転生したらスライムだった件のサムネイル画像

漫画「転生したらスライムだった件」の全話あらすじ・考察まとめになります。

最新話あらすじ詳細も随時更新していきますのでチェックしてみてください♪

あらすじ詳細ではなく絵付きで「転生したらスライムだった件」を読みたい場合は、U-NEXTで今すぐに「転生したらスライムだった件」の単行本が無料で読めますよ。

\転生したらスライムだった件を無料で読む/

U-NEXT公式ページ

ちなみに、まだ最新話を読んでいない!という方や、単行本の最新刊を読みたい!という方は、

U-NEXTの31日間無料体験でGETできる600ポイントで、最新刊の漫画も無料で読むことが出来ます。

先に漫画本編を読んでからの方が考察は何倍も面白くなるので、まだの方は是非どうぞ!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

転生したらスライムだった件 最新話【第85話】考察

早速、第85話の考察をしていきます!

その前にまずは、第85話の簡単なあらすじを紹介します。

転生したらスライムだった件【第85話】あらすじ

遂に始まったリムルとクレイマンの直接対決。

クレイマンは六本の腕で多彩な攻撃を仕掛けますが、どんな攻撃もリムルには通用しません。

戦闘の最中、リムルがソウエイが手に入れた記録媒体を見せます。

記録媒体にはクレイマンが行った暗躍の全てが収められていて、映像の中のクレイマンはあの方と呟いていました。

リムルはあの方が誰かと問いますが、クレイマンはミリムに助けを求めます。

しかし、ミリムはここで操られていたのは演技だと明かし、同時にカリオンが登場します。

最後はミリムの強烈な一撃でKO。

自らの敗北を認めるクレイマンは、それでも仲間たちや魔王カザリームとカザリームが慕うユウキのために真なる魔王へ覚醒して再び立ち上がるのでした。

転生したらスライムだった件【第85話】考察

覚醒したクレイマンの強さ

元々クレイマンは真なる魔王へ覚醒するために暗躍していました。

ファルムス王国がテンペストを襲ったことも獣王国への進軍も多くの魂を求めてのこと。

しかし、全ての策はリムルによって潰されてしまいました。

ともすれば、今のクレイマンは覚醒に必要な魂を得ていないことになりますが、何故か真なる魔王へ覚醒しました。

不完全な覚醒だった場合は、そこまで恐れる必要はありませんが、完全な覚醒だった場合は楽観しできません。

作中では多くのキャラクターが覚醒または進化する際に何かしらの特殊能力を得ています。

リムルも真なる魔王へ覚醒した際に究極スキルを得ていますし、完全な覚醒とすればクレイマンも究極スキルを手に入れていても可笑しくありません。

これまでは道化という言葉を体現するかのうような醜態ばかり見せていましたが、今度こそリムルを追い詰めるかもしれませんね!

転生したらスライムだった件 【第84話】考察

早速、第84話の考察をしていきます!

その前にまずは、第84話の簡単なあらすじを紹介します。

転生したらスライムだった件【第84話】あらすじ

ギィの一言によってリムル陣営対クレイマン陣営による決闘が始まりました。

リムルの相手はミリムで純粋な戦闘能力の差で劣勢に立たされ、しかもミリムを操っている呪法をラファエルでも発見できません。

唯一シオンだけがクレイマンを相手に圧倒しています。

そうした中、突如戦いの場にヴェルドラが現れ、これ幸いとミリムの相手を任せるリムル。

この時、ヴェルドラはミリムの瞳の輝きを見て状況を悟り笑みを浮かべます。

一方で手が空いたリムルはランガへ加勢し、クレイマンに操られて無理やり戦わせられていた九頭獣を救います。

一つの戦いが終わると同時にソウエイからクレイマンの本拠地を落としたと通信が入り、本境地で重要な何かを手に入れたと伝えられます。

報告を聞いたリムルは、亜空間収納を利用しソウエイが確保した何かに触れ、合点がいくとばかりに笑います。

その後、ベレッタの活躍もあって従者全てを倒すことに成功し、リムルとクレイマンの最終決戦が始まるのでした。

転生したらスライムだった件【第84話】考察

クレイマンが自爆するかそれとも?

本作のなろう版ではクレイマンが怒りでミリムを操っていることを明かしてしまい、続けて様々なボロが出て自爆するという流れです。

リムルとクレイマンの直接対決はもとより、リムル陣営とクレイマン陣営の戦いすらありません。

加えて、なろう版のクレイマンは本当に小者臭が強く、言動全てが道化という感じです。

比べると漫画の元となった書籍版の方が男気があるというか、扱いが少しマシかなと。

リムルVSクレイマンの結末は明白ですが、最期くらい意地を見せて欲しいですね。

それとも・・・やっぱりクレイマンはクレイマン・・・なのでしょうか。

ヴェルドラとミリム、強いのはどっち?

急遽参戦したヴェルドラですが、ミリムとどちらが強いのか気になります。

ヴェルドラにとってミリムは叔父と姪という関係で、ヴェルドラは生粋の竜種ですが、ミリムは竜と人間のハーフです。

この竜種とハーフという種族の差異が勝敗を分けそうですね。

竜種と言えば天才と恐れられる最強の種族で不死身です。

一方でミリムが不死身とは明言されていないので、母親、つまり人間の血が強かったのかなと・・・竜にもなれませんし。

後はスキルですが、どちらもアルティメットスキルを有しています。

ミリムのスキルが火力特化でヴェルドラのはサポート兼回避特化という感じでしょうか。

ですが、現時点ではヴェルドラは真の力に覚醒しておりません。

個人的には、ヴェルドラ推しですが、果たしてどうでしょうか。

宴での戦いは、どちらもお遊びで本気ではないとしても、どちらが勝つのか楽しみですね!

転生したらスライムだった件【第83話】あらすじ詳細と考察

前話の内容なんだっけ?という方のために、前回の詳細あらすじもご紹介しておきます!

ミリム、ミステリアスな笑み

原初の悪魔にして最初の魔王、ギィ・クリムゾン。

かつて原初の赤と呼ばれ、数万年前に世で初めて真なる魔王へ至ったギィ。

彼は弱者が魔王を名乗ることが許せず、十大魔王と一括りにされる現状から本物の魔王達による支配の時代を求めていた。

戦いから逃れられないと知ったクレイマンは、リムルにミリムを嗾ける。

クレイマンの命令でミリムが動いていることは誰の眼にも明らか。

だが、クレイマンはあくまでミリムの意思だと主張し、ギィもミリムが自分の意思で戦うならばと了承する。

ミリムの参戦で一気に窮地に陥るリムル。

けれども、この時、リムルの目には相対するミリムが僅かに笑ったように見えた。

耐え忍ぶリムル・テンペスト

リムルは劣勢の中でミリムを洗脳から助け出すと不敵に笑う。

上から目線の物言いにクレイマンが激高するが、次の瞬間、リムルが合図を出すと同時にシオンが飛び出して嵐のような連打を放つ。

怒涛の連打で大ダメージを負いクレイマンの怒りが頂点に達する。

クレイマンの怒りに呼応するかのように背後にローブを纏った人形が現れ、小さな狐が巨大化し戦闘形態を取る。

巨大化した狐、もとい九頭獣を相手取るのはランガ。

シオンが引き続きクレイマンと戦う最中、リムルはミリムと戦う。

しかし、リムルがミリムに勝てる確率は限りなく低く、ラファエルがクレイマンの呪法を解析するまで耐えるしかない。

時代の変わり目を悟るギィ

ラミリスが従者のベレッタがリムルに加勢するとギィに言い放つが、ギィはリムルとラミリスの両方に仕えるベレッタを認めない。

ギィとしては古くからの友人であるラミリスを気遣い、この場で唯一の主を決めろと言う。

決断を迫られたベレッタはラミリスを真の主とした上で、ラミリスの願いを叶えるためにリムルへ加勢すると返す。

ベレッタの言葉にラミリスが同意したことで、ギィも渋々加勢を認める。

この時、ギィはベレッタの正体に気づき、何色かと問う。

ベレッタが同色系統は非常に少ないと答えると確信した上で原初の黒が動いたことに驚くギィ。

一方その頃、原初の黒改めディアブロはファルムス王国の捕虜3人を引き連れ、ヨウムたちと共にファルムス領内へ向かっていた。

転生したらスライムだった件【第83話】の感想と考察

今回こそリムルVSクレイマンが見れるかと思いきや、リムルはミリムの相手で忙しいようです。

代わりにシオンがクレイマンをボコってくれました。

シオンの容赦ない連打を食らい這いつくばるクレイマンの姿に気分爽快ですね。

対戦はそう長くは続かないようですし、ミリムの現状のネタばらしも近そうです。

全てを知って自分が道化だと気づいた時に、クレイマンがどんな表情を浮かべるのか今から楽しみです!

まとめ

以上、転生したらスライムだった件の最新話までの考察・展開予想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。

無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

 

最新キャンペーン情報

キャンペーンまとめ

おすすめランキング・特集

ランキング記事一覧

人気記事

今話題の記事一覧

2021年5月 漫画売れ筋ランキング

ミステリと言う勿れ

【TVドラマ化決定!】菅田将暉演じる「整(ととのう)」が紡ぐ、心温まるミステリー