新・テニスの王子様のサムネイル画像

漫画新テニスの王子様最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画新テニスの王子様の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

2021年2月4日発売日のジャンプSQ.2021年4月号、最新話!
新・テニスの王子様【第325・326・327話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに第322・323・324話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これから新・テニスの王子様【第325・326・327話】のネタバレを含む内容を紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きで新・テニスの王子様【第325・326・327話】が読みたい!ということであればU-NEXTで今すぐにジャンプSQ.2021年4月号が無料で読めますよ。

U-NEXTでジャンプSQ.を無料で読む
*時期によっては配信を終了している可能性があります。

新・テニスの王子様【第325・326・327話】のネタバレ

赤也の集中バースト状態は、無酸素状態で動くことで
集中力を限界まで引き出しているので
10秒が限界だったのです。

1ラリーに5・6球でポイントを取らないと
ダメだという話しに無茶だと外野は話していました。

赤也が天衣に勝利するためには、全ポイント
10秒以内に決める必要があるのでした。
赤也はまだ荒い息をしています。

赤也は”速攻で狩る気だ!”と言い
“ゲーム日本2-2!!”となります。
赤也は、”オレのバースト力に平伏すがいいぜぇ”と言うのでした。

ジークは、ゲームドイツ3-2!!までもっていったのでした。
タネガシマとキリハラが合わさるとハウリングを起こす可能性があるので
それを阻止するのがジークの役目だったのでした。

325話・ここから

赤也がドシドシ攻めてきます。
しかも、妙な奇声をあげながらです。

昔の俺に全くそっくりだ
自信家なのに怒りを表に出して他人への
嫉妬や劣等感を隠すのが下手くそな所もと思います。

ゲーム日本4-4!!
歓声が上がりますが、客席では
赤也の動きが落ちてきているのに
どうしてジークフリートが防戦なのか分らないといった感じです。

赤也は追いついてやったぜと言いながら息を切らしていました。
ジークフリートは、試合をする前に受けたアドバイスを
思い出していました。
自分の使命は、能力共鳴を起こす可能性を阻止することです。

ドイツの狙いはなんだ・・・
日本チームが気付いた時には赤也の息はとても荒くなっていました。

限界の赤也、ゲームアンドファーストセット 
ドイツアンドファーストセット ドイツ7-5となり倒れ込みました。

326話・道連れ

俺の勝ちだ、あとはミハエルと二人でと考えていたジークフリート。
何か呟く赤也は『介錯』と言っていました。

実は、アウトボールを返していたのです。
ジークフリートは、体がピクリともしません。

赤也は、デビル化してただ攻めていたフリをして
実は、13の処刑法を攻撃に散りばめていたのです。

赤也は相変わらず立ち上がれませんが
“遠野先輩 あざーす”と言います。

赤也は”早く解放しろ・・・”
という声が聞こえ、誰だよと思います。

ジークフリートは、フランケンにすまないと言います。
体力が残っているのに体が動かないことにイラつきます。

このシングルスは痛みわけで、あとはビスマルクにと
話をしていると・・・・

赤也が立ち上がり、次はアンタの番だと
強者を狩る目つきで言うのでした。
最初から一人で戦うつもりだったのです。

327話・チェンジ

ジークフリートは、何でと驚いています。
赤也の体力はゼロなはずなのに立っているからです。

そんなジークフリートは
今は休むことに専念しろと言われ、返事をします。

セカンドセット ドイツ サービスプレイ!!
異様な雰囲気の赤也はラケットを持って立っています。

赤也は相手を倒すのみといった感じで立っていましたが
ラケットを落としてしまいます。

限界を向かえていた赤也は、動くことができないのでした。
その後ろから種子島がボールを打ち返します。
日本勢の顔が綻んだ瞬間です。

どんな回転も無効化する種子島の『己滅無』
倒れた赤也はコートの外に運ばれていきました。

その事で、ドイツと日本のNO.2が戦う事となり
観客席はオオオオオオオと響めきが起りました。

漫画新テニスの王子様最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画新テニスの王子様の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く

更新

[the_ad id="1965"]

新・テニスの王子様の最新話を含めジャンプSQ.をすぐに無料で読む

以上、新・テニスの王子様【第325・326・327話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えばジャンプSQ.2021年4月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

今回の新・テニスの王子様の最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U‐NEXTでジャンプSQ.を無料で読む

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

>>「テニスの王子様」を全巻読みたい方はコチラ!

新・テニスの王子様【第325・326・327話】の感想と考察

赤也とジークフリートの戦いが続きます。

赤也の攻撃が続き、徐々に動きが遅くなったのにもかかわらず

ジークフリートは防戦でした。ジークフリートの目的は

能力共鳴を起こす可能性を阻止することだったのです。

日本チームがその事に気付いた時には、時すでに遅しで

赤也の体力は限界に達していました。

ラケットを持ち立っていることが精一杯で、打ち返す力もありません。

種子島が後ろから打ち返します。

ドイツと日本のNO.2の戦いが始まります。

次回の展開がまたとても楽しみですよね!!

次回の新テニスの王子様【第328・329・330話】掲載のジャンプSQ.2021年5月号発売日は4月4日になります!

まとめ

以上、新・テニスの王子様【第325・326・327話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

2021年3月 漫画売れ筋ランキング