世界)

かつてのエマの言葉を思い返すノーマン。

「エマならきっと 家族みんなで笑って暮らせる未来を」
「そのためにも自分や家族だけじゃない 全食用児を救う道を望むって」
「でしょう? エマ」

そうエマに問いかけ、自分もそんな世界が作りたいとノーマン。そのために考えたノーマンなりの最善の答えが全農園を破壊することなのでした。

「策は既にある」
「武器 戦力 その他手配 準備はできている」
「鬼は滅ぼす 全滅させる」

「大人になれない世界はもう終わり 鬼世界に全食用児の楽園を築こう」

夢を現実にするため、ノーマンは自らが導き出した最善の答えをエマ達に語るのでした。

漫画約束のネバーランドの最新話含むネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
約束のネバーランドの最新話ネタバレ一覧!毎週どこよりも早く更新

[the_ad id=”1965″]

約束のネバーランドの最新刊をU-NEXTですぐ無料で読む

以上、約束のネバーランド【第120話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです!

約束のネバーランド最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

約束のネバーランドの最新巻を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

約束のネバーランド【第120話】の感想と考察

鬼とは何か、どうやって鬼を滅ぼすかがノーマンの口から語られた会でした。

また、鬼たちのことだけでなく、ラムダやザジたち”イレギュラー”についても説明がありました。

ノーマンの口ぶりと、過去に質の悪い量産農園を破壊していたことから考えると、あらかたの農園は既に破壊し終わっていると考えられますね。

物語もついに佳境といった感じで目が離せません。

次回以降も注目していきたいと思います!

次回の約束のネバーランド【第121話】の週刊少年ジャンプ2019年10号発売日は2月4日になります!

まとめ

以上、約束のネバーランド【第120話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

2021年3月 漫画売れ筋ランキング