ワールドトリガーのサムネイル画像

漫画ワールドトリガー最新話&話数のネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
漫画ワールドトリガーの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

2021年3月4日発売日のジャンプSQ.2021年4月号、最新話!
ワールドトリガー【第206話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに前回のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずはこちらから。

これからワールドトリガーのネタバレを含む内容をご紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きでワールドトリガー【第206話】が読みたい!ということであればU-NEXTで今すぐにジャンプSQ.の2021年4月号が無料で読めますよ。

U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む

*時期によっては配信が終了してる場合があります。

ワールドトリガー【第206話】のネタバレ

前回のあらすじ

第1、第2プールが決まり、残すはヒュースがいる第3プール。

くじで一番を引いた若村麓郎が、熟考した上でヒュースを指名した。

続く他の隊長も其々が思う隊員を指名するが、諏訪が香取を指名してしまい戸惑う三雲修。

その後、チーム分けが終わると質疑応答となり、オサムがA級が試験に参加するかを問いかけた。

問われた忍田は、A級は2次試験から参加すると言いつつ第1次試験ではA級が審査官だと明かすのだった。

 

【試されるA級隊員】

A級が審査官だと聞き驚く一同を他所に忍田が最後に2つ注意点を告げる。

一つ目は、試験開始まで臨時部隊のチームメイト同士の接触を禁ずる。

接触を禁ずることで事前に作戦を練ることも連絡を取り合うこともできない。

尤も、あくまでも厳密に監視するわけではなく、ルールを遵守して欲しいと言うのみ。

二つ目は、16日に行われる隊長面接の対象は、臨時部隊の隊長ということ。

説明会が終了し後ろの席の隊員から順に退出する中、別室ではA級部隊への説明が始まる。

モニターに映る根付栄蔵の言葉でA級隊員が各部隊ごとに指定された小会議室へ向かう。

各部隊が個室に別れると詳しい説明を行う根付。

A級には閉鎖環境試験の審査を担当し、共に遠征するクルーとして相応しいか評価を行う。

それに伴い今から臨時部隊11チームの1次、2次試験の試験成績順を予想して貰う、とのこと。

 

【A級隊員が語る懸念点】

根付の説明が終わり、各室で各隊の不安要素が話される。

1008号室、片桐隊では片桐隊長が王子2番隊に入った辻は女子を前にすると緊張すると語る。

これと同じように1003号室では、風間隊のオペレーター三上歌歩が歌川1番隊に入った志岐小夜子が男が苦手で閉鎖環境では辛いと話す。

対して同じく風間隊の隊長を務める風間は、他の隊よりマシな面子と若干否定しつつ漆間の協調性を危惧する。

このような形で各部屋から多くの意見が出される。

1009号室、玉狛第1では、ヒュースの協調性の無さが指摘されると共に、1週間の泊まり込み試験でツノをどうするのかといった懸念があがる。

1006号室、加古隊では北添4番隊の騒がしい南沢と神経質な菊地原隊長として優しすぎる北添がまとめることができるかと話される。

1002号室、冬島隊では犬飼と影浦の相性が悪く、太一という爆弾もあり何が起こる分からないと酷評されてしまう。

懸念点が大体出揃うと次は閉鎖環境で有利となる点が話し合われる。

閉鎖環境では頭の良さと、それ以上に性格の良さが重視され頭の良さでは古寺6番隊が、性格の良さでは村上10番隊が高く評価された。

 

【戦力面で一番人気は二宮8番隊】

1次試験についての評価が終わり、次は2次試験について。

二宮8番隊は、隊長である二宮の言葉少ない態度が問題視され、東との協力が必要不可欠。

しかし、二宮は自分から東に頼み込むことはないとA級全員が口をそろえる。

だが、長時間のバトルを考えた場合、戦力面では二宮8番隊が一番人気。

ただし、B級最終戦で二宮隊に勝利した玉狛第二の空閑とヒュースの個人戦力にも大きな注目がいく。

片や戦闘面で不安があるのは、来馬5番隊、北添4番隊、諏訪7番隊の3つ。

この隊では、隊員の機動力に差があり、陣形と火力を両立するのは難しく思われる。

1次試験で懸念点があがった北添4番隊はトリオン量の多さから若干有利と見られ、片やトリオン量が少ない隊員が多い古寺6番隊は戦力面は最下位位かもしれないとの声があがる。

一方で個人戦力という面では若村11番隊が注目を得る。

けれども、若村の指揮が未知数だとの反対意見もあった。

こうした中、オサムが入った諏訪7番隊はハマれば強いとの評価だった。

 

【諏訪7番隊に期待をいだく唐沢克己】

A級隊員による順位付けが終わり、それを元に話し合う本部上層部。

根付が唐沢に意見を問うと、唐沢は戦闘面は分からないと言いつつ閉鎖環境試験で諏訪7番隊に注目していると明かす。

即座に根付が三雲がいるからかと問い直し、鬼怒田も同意する。

対して唐沢は曖昧に否定した上で”諏訪7番隊には全部隊で唯一隊長経験者が3人いるんですよ”と話す。

隊長経験者が多いということは、命令を出す側の気持ちが理解でき、その点を有利と考える唐沢。

唐沢の説明に根付と鬼怒田が揃って頷いた。

その後、3日の準備期間と隊長面接を挟み、遠征選抜第1次試験が始まるのだった。

 

漫画ワールドトリガー最新話&話数のネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
漫画ワールドトリガーの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

[the_ad id="1965"]

ワールドトリガー最新話を含めジャンプSQ.をすぐに無料で読む

以上、ワールドトリガー【第206話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えばジャンプSQ.2021年4月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

今回のワールドトリガーの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

>>「ワールドトリガー」を全巻読みたい方はコチラ!

ワールドトリガー【第206話】の感想と考察

A級隊員による現時点での評価が下されましたが、色々と興味深い意見が多かったですね。

各隊の隊員の性格や隊員同士の相性を的確に捉えていると感じました。

隊員同士の相性と言えば、A級からは意見が出ませんでしたが・・・。

やはりオサムと香取が閉鎖環境で1週間も過ごすことに色んな意味で不安を覚えます。

戦力面では、個人戦力とチーム戦力の二つの観点で評価されています。

チームの総合力を考えると、A級の面々と同じく万能な東と二宮に加え千佳が居る二宮8番隊に期待してしまいますね。

オサムが所属する諏訪7番隊も順当な評価を貰ったようで、実際に試験がどのようになるのか、次回も楽しみです!

次回のワールドトリガー【第207話】掲載のジャンプSQ.2021年5月号の発売日は4月2日になります!

まとめ

以上、ワールドトリガー【第206話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。
無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

2021年3月 漫画売れ筋ランキング