テスラノートのサムネイル画像

2021年3月3日発売日の週刊少年マガジン2021年14号、最新話!
テスラノート【第9話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これからテスラノートのネタバレを含む内容をご紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きでテスラノート【第9話】が読みたい!ということであればU-NEXTで今すぐに週刊少年マガジン2021年14号が無料で読めますよ。

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

*時期によっては配信を終了している可能性があります。

テスラノート【第9話】のネタバレ

前回のあらすじ

マフィア同士の銃撃戦が始まる中、何故かマフィアに敵視されてしまう。

正当防衛という理由を建前に銃撃戦を止めようと戦場へ飛び出す牡丹とクルマ。

けれども、その裏では神父が暗躍していた。

 

【牡丹を助ける神父の謎行動】

教会の中から銃声が響き、外にいたマフィアたちが教会内へ向かう。

その歩みをクルマが阻止しつつ牡丹の身を案じる。

一方、教会内では銃弾を避けた牡丹がボゼへ接近するも、危機を感じて逃走するボゼ。

追おうとする牡丹だが、別の入り口からマフィアが現れて追えない。

このままでは逃げられてしまい、敵ではないと説得できない。

焦る牡丹を助けるようにクルマが現れる。

しかし、突如、雷が発生し更に混乱する現場。

プリギエーラの仕業である雷をマフィアたちが牡丹の仕業だと一層敵視する中、突然神父が牡丹を雷から守り、マフィアたちをも無力化してしまう。

 

【ミッキー、オリバー、二人のCIA諜報員】

その後、ボゼとジョン・テオーネが戦場から離脱し、戦闘が終わり事後処理へ。

警察が到着し現場を封鎖する中、神父が変装を解く。

神父の正体はCIAの諜報員であり、ダイナーの前で止まっていた車に乗っていた人物も同じく諜報員だった。

彼らは腕試しを兼ねてダイナーを襲撃させたが、苦戦した牡丹たちを話にならないと酷評する。

CIA所属のイケメンスパイの名は、ミッキー・ミラー。

もう一人の眼鏡とソバカスが特徴的なオリバー・ソーントン。

 

【牡丹一行VSCIA、欠片争奪戦へ】

CIAが回収する目的は世界平和のため。

この二人も小さな家を追っており、CIAを創ったトールマンはテスラから欠片の回収を託されていた。

両陣営が同じ目的だと判明するが、手を引けと言うミッキー。

こうした中でテオーネがブラックブロックを襲うという情報が入り、欠片をどちらが先に手にいれるか勝負だと言い放つ牡丹。

対してミッキーも素人スパイには負けないと返し、ここに欠片争奪戦が始まるのだった。

 

 

テスラノート最新話を含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

以上、テスラノート【第9話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2021年14号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

今回のテスラノートの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

>>「テスラノート」を全巻読みたい方はコチラ!

テスラノート【第9話】の感想と考察

確か2話か3話から登場していた怪しげな二人の身元が明かされました。

敵である小さな家のスパイと思っていましたが、まさかCIAとは驚きです。

ミッキーは早々に共闘を拒否していますが、世界最高のスパイから見れば素人と言われるも仕方ないかもしれません。

ですが牡丹も忍者の末裔であり、欠片争奪戦に勝利してミッキーにあっと言わせて欲しいですね!

次回のテスラノート【第10話】掲載の週刊少年マガジン発売日は3月10日になります!

まとめ

以上、テスラノート【第9話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

2021年3月 漫画売れ筋ランキング