戦隊大失格のサムネイル画像

2021年2月24日発売日の週刊少年マガジン2021年13号最新話!
戦隊大失格【第4話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに前話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これから、戦隊大失格のネタバレを含む内容をご紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きで戦隊大失格【第4話】が読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2021年13号が無料で読めますよ。

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

*時期によっては配信が終了してる場合があります。

戦隊大失格【第4話】のネタバレ

◆前回のあらすじ◆

錫切に正体がバレてしまった戦闘員Dだが、
錫切は「一緒に大戦隊を倒す」ことを提案してきて、真意が読み取れないD

そして散々おどされた結果、Dは自分の計画をすべて錫切と共有し、
一方でDも、錫切が知る”大戦隊の倒し方”を聞くことになった。

だが、やはり錫切の真意が読み切れないDは、
途中桜間に錫切が声をかけられたタイミングで、逃げ出すことに。

しかし実は、錫切とのことをすべて桜間に聞かれており、
Dは桜間に怪人だと言うことがバレ、説得をされそうになってしまった。

それに対し、Dは桜間の言っていることに同調できず、さらには目の前で、
知り合いだった戦闘員Fを、レッドキーパーに「神具」で「本当に消されて」しまったことから、
Dはやはり大戦隊を滅ぼすことを誓う。

そしてそこで選んだのは、やはり錫切と手を組むことで――――――…

桜間日々輝の告発

それからしばらくし、本日は日曜日。

つまり、今日は日曜決戦の日で、
テレビ局も押し掛け、決戦会場は大騒ぎになっていた。

しかしそんな時、桜間はなぜか公衆電話から、
てるてる放送報道部というところに、大戦隊の内部告発を行っている様子。

これが正しい方法でなくても、戦闘員Dが止まらないのなら、この手段しかない、と決めて。

そして彼は、”世に公表する力添え”をお願いする内容として、
”ドラゴンキーパーの栄光は 嘘偽り”であることを告げていた。

だが一方で、世の中は今、日曜決戦に大盛り上がりで―――――…

戦闘員Dと錫切の作戦

ただそんな一方。
今度は錫切と組んでいた戦闘員Dは、錫切に言われて、物陰でレッドに変身していた。

ちなみに、”慣れない顔は集中力がいる”らしく、
変身中に変なことを話しかけられてしまうと、途端に戻ってしまうD。

そして同時に、Dは自分の変身は、地上人の真似が得意であることを明かした。

というのも、実は擬態は戦闘員ごとに得手不得手があり、
ちなみにDは、椅子などには変身するのは苦手らしい。

すると、錫切はそれにつまらなそうにしつつも、
しかしそのDの特技は、”戦局を大きく変えるかも”とも言った。

というのも、現在二人は実は、ある作戦を決行中だったのだ。

その作戦とは、全5種類ある、対怪人用の
ドラゴンキーパー専用の変身アイテムである、「神具」を手に入れること。

ちなみに神具は、”神がかり的な力を授かったチートアイテム”であり、
”不死身の怪人をも屠ることができる”というとんでもないアイテムだ。

ただそのアイテム、大事なものとあって、
ドラゴンキーパーたちがいつも離さず持っているに違いない。

それをどうやって持っていくのか、というと、錫切は知っていたのだ。
それは、ドラゴンキーパーたちが唯一神具から離れる瞬間があることを。

その瞬間とは、偽物を持って戦いに行く、日曜決戦の時で――――――…

戦闘員Dの潜入

ということで、本日の日曜決戦で、
ドラゴンキーパー、まずはレッドキーパーの神具をうばう決意をした戦闘員Dたち。

そこで、レッドキーパーに擬態し、潜入した戦闘員Dは、錫切が開発したらしい通信機を耳に入れ、駐屯地に潜入したが、さっそく構成員にバレてしまう。

しかし何とかごまかして乗り切り
錫切からの情報をもとに、Dは神具のある場所に足を進めた。

ただ、なぜ錫切がそれを知っているのかそれに関しては教えてもらえない。
しかしDもまたそれを深く聞くことはなく、さらには足元にあった変な人形にも、気が付くことはないのだった。

そのうちに、錫切が言った通りの場所にたどり着き
ついに神具の保管されているらしい部屋に到着した戦闘員D。

だがその扉の前には、パンダ男こと朱鷺田が居て、
Dはギクリとする
が、”戦闘になっても奥の手がある”らしいDは、正々堂々入ることにした。

すると、その態度が良かったのか、朱鷺田はDをあっさり通してくれる。
だがその時、怪人を馬鹿にするような発言を朱鷺田がしたので、Dはちょっとだけは押し黙ってしまった。

しかしなんとか我慢し、鍵をあけるために鍵穴に指を差し込むD。

するとそんなDに対して、朱鷺田はさらに怪人を馬鹿にするようにし、
さらには”怪人を倒す”ことを、楽しんでいるような発言もし始めた。

それを聞いた戦闘員Dは、鍵を開け中に入りつつ、
”お前達はそうあってくれ”と意味深に言い放って、部屋に潜入成功。

すると、ゴルフクラブとともに無造作にささっている神具があり、戦闘員Dはこの雑な扱いに、思わず息をのんだが、同時になめられていると感じ、怒りも覚えたのだった。

戦闘員Dの健闘

が、その時だった。

急に戦闘員Dは、朱鷺田に撃たれてしまう。

どうやら朱鷺田は、戦闘員Dが本物のレッドと”匂い”が違うことに気づき、
本物ならこんな不意打ちはよけられるはずだからと、迷いなく発砲してきたのだ。

その結果、Dは頭が吹き飛んでしまい、変身も解けてしまう。

そして反論する間も与えられず、
戦闘員Dは何度も撃たれてしまい、怪人は彼の強さを思い知った。

すると、朱鷺田もまた自分の強さに酔いしれたようで、”命に限りがあるからこそ 死の恐怖が俺達を成長させる”のだと、死のない怪人を馬鹿にしつつ決め台詞のように言い放ってくる。

そしてその後、散々撃った後に、
朱鷺田は「本物の神具」を手に、自分がそれを初めてだが使ってみると言い出した。

それを聞き、まず本物以外も使えることに驚き、
さらには本当の死が訪れる、それを使われることに、さらに恐怖する戦闘員D。

そこで抵抗することにしたDは、腰に巻いていたダイナマイトを見せつけた。

ちなみに、これが爆発したところで、怪人は無事だが、人間は無事では済まない。

すると、一気に朱鷺田は攻撃を止め
説得を試みようとし始めたが、怪人は迷わずマッチに火をつけた。

それから、自分たちが”世界征服に来た”のを思い出してほしいことを言い、
ダイナマイトにまで火をつけようとすると、途端に自分を庇い始める朱鷺田。

だがその隙を狙って、Dはゴルフクラブで朱鷺田をボコボコにすると、
神具を持ち、作戦通りに屋上からの脱出を試みようとし始めたのだった。

そしてその時、朱鷺田に頭を打たれたときになくなっていた通信機がようやく復活し、錫切とも連絡がとれたD。

そのため、あれこれ報告していたDは、
バカにしつつも予想外に誉めてくる錫切に、なんだか顔を赤くしていた。

だが、作戦通りに屋上にDが顔を出した時だった。
そこに、まさかの変身したレッドキーパーの姿があり、立ち止まるD。

そこで、ひるみながらも”今日は日曜だろ”と言うDだが、
怪人なら”目の前にいる”からと、レッドキーパーは容赦ない顔でDを見下ろしていて―――…

戦隊大失格の最新話を含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

以上、戦隊大失格【第4話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2021年13号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

今回の戦隊大失格最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U‐NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえます。
また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

戦隊大失格【第4話】最新話の感想と考察

4話から早くも大ピンチな状態…!
Dが結構ポンコツすぎて笑いますが、大丈夫なんでしょうか?

でも、この対峙によって、
レッドの闇深さ?みたいなものはわかりそうな感じもします。

あと、大戦隊の謎?神具の謎?みたいなものも、
少しずつふれられていくのかな?という感じもしますね。

どう展開していくのか!次回も楽しみに待っています!

次回、戦隊大失格【第5話】掲載の週刊少年マガジン2021年14号発売日は3月3日になります!

まとめ

以上、戦隊大失格【第4話】最新話のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事