「隣の席の変な先輩」を無料で読めるか調査した結果!

「隣の席の変な先輩」は、作者:うすくちさんのTL漫画作品になります。

そんな、「隣の席の変な先輩を無料で読みたい!」「試し読みの続きが読みたい!」

と思っているあなたのために、漫画「隣の席の変な先輩」をすぐに無料で読めるアプリやサービスがあるか徹底調査してみました。

\隣の席の変な先輩を試し読み!/

隣の席の変な先輩のあらすじ詳細

「隣の席の変な先輩」がどんな作品か気になるかたへ作品の情報をまとめました。

表紙画像
(出典:まんが王国
ジャンルオフィス,イケメン,変態…etc
画のウマさ★★★★☆
配信巻数5巻

この漫画クソ面白いので読んでください()

開口一番すみません…そのぐらい面白いのでぜひ読んで欲しいのと

一応ジャンル分けとしては、TL漫画になりますがギャグとエロの割合が5:5ぐらいになっててギャグ5が本当に面白い!

どっちかというと少年・青年漫画に近い漫画ですね!

そして絵が綺麗で、2020年一番私のHITしたTL漫画になります!

隣の席の変な先輩のあらすじ

イケメン大好きOL、主人公・まゆみ。

異動によって配属されたのはなんと!イケメンパラダイスと呼び声高い営業部!

その評判を裏切らないイケメンの都に住めて(?)まゆみはうっとり気味。

しかし、そんな楽園の中に一人、異質な存在が・・・

隣の席に変な先輩がいたのでした。

まゆみの方を見てぶつぶつと何か喋っていたり、

話しかけては挙動不審な様子を見せたり、

はたまた紙にまゆみの名前をびっしりと書き込んでいたり・・・

そう、この男・朝日向明男は、まゆみに好意を寄せている、超根暗の超粘着質ストーカーだったのです!

まゆみは勿論気味悪がりますが、その反応に少し傷ついた素振りを見せる朝日向に同情心が・・・

と思ったのも束の間、その同情心に付け込んで、朝日向さんは次から次に突拍子のない大胆な行動に出ちゃいます!

その時の朝日向さんの表情が理性ぶっ飛んでて中々のエロさ・・・

彼も根暗ストーカーなだけで、顔はイケメンなのです。

まゆみは朝日向さんが暴走するたびに怒り、もう二度と許さない!と思いますが、これがまた何回も同じ轍を踏みます(笑)

そんなことを繰り返しているうちに、常識人だと思っていた自分の中にも、「ある性癖」が生まれてき始めているのを感じて―――?

隣の席の変な先輩のみどころ

とにかく朝日向先輩が気持ち悪いです最初。(笑)

めちゃくちゃ気持ち悪いんですが、本当に段々可愛く見えてきちゃう不思議・・・

これがギャップ萌えか!?ギャップ萌えなのか!?

苦手な人が自分の顔みて〇コってたら普通ぞっとしますが、

そうならないのは実は朝日向さんが意外と美形の部類にはいるから・・?

朝日向さんの恋路がどうなるのか、もう目が離せません!

作品の詳細を紹介しましたが、実際に読んでみたい方へ無料で読めるか調査しましたので次に紹介します。

隣の席の変な先輩を無料で読めるか調査

試し読みでは物足りない方へ「隣の席の変な先輩」を無料で読める方法を調査しました。

サービス名特徴
まんが王国全巻無料で試し読みできるオススメ!
U-NEXTすぐに無料で読めるオススメ!
Book Liveすぐに半額で読める
ebookjapanすぐに半額で読める
dブックすぐに30%オフで読める

上記は電子書籍サイトになり、無料期間で「隣の席の変な先輩」が無料で読めたり、どんな絵かみてみたい場合は全巻試し読みもできます。

【無料漫画は3,000冊以上】まんが王国で隣の席の変な先輩を全巻無料で試し読み

まんが王国のおすすめポイント

まんが王国では「隣の席の変な先輩」を配信しており、全巻試し読みすることができます。

出典:まんが王国

試し読みしてから続きが気になった際はそのまま購入することができますので簡単に「隣の席の変な先輩」を楽しむことができます。

・隣の席の変な先輩 分冊版全巻|200P

*「転生したらスライムだった件」は全6巻で、1,200Ptになります。
そのまま購入することもできますし、10,000ptを購入すれば35%還元されるのでお得です。

会員登録は無料なので、購入するまでお金はかかりません。

さ・ら・に!

まんが王国 おみふりバナー
出典:まんが王国

「おみフリ」で50%オフクーポンが毎日最大2回当たるのも嬉しいポイント♪
*クーポンの有効期限は取得後6時間なので注意!
*まんが王国公式サイト下部「実施中おすすめキャンペーン」→「お得情報」→「おみフリ」で参加できます♪

また、漫画3,000冊以上が無料なので「隣の席の変な先輩」以外の漫画が楽しめるのもおすすめです。

▼隣の席の変な先輩を全巻無料で試し読み▼

まんが王国公式サイト

隣の席の変な先輩をすぐに無料で読む方法

unextのおすすめポイント

U-NEXTでも、「隣の席の変な先輩」は全巻配信しており初回登録で貰える600Ptで無料で読むことができます。

出典:U-NEXT

・隣の席の変な先輩 全巻|220円→0円(600Pを使用)

1冊読んだあとに続きを読みたい場合は、全巻40%還元してくれるので無料で読んだ後もお得に読むことができます。

隣の席の変な先輩を無料で読む

U-NEXT公式サイト

>>無料期間中の解約もできますのでお試しで利用できます<<

違法サイトで隣の席の変な先輩を読むのは危険?

>>結論、危険です<<

違法サイトのほとんどがzipファイルなどをダウンロードして解凍し漫画を読む流れです。

その違法ファイルには、確かにあなたが読みたい漫画があって読めるかもしれません。ただ、ウィルスの脅威はあることは認識ください。

赤枠で囲ったサイトは全て違法サイトです。

あなたがもし、違法サイトで読んでウィルスにかからなかったとしても2021年1月から利用したユーザーに罰則が適法になるのでおすすめしません。

隣の席の変な先輩のネタバレ感想

「隣の席の変な先輩」がどんな作品かもっと知りたい!という方のために、1巻のネタバレと評判感想をご紹介!

「隣の席の変な先輩」を読むかどうか決めるのに、少しでも参考になれば幸いです。

隣の席の変な先輩【第1巻】ネタバレ

――それは一ヶ月前、社内辞令によって広報部から営業部へと異動になった芽吹(めぶき)まゆみ。

「んな、な、な、な…」
「や、やったーーーーー!!!」

辞令の張り紙を見たまゆみは大喜びする。
なぜならまゆみの勤める会社の営業部は”社内一イケメンの宝庫”だからである!!

三度の飯よりイケメンが大好きなまゆみにとって営業部はまさに天国!
仕事こそキツいと噂の営業部だがまったく気にしないまゆみだった。

「イケメンに囲まれて”うはうはパラダイス”の始まりだー!!」

――そして現在のまゆみ。

頼まれていた資料を確認してもらうため部長に書類を提出すると「完璧」と褒められる。

「はうう~~んイッケメン!!最高」
「イケメン課長35歳既婚、身長182cmのモデル体型、チャームポイントは眩しい白い歯」

と、褒められたまゆみは部長のルックスにデレデレと顔を緩めた。

「いや~まゆみちゃんが営業に来てくれて本当に良かったですね~!」

部署内の他のイケメン社員たちがまゆみの噂をしているのが聞こえてくる。

「あらやだ先輩たちったら、お上手~うふふふふふふ」

まゆみはイケメンたちの存在こそ自分の乾いた心の砂漠に湧くオアシスだと心の中で感謝するのだった。
改めて営業部のイケメンたちを見渡すまゆみ。
オフィスを見渡せばそこら中に逸材がゴロゴロしていてまさに眼福。
ビシッとキメたスーツが男らしさや骨格をより引き立て、ビジネスヘアスタイルは端正な顔立ちを際立たせる。
しかも皆営業しているだけあって気さくで爽やか、まゆみはイケメンの中でもサラリーマンのジャンルが一番の大好物だと実感していた。

これだけ恵まれた環境で仕事ができることに前世でよっぽど徳を積んだとさえ思うまゆみだった。
その時、一人の男性社員に声をかけられる。

「め、芽吹さんおかえり…」

じと~とした暗い雰囲気の男、この部署で唯一の異質な存在。朝日向だった。
隣の席である朝日向から何やら視線を感じるまゆみ。

「朝比奈さんっ私に何か用ですかねっ!?」

その声にビクッと反応するとしどろもどろになる朝日向。
初めてまゆみに話しかけられたことに驚き、「これは夢か、俺はまだ家で寝てるのか…!?」と動揺した。

慌てた拍子に持っていた書類をバサバサと落としてしまう朝日向。
その中にあった一枚の書類にふと目が止まったまゆみ。

「芽吹まゆみ 芽吹さん まゆみ 朝日向まゆみ…」

それを見たまゆみは衝撃が走り、資料を握りつぶしてしまう。
気づくと目の前に朝日向の顔、その顔がニタァと笑う。

「気持ち悪!!」

ゾゾゾとしつつ嫌悪感を口にしたまゆみ。
その言葉にお礼を言う朝日向だが褒めてない。
その後も笑顔がヘタな朝日向にツッコミ所ありすぎと大声を出すまゆみだった。

握りつぶしてしまった朝日向の資料をコピーしているまゆみ。
久々に大声を出してしまったことを後悔しながら朝日向を分析していた。

「朝日向明男、うじうじした性格でいわゆるコミュ障。人と5秒以上目を合わせることができない、仕事は正確だがなぜ彼が営業に居るのかは正直不明」

さらに朝日向に好かれていることに怒りを覚えるまゆみ。
思えば異動してきた初日からまゆみの生年月日、好きな食べ物、その他の情報が知られていた。
いつもは来ないという歓迎会にも顔を出し、お昼はどこで食べようといつのまにか隣に居る。
スラっとしていて見た目はおそらくそんなに悪くないはずだが、もっさりしたヘアスタイルと暗いオーラでそれどころではない…。
不気味という意味でドキドキが止まらないまゆみだった。

そう思っているとコピー機が紙詰まりをしてしまう。
焦るまゆみの元へ朝日向が手伝いにやって来た。

スン…

まゆみの耳元まで顔を寄せた朝日向に匂いを嗅がれた気配を感じたまゆみ。

「いいいいい今、匂い嗅ぎました?」

だが、その言葉を無視してなにやらブツブツと呟いている朝日向。

「なんであいつら芽吹さんのこと勝手に名前で呼んでるんだ…?俺だってまだそこまでいってないのに…俺の芽吹さんにずるい…」

それを聞いてイヤになってしまったまゆみは心の中でイケメンに助けを求めるのだった。

そんな時、明日のプレゼンで使う資料を急遽まゆみと朝日向の二人で作成しなければならなくなる。
多分泊まり込みでの作業になると上司に言われ唖然とするまゆみ。

――夜、社員たちが帰って朝日向と二人きりになってしまった。
妙なことをしてこないかと警戒したまゆみだったが朝日向は一言も離さずに黙々と仕事をしていた。

「めめめめ芽吹さん!コーヒーでもの、飲む?」

突然、朝日向が提案してきたが断るまゆみ。
その後も「じゃあ梅昆布は?…寒くない?…」としつこい朝日向。
作業に集中したいと迷惑そうにはっきり言うまゆみの言葉に傷つく朝日向。

いつも一人で残業していた朝日向は芽吹と一緒に居られることに浮かれていた。
そう言った朝日向の横顔にキュンとしてしまうまゆみだったが、冷静になるよう自分に言い聞かせる。
今度はまゆみの方から質問をしてみた。

「前々から疑問なんですが、朝日向さんていつから私のこと好きなんですか?」

ガタガターンッ

あまりにストレートな質問に全身で驚きを表す朝日向は椅子から立ち上がった。

「えっななななんでそれを!」

なんと朝日向はまゆみに気があることを気づかれていないと思っていたらしい。
本人は隠していたつもりだったが、バレバレであった。

「俺なんかが芽吹さんを好きになってごめん…」

うじうじとイジける朝日向を大丈夫とフォローするまゆみ。
朝日向は以前、自分の不注意でまゆみにコーヒーをかけてしまった時の話をした。
自分のことより笑顔で気遣ってくれたことを思い出すと元気が湧いて頑張ろうという気持ちになれる、と。
そんな出来事は全然覚えていないまゆみだったが、2年前の話なのでそれも無理はない。
その時借りたハンカチを返そうとしたことが何度もあったが結局いつも遠くから眺めるだけで終わっていた。

「こんな根暗な奴に好かれたって気持ち悪いだけ…芽吹さんはキラキラした奴らがお似合い」

自分の存在をゴミだと言う朝日向。

「そんなことないです」

最初は朝日向を変な人だと思っていたまゆみだったが今は違っていた。
朝日向はすごく純粋な人でもっと自分に自信を持っていいと思っていた。

「残りの仕事をさっさと片付けましょう!」

気合を入れるまゆみと朝日向だった。

――いつのまにか眠ってしまったまゆみ。
目を覚ますと寝ていたまゆみに朝日向のジャケットがかけられていた。

「かけてくれたんだ」

そう思って朝日向の方に目をやると…
目の前には大きくなったモノを握る朝日向の姿があった。
目が合った二人は一瞬固まる。

叫びながら顔を背けるまゆみ。

「芽吹さんの寝顔が可愛くてつ、つい!!!」

という言い訳は通用しない。
襲おうと思っていないという言葉も問題があることには変わりなかった。

すると足を滑らせ朝日向の方へ倒れ込むまゆみ。

むぎゅ

思わず朝日向のモノを握ってしまったまゆみは衝撃を受けた。

「え、ちょ、何コレで…でかっ!!!!!」

が、そういう場合ではないと朝日向から離れるまゆみ。
しかし、まゆみの手をとってやめないでと懇願する朝日向。

「変態!」

さっき少しでも朝日向を信頼した自分を後悔するまゆみ。
気持ちがどんどんエスカレートしていく朝日向は欲望をむき出しにする。

「俺のっ芽吹さんに触ってほしい…っ」

そう言ってまゆみの手を使ってシゴき続ける朝日向。
まゆみはダメだと分かっていたが目が離せなくなっていた。

「…すごく可愛くないか?」

まゆみを抱き寄せると唇と重ねる朝日向はビクビクと反応した。

――翌朝。
資料作成を無事に済ませた二人が感謝されている。
その後、二人きりになると不機嫌そうにプイと顔を背けるまゆみ。

「朝日向さんのことだいだいだいだいだいっっっ嫌いです!」

嫌われたら生きていけないとすがる思いの朝日向。

「大体!!あの後2回も付き合わされるとかありえない!」

…可愛いと言いつつ、合計3回も付き合ったまゆみ。

「ネクラ!変態!もっさり!」

照れ隠しに悪口を連発するまゆみ。

「え、も…もっさり?髪のこと…?」

と言いながら前髪をかきあげた朝日向。
しかしその顔はまゆみのドストライクだった。

「はああああああ!?」

悲鳴のような声をあげるまゆみだった。

隣の席の変な先輩の感想

イケメン大好きな主人公のまゆみが隣の席のイケメンに気づかなかったという設定ですが、イケメンの中でもまさかのドストライク!という展開にはこれからも楽しみです。

これまでは朝日向の超片思いだったものが、まゆみの方も意識せざるを得なくなってしまったことでどうなってしまうのか!?

気のないフリをして冷たい対応でしばらくはお茶を濁しそうですが、きっと二人きりになったらまゆみの方が耐えられなくなってしまうのではないでしょうか。

現在最新6巻まで刊行中なので、まゆみがどうなってしまったのか、朝日向さんの恋路はどこまで進んでしまったのか、読み進めることができますよ♪

>>隣の席の変な先輩をすぐお得に読む方法へジャンプ<<

まとめ

以上、隣の席の変な先輩のあらすじと作品紹介、無料で読む方法でした。

個人的にまずは、試し読みをすることをおすすめします。読んだ後になんか違ったなと思わないためにも、自分好みの画なのかしっかり確認してからの方が失敗はありません。

\隣の席の変な先輩を無料で試し読み!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事