kyun ja先生作画、タルチョー先生原作の今大注目の漫画!
「嘘とセフレ」あらすじを最終回まで更新していきます。

ちなみに「嘘とセフレ」は、コミックシーモアで独占先行配信しておりますので、絵付きを読みたい方はコミックシーモアをチェックしてみてください。

好きな漫画が7日間無料で読める、読み放題サービスもやってますよ!

▼7日間無料でお試し!▼
コミックシーモア公式サイト

半額クーポンで「嘘とセフレ」がお得に読めます。
※2/17まで1巻~3巻無料中です!※

目次

嘘とセフレ 最新話第29話 あらすじ・考察

「秋嶋先輩」の話を由紀としたのち、沙織はふいに思い出す。

それは沙織がまだ大学生だったころ、その秋嶋先輩から関係をせまられ
しかし拒んだところ、それによって秋嶋先輩にフラれてしまった過去のことだった。

ちなみに、沙織としてはまだ色々その頃不安があり、
だからこそ秋嶋先輩に「待って」ほしかったのだが、秋嶋先輩は待ちくたびれた様子。

さらに、秋嶋先輩としては沙織の心に「誰か」がいるのを見抜いており、
その結果、沙織が自分に心を開けないのだとも考えているようだった。

それを聞き、慌てて否定しながら秋嶋先輩を引き留める沙織だったが、
しかし結局のところ、秋嶋先輩は納得することができず、そのまま二人は離れることに。

そしてその後、沙織は由紀と秋嶋先輩が仲良くし、おそらく付き合ったのだと察して―――――…

と、そんな過去を思い出したその翌日のこと、
沙織は、着替え中に京太郎が入ってきたことで、京太郎がその気になり、そういう流れに。

そんな京太郎を、沙織はなんだかんだ拒むことができず
そのうちに行為はどんどんエスカレートして、結局このまま交わることになってしまった。

すると、気分が高まってきたのか、ついに沙織は京太郎が中で果てることを許してしまう。
その結果、ふたりの距離がいっそう縮まったように思う京太郎だったが―――――…?

嘘とセフレ 【第29話】 考察

ここからは、29話の考察をしていきたいと思います!

沙織のトラウマと過去

前回から久々に由紀が登場したと思いきや、
ちょっとモヤモヤする沙織と由紀の過去が明らかになってきました。

ただ、その結果分かったこともあり、
もしかして沙織は、ずっと京太郎を好きだった可能性がある、ということですかね。

それから、拒み続けた結果に人が離れた経験もあり、
だからこそ京太郎には流されて、なんだかんだで関係を持ってしまったのかも?という感じ。

でもその一方で、京太郎が由紀と、もっと言えば色んな人と関係をもってきたのを知ったら、
自分が結構思うところがあって関係を持った分、嫌な気がしてしまうかもしれませんね。

それに、そもそも京太郎と沙織は、まだ色々ぶつかっていない部分もある感じがあるので、
京太郎のためにも、もう少し沙織は強く、何か言ってもいいような気がします。

京太郎が調子にのって沙織を傷つけそうなフラグ…

今回、沙織の過去が分かったわけですが、
一方で京太郎に関してはそんなことを知らないので、いっそう軽く見えてしまう感じに。

おそらく、京太郎としては沙織が好きなので、とにかく沙織に迫っているのでしょうが、
「受け入れる」ことにちょっとした義務感みたいなのを感じてる沙織にとっては、ちょっときついですね。

だので、沙織のために我慢する、という部分も、どうにかして見せられたらいいのですが、
でも今回の終わり方だと、沙織がとことん受け入れてくれたことで、調子に乗りそうな感じ…。

そうなると、もう沙織にどんどんあれこれしてほしくなって、
沙織が限界を迎えて、結局離れてしまうような…いや、離れるまでいかずとも沙織が怒りそうな感じです。

ただ、こういう時にもしかしたら、由紀あたりが色々教えてくれることになるのかな。

そう考えると、由紀はなんか報われない役どころな気がしますし、
個人的には、由紀にもう少し幸せになってほしいな…という気もしています。

嘘とセフレ 最新話第28話 あらすじ・考察

沙織をその気にさせようと、洗い物中の彼女にすり寄る京太郎。

するとその結果、沙織は狙い通りその気になってくれたようで、
少しずつ受け入れてもらい、京太郎は沙織と関係を持つことに成功した。

そしてその後も、何かと沙織にくっついては関係を持とうとするものの、
沙織自身は京太郎についていけないのか、照れているのか、1日1回までと制約をつけ始める。

だがそんな制約にもめげない京太郎は、「必ず」1日1回と約束させて、沙織を困惑させるのだった。

するとそんな夜のこと、沙織はふいに過去に由紀と一緒に出会った「秋嶋先輩」のことを思い出し、
そんな彼と、特別な関係になりそうだったことを、なにか切ない表情で思い返し始める。

ただ何があったのかはそれ以上語られないまま朝を迎え
そのうちに、昨日の約束をいいようにとらえた京太郎が朝から沙織に迫ってきて、それどころではなくなった。

そしてそのまま、結局関係を持った京太郎と沙織だったが、
その日の昼に、沙織宛に由紀から連絡が入り、来週にある共通の先輩の結婚式の話になる。

するとその時に、秋嶋先輩の話も出て、沙織も由紀も何故だか黙り込んでしまい―――――…

嘘とセフレ 【第28話】 考察

ここからは、28話の考察をしていきたいと思います!

「秋嶋先輩」の謎

急に今回で登場した、由紀と沙織の共通の知り合いらしい「秋嶋先輩」という人物。
そしてなんとなくですが、この人物は、由紀と沙織の両方に手を出してたっぽい空気がありますね…。

もしかしたら、沙織はこの一件がトラウマになっているのでは?と思います。
しかも思うに、京太郎が見た由紀の相手も、この先輩だったのでは…なんて。

と、ここまで予想すると、
もしかしなくても、由紀と京太郎に関係があるのを知ったら、沙織は京太郎から離れそう。

ていうか、京太郎はあっちこっちに手を出していた前科があるので、
全部バレたら、完全に沙織から見放されそうな気がしますよね。

ここまで沙織に本気になっている感じなのに、どうするんでしょうか?
沙織が果たしてそういう京太郎を受け入れられるのか…難しいところです。

由紀との清算がくるのか

ということで、上の予想がもし正しい方向に進めば、
恐らく京太郎は、今後由紀との関係も、ちゃんと清算する流れになりそうですね。

というか、沙織と京太郎がそういう仲になった、と知ったら、
由紀だっていい気はしないでしょうし、こじれるのは必須な気がします。

今でも個人的に、京太郎が沙織にあっさり乗り換えたのに違和感がある(笑)身としては、
そういう展開がくるのは、すごくいいような気がしますが。

ちゃんと沙織に本気なら、秋嶋先輩のトラウマ(あるのか?)もちゃんと払拭できるように、
真摯に全て清算していってほしいところですね。

嘘とセフレ 最新話第27話 あらすじ・考察

口づけをかわして、沙織との関係を変えようとする京太郎。

だが一方で、沙織は京太郎との関係を変える違和感に耐えられず、
さらには恥ずかしさもあってか、京太郎を少し拒絶するような態度をとってきた。

結果、京太郎は少しずつ焦りを感じ始め、
なんとかまた距離を詰めようとするものの、なかなかうまくいかない。

ただどうしても沙織を距離を近づけたい京太郎は、何気なく沙織と近づき、
拒絶されたタイミングで捕まえて、後ろからだきしめ、服をぬがせ、関係をもとうとし始めた。

すると、沙織は少し抵抗するものの、京太郎を受け入れてくれ、二人は最後まですることになる。

けれど、京太郎がいつものように暴走しようとしたタイミングで、
沙織はきっぱりと京太郎を拒絶してきたので、京太郎は我に返り、反省することになった。

それでも、とにかく沙織と心を通わせたい京太郎は諦めず
夜に気を遣ってみたり、朝食づくりを手伝ってみたりと、色々と行動を起こすことに。

しかしそこで、ふいに沙織にくっつくと、気持ちが抑えきれず
京太郎は、洗い物をする沙織をその気にしようと動き始めて―――――…

嘘とセフレ 【第27話】 考察

ここからは、27話の考察をしていきたいと思います!

沙織と京太郎の関係性とは

個人的に、まだ沙織と京太郎に違和感がある勢ではあるのですが(笑)、
結構京太郎としては、今までにないくらい真剣に考えているので、今回は上手くいくのでしょうか?

でも、まだやっぱり京太郎の自分本位な暴走は残っているので、
それに沙織が呆れないか…というところが、ちょっと心配ではありますね。

そもそも、京太郎って色々がまんできないことが多すぎるし、
自分を好きなら何でも受け入れてもらえるという考えも、結構根強い感じがします(笑)。

あと、好き=関係を持つ という考えが強すぎるんですよね。
これが、なんとなく沙織と合わないような気もするのですが、どうなんでしょうか?

まあただ、一緒に住んでいたくらいですし、沙織は京太郎におおらかな部分があるんだと思うので、
そう考えると、なんだかんだ沙織は受け入れてくれるのか…とも思えますが。はたして。

他の人との清算は終わり??

ところで、今回沙織に本気になったのはいいのですが、
京太郎はそのために、他の女の人は切ったと考えていいのでしょうか?

花菜に関しては、完全にあちらから切られてしまった、という感じですよね。
そして千里に関しては、もはや始まる前に終わったという感じ(笑)。

で、ここで一番やっぱり引っ掛かるのは由紀で、
あの喧嘩別れで、由紀に関しては清算したという感覚になっているのでしょうか…?

あれでは、由紀が報われない気がしますし、
そもそも由紀とケンカした内容をちゃんと清算しなければ、今後本気の恋愛とか言ってられない気も…。

それに、沙織と由紀は友人関係だったわけですし、
京太郎が原因でこの二人の関係を壊すのも、個人的には納得いかないです(笑)。

どこかで、ちゃんと由紀とのことを清算してくれたらいいですし、
なんかちょっと、京太郎にはもう少し痛い目も見てほしいような、そんな気もしています…。

嘘とセフレ 最新話第26話 あらすじ・考察

ついに沙織と一線を越えていく京太郎は、
その途中に沙織には経験がないことを知り、優しくすることを考える。

こうしてついに沙織の初めてをもらい、行為を終えた京太郎は、
沙織とこういう関係になってしまった事に、正直困惑してしまっていた。

するとその京太郎の気持ちは、沙織も同じようで、
朝から二人はギクシャクしたまま、京太郎は大学に向かうことに。

ただそんな時、同じように「初めてが京太郎」だった千里を思い出し、少し話をすることにした。

そしてその話の中で、自分の軽率さを反省した京太郎は、それを千里に話すと、
千里もまた京太郎に少しだけ心を開いたようで、過去の思い出を話してくれる。

その結果、京太郎は「気持ちの伴わない関係」がどれほど虚しいかを諭され、
それを理解したように、急いで沙織のもとに帰って、沙織を大事にすることを誓ったのだった。

そのまま二人は、関係を変えていくように口づけをかわして―――…

嘘とセフレ 【第26話】 考察

ここからは、26話の考察をしていきたいと思います!

京太郎と沙織が幸せになっていく感じに…?

なんだか、本当に京太郎が急激に沙織と関係を変えて、
さらには気持ちも入れ替えた感じになり、上手くいきそうな感じになってきました。

かなり沙織に寄り添える感じも出てきましたし、このまま幸せなクライマックスになるんでしょうか?

…ただそんななかでちょっと気になるのが、
沙織がなんでスイミングに通っていたのか、というそのへんの謎。

さらには由紀に関しても本当に色々曖昧に終わっていて、
少しだけすっきりしないかな~という感じも、残っていたりします。

でもここまで沙織とのことで上手くいきそうなところを見ると、
もしかしたら次回以降、由紀ともケリをつける展開になっていくのかもしれませんね。

ちなみに沙織に関しては、まだ気持ちが見えないところもあるので、
その辺に関しても、もしかしたら少しずつ分かっていくのかもしれません。

嘘とセフレ 最新話第25話 あらすじ・考察

沙織と子供の頃に遊んだことを思い出し、今の状況と重ね合わせる京太郎。
だが沙織は、一線を超えようとする京太郎を拒んで、席を立った。

しかし京太郎は、それでも沙織を追いかけて、困惑する沙織に対して半ば強引に攻め始める。

すると沙織の感情が困惑から怒りに変わり、ついに京太郎は追い出されてしまったのだった。

そしてそのまま、沙織と気まずくなってしまった京太郎は、
一人になり、自分の気持ちを見つめ直してみることに。

一方で、沙織も自分と京太郎のことを考えなおしたようで、
その日の晩、京太郎のところに女らしさを全開にした格好でやってきた。

そんな沙織に、心臓がうるさくなる京太郎は、
改めて自分の気持ちを再認識し、そのままの想い沙織に全てぶつけることに。

その結果、沙織と京太郎の今までの関係が、少しずつ変化していくことになり、
ふたりはついに、求めあうように一線を越えて―――――…

嘘とセフレ 【第25話】 考察

ここからは、25話の考察をしていきたいと思います!

京太郎の気持ちと選択

今までフラフラ、自分の想いに正直すぎた京太郎でしたが、
なんだか今回は急に変わって、沙織に対して一直線!みたいな感じになってきました。

でもなんとなく気になるのが、その「好き」の感情ですね。

というのも、まず沙織に直接話をする前、
京太郎は「沙織との関係」を考え直していて、何かを「ダメ」だと思っていました。

ここで、京太郎が「ダメ」だと思ったのは、
沙織と行為だけする関係になるのが、ダメってことだと思うんですけど…。

けどもしかして、「恋愛関係」になることが「ダメ」だと思っている可能性もあって、
そうなると、もしかして沙織への愛情が家族愛とか、母性愛である可能性もあるのか…?とか。

ただ今までグズグズしていた京太郎が、はっきり愛の告白をした…というのもあるので、
やっぱり京太郎は、沙織を選んだってことになるのかな~とも思います。

沙織と京太郎と由紀と

そして今回の一件を受けて、ですが、
京太郎はここまで、由紀とのことをあれこれ悩んでいたのは、どうなったのかと。

ていうか、沙織が「辛い思い」がどうこう言っていたのって、
もしかしてですが、由紀の気持ちを知っているのではないか?と思えるんですよね。

なのに今回色々ぶっ飛ばした感じで、沙織と京太郎が恋愛関係になったとすると、
由紀に関しては、終わりって感じになってしまうんでしょうか?

なんか、これまで京太郎がそこまで沙織に想いを寄せてきた感じがなかったので、
(沙織の服を勝手に由紀に貸したりしてたし…)
どうしても、由紀のことが引っ掛かって、京太郎と沙織エンドに違和感があるんですよね…。

まあでも、もしここから沙織と京太郎がくっつきました、となったら、
由紀は隠して、祝福するタイプではあるだろうな、とは思います。

なので、別にハッピーエンドには向かって行くのだとは思うんですが、
京太郎が由紀に対して、どういう感情を持っていたのかは、詳しく聞きたいところですね…。

けど確かに、京太郎が由紀を気になったきっかけがきっかけなので、
由紀とそういうことがしたい、というだけで、ずっと追いかけていた感じだったのかもな~とも思えます。

だとすると、京太郎と沙織がくっつくのは自然なのか…?
次回以降の京太郎の想いに、ちょっと注目していきたいですね…。

嘘とセフレ 最新話第24話 あらすじ・考察

朝、沙織から夜の予定を告げられながら、大学に送り出された京太郎。

そんな京太郎は、大学に着いた途端に元カノ・千里と出会い、
一人だった彼女に話しかけ、流れるように関係を持とうとしていた。

だがその最中、千里の「相手」を気にしてしまった京太郎は、
なぜか千里に怒られてしまい、そのまま中途半端に放置される結果に。

そこで、京太郎は今度は花菜に電話をしてみたところ、
花菜には全く電話がつながらず、番号まで変えられてしまったようだった。

そしてそれを、久しぶりに会う本田と話していた京太郎は、
花菜が芸能事務所に入り、もう自由に連絡がとれない存在になったことを知る。

と、そんな一方で夕方になり、約束していた水泳のインストラクターと、
由紀も引き連れる形で食事に向かったのは、沙織だった。

そして何事もないように、沙織と由紀はインストラクターの先生と飲み終わり、
そのまま2件目として、二人で飲みに行くことに。

するとそこで由紀は、沙織の京太郎への気持ちをふいに問いかけ始めて――――…

だが曖昧な返事のまま、酔っぱらって帰ってきた沙織は、
同じく酔って帰ってきた京太郎と鉢合わせ、なんだかそういう雰囲気に。

しかし最終的なところには及ばないまま、沙織が部屋に戻り、またも京太郎は中途半端なまま終わった。

こうして迎えた翌朝、沙織はこれまでと全く変わらない様子だったが、
一方で京太郎は、沙織に対してなんだか今までとは違う目を向けてしまうように。

そこで、京太郎は昨晩の様に沙織に手を伸ばして、そういう空気に持ち込み始め―――――…?

嘘とセフレ 【第24話】 考察

ここからは、24話の考察をしていきたいと思います!

沙織と京太郎の関係が変化する?

今回は、今までとちょっと違うような感じで、
沙織と京太郎の関係が、突然変化してきたような感じになってきました。

特に、沙織が京太郎を意識し始めた?というか。
そもそも由紀の言い方だと、前から沙織は京太郎を気にしていたっぽい感じも。

となると、もしかして元々は、沙織と京太郎がいい感じで、
でも手に入らないから、京太郎は由紀に気持ちが移った的なところがあるのでしょうか?

それなら、次回以降はどんどん京太郎と沙織の関係が近づくのでしょうか?

まあでもそうなると、
なんか由紀が切ない感じなので、悲しくもありますがね…。

千里が言う京太郎の「変わらない」ところ

今回のお話で千里がふと言っていた、
「京太郎の変わらないところ」が、個人的にすこし気になりました。

ちなみにこのセリフを千里が言った時、
京太郎は千里に、自分以外の「相手」のことを聞いていた感じでしたよね。

つまり、千里は京太郎の中途半端な独占欲?みたいなのが嫌なんでしょうか。

ていうか前々からその感じがありましたが、京太郎って
自分はあちこち手を出すのに、皆は自分だけで独り占めしたいみたいなの強いですよね。

となると、今回の千里が怒ったのはやはり、
京太郎が彼氏面で自分に独占欲を見せてきたから…ということでしょうか?

ただこれを敢えて今言ったとなると、
ここから京太郎が少しでも成長して、誰か一人だけで良いってなればいいんですがね。

嘘とセフレ 最新話第23話 あらすじ・考察

沙織とその父のスキンシップを見て、
京太郎は、自分の行動が沙織にとっては「特別」ではなかったのだと察する。

ただ確信があるわけでもなかったので、お盆休み明け、
京太郎は試すように、何かにつけて沙織のおしりをたたいてみることにした。

すると不審に思いつつも、あまり抵抗してこない沙織に、京太郎はついに確信する。

しかし一方でこのことを通し、
京太郎は沙織に対して、今までにない感情をいだくようになってしまった。

と、そんなある日、沙織は久しぶりに由紀に会い
その結果飲み過ぎてしまったようで、ひどく酔っぱらって帰ってくる。

そんな沙織を出迎えた京太郎は、またいつものようにスキンシップしたのだが、
それをたまたま、沙織が心配でついてきていた由紀に見られてしまった。

その結果、由紀はますます京太郎にそっけなくなり、落ち込む京太郎。

ただそんな時、酔った沙織が何か京太郎に思わせぶりな寝言を言い出したので、
京太郎はなんだか複雑な気持ちになってしまったのだった。

だが結局特に進展があるわけでもなく、朝を迎え、
沙織はその後ジムでいつものように水泳を練習する。

するとそこで沙織は先生に声をかけられ、お茶にさそわれて、
翌日の夕方に飲みにまでさそわれたのを、悩みつつも受け入れていて―――――…

嘘とセフレ 【第23話】 考察

ここからは、23話の考察をしていきたいと思います!

沙織と京太郎の微妙な関係

色々とあった今回ですが、とにかく沙織が押しに弱いことと、
沙織も実は京太郎を意識しているっぽい?みたいなことはわかりました。

ただまあそもそも、沙織としては今まで京太郎と一緒に住んでたわけですし、
あまり特別意識をしていたわけではなかったんでしょうね。

最近になって、京太郎が変だから意識し始めたって感じなのか。
はたまた、前は気になっていたけれど何か事情があって諦めて、今に至る感じなのか。

これがもし後者だった場合、その事情っていうのが、
もしかしたら京太郎を誰かが想っていて、だから諦めたとかだと複雑かもしれません。

由紀との関係は修復されるのか?

それから、京太郎が今まで関係を持ってきた人たちと、
ほとんど人間関係的にはぶち壊してきているのも、気になるところです。

特に由紀に関しては、かなりいい感じだったところから、
今では全くかかわりがないほどになってしまいました。

というか、やはり由紀は京太郎に想いを寄せている感じですが、
京太郎に関しては、まだまだそういう感情はないって感じなんでしょうかね?

やりたい気持ちだけがかなり先行していて、
他の人の気持ちとか、恋愛感情とかが全くない感じなので、そういう進展はないのか…。

ただ京太郎はアレが大きめなようなので、しばらくはやるだけな感じなのかな~。

でももしそのうちに、やらなくても大事にしたい、とか
何かそういう心の方に変化があれば、事態は大きく動きそうな感じですね。

嘘とセフレ 最新話第22話 あらすじ・考察

元カノ・千里と関係を持つことになった京太郎は、
多少の葛藤はありつつも、まるで知らない女のようになった千里との関係を楽しむ。

そしてそのうちに、京太郎は千里に思わず、復縁を迫ってしまっていた。

だが千里はそんな京太郎の気持ちが、「過去」のままであることを見抜き、
あっさりとその告白を断り、関係もさっさと終わらせてしまう。

一方でフラれてしまった京太郎は、自分の勢い任せなところを反省し、
その一方で変わり過ぎてしまった千里に、思わず失望したのだった。

それからというのも、京太郎はなんだか気持ちが落ち着かなくなってしまう。

というのも、久しぶりに女の人と関係を持ったので、頭がそればかりになっていたのだ。

その結果、一緒に暮らす沙織にまでそういう目を向けるようになってしまい、
京太郎は自分自身が信じられず、思わず情けなくなってしまう。

しかしそんなことは知らない沙織は、お盆の帰省の話や、
由紀と一緒に行く予定の旅行の話などを、京太郎に普段通りしてくるのだった。

だが京太郎は、いざお盆の帰省の時期になっても、沙織への変な目がおさえられない。

ただそんな時、沙織や小雪が父親からスキンシップの一環としておしりをたたかれているのを見て、
京太郎は何かを思い出したようで―――――…

嘘とセフレ 【第22話】 考察

ここからは、22話の考察をしていきたいと思います!

京太郎の浮ついた気持ち

今回、千里とヨリを戻そうとして、フラれてしまった京太郎。

この京太郎の行動から察するに、彼はおそらく、
ヤれる人と付き合いたいという感情が強すぎる人なんでしょうね。

要は好きだからしたい、ではなく、したい人=好きって感じ。

なので、現状誰のことが好きとか嫌いとかなく、
やりたいと思う人がいたら、全員好きだと思っているような感じがします。

ですが見た感じ、女性陣に関しては皆京太郎が好きで、だからこそしたいって感じ。

なので、色々これからも京太郎は女性陣と衝突しそうですし、
もっとひどくなると、全員が京太郎から離れる可能性だってありますね。

それか、逆にそんな京太郎の感情を利用して、
関係なしに京太郎と付き合ってしまう子も出てくるかも。

ただ、どこかのタイミングで京太郎が、
やらなくても一緒に居たい人を見つけられたら…とも思ってしまいます。

京太郎が思い出したこと

と、それと同時に今回、
なんか気になる?という感じで最後、何か京太郎が思い出していましたが。

これ、私の予想では何かあると見せかけて、
今回見た通り、沙織たちの父親がそういうスキンシップ癖があるのを思い出して、
俺もそうやってごまかせばいいんだ!って沙織たちにスキンシップするんじゃないかなと。

それか、もし深読みするのなら、
沙織たちの父親の行動が、沙織に何か影響を与えていて、
その過去を思い出して、京太郎がそれにのっとった何かをする…とかですかね。

例えば、父親の行動のせいで沙織はおしりをたたかれるのが普通だと思っていて、
以前に彼氏にもそうさせていたのを京太郎が知っていた、とか。

だから自分もごまかせるだろうと思って、やってみることにして、
結果エスカレートして関係を持っちゃう…的な感じとか。

どちらにせよ、なんか京太郎に都合がいいコトを思い出しそうな気がします。

嘘とセフレ 最新話第21話 あらすじ・考察

由紀との仲違いを経て夏休みが明け、傷心のまま大学に来た京太郎。

すると京太郎は、そこで以前小雪と一緒に居たときに会った、
綺麗な一人の女子大生と再会した。

そして声もかけられず、その女子大生を見ていた京太郎だったが、
ふいにその後、友人の栗田からあの女子大生が元カノ・甘利千里であることを教えられる。

それを聞いた途端、急に千里が気になった京太郎は、
千里の後をこっそりとつけ、行為を想像するほどの状態になってしまった。

だがしかし、千里には京太郎の下手な尾行は完全にばれており、
最終的に人気のない所で、京太郎は千里に声をかけられる。

そして色々話すうち、特に京太郎に「するだけの相手」がいると分かった途端、
千里は今まで京太郎に興味がなさそうだったのに、急に興味を示し始めた。

その結果、その後飲みに行くことになった京太郎と千里は、
飲みながら、千里が変わったきっかけを知ることになる。

それから、千里の方から京太郎は行為をさそわれることになり、
京太郎はそれには思わず、怖気づいてしまった。

でも、断ってからどうしても諦めきれなかった京太郎は、
飲み終わってからも千里の後をつけ、結局彼女と大学内でスることに。

そして京太郎はついに、千里の中に自身を入れることにし―――――…

嘘とセフレ 【第21話】 考察

ここからは、21話の考察をしていきたいと思います!

甘利千里の登場がもたらすもの

あの時の女子大生は、元カノの予想であっていたんですね。
前回もしかしたら沙織かも?とも思いましたが、普通に考えてよかったみたいです。

ということで、今回元カノ・甘利千里が現れたわけですが、
彼女はこれまで、京太郎のちょっとしたトラウマ的な存在でした。

そして今回、再登場したということは、何かありそうな感じがありますね。

個人的に予想すると、千里も京太郎のことがトラウマになっていそうで、
それを克服するための、これからの展開になりそうな予感。

ただ一方で、京太郎に関しては、
なんだかんだ、自分にとって相手が誰でもいいわけではないと、
千里としたことで気づくとか、そういう展開になると良いかな~とも思っています。

そうすれば、京太郎は由紀ともうまくいくでしょうし、いい展開になりそうなので。

京太郎は結局どうなっていくのか?

でも一方で、京太郎の最近のモテっぷりも気になるところで、
さらにいうと、京太郎が結局誰を選ぶのかも気になるところです。

そもそも、今の段階で京太郎は、
由紀と花菜には恐らくほぼ確定で思いを寄せられていて。

なんとなく可能性として、小雪と沙織も京太郎に気があるかもしれませんよね。

その上、今回千里に関しても京太郎に何かしら思うところがある感じで、
その中で京太郎の態度だけが、色々手を出していてまとまらない感じ。

ただ、由紀に関してだけはちょっと特別感があるので、
やはり由紀に心が動くのかなとも思います。

しかしながら、京太郎はまだまだ
自分の気持ちにも相手の気持ちにも鈍感なところがあるので、
それがここから、いろんな人と関係を持つことではっきりしていくのかもしれません。

ちなみに、もし由紀が好きだと気づいても、
京太郎はまた、するだけの相手を暫く作る可能性もありますね(笑)。

由紀といざ恋人になった時には、まあ由紀が言って別れさせるでしょうけど。

それまでは、京太郎は結構フラフラしそうな気がします。
羨ましい状況ではありますけどね(笑)。

嘘とセフレ 最新話第20話 あらすじ・考察

由紀と一緒に居た京太郎は、偶然にも同じ宿泊先にて、花菜と本田と遭遇。

ただその際、本田からの挑発によって、
京太郎が由紀と一緒にいた日、花菜と関係を持っていたことが、由紀に明かされてしまった。

するとその結果、由紀は京太郎を置いて先に帰ってしまい、
京太郎は慌てて追いかけるが、結局仲はこじれてしまう。

その上、由紀とはこの関係も解消だと宣言され、京太郎は絶望のまま帰宅するしかなかった。

そして、沙織から心配されるものの、何も言えない京太郎は、
由紀との思い出に浸りながら涙を流し続ける。

そんな一方で、沙織は一人ひっそりと、大学を休学して水泳に通うことを宣言していた。

ただ、何も知らず、失意のままな京太郎は、とにかく家で寝込み、由紀に想いを馳せ続ける。
するとそんな時、沙織が何気なく以前由紀が着ていた部屋着を着ていたので、
京太郎は思わず由紀を思い出して慌ててしまい、その結果ケンカになってしまった。

その上、そのケンカを止めようとする際に、
無意識に京太郎は花菜にするような行動をとってしまい、ケンカはさらにヒートアップ。

でも、沙織は何も知らないため、結局はうやむやなままケンカが終わろうとしていた。

しかしそんな矢先、偶然にも京太郎は、
沙織が由紀が着ていたランジェリーまでつけているのを見てしまい、反応してしまう。

そこで、自分で処理をすることにした京太郎は、
最初は由紀のことを思ってしていたのだが、しかし次第に沙織を想像してしまった。

しかもその後、沙織にそんな様子を偶然見られてしまって、気まずい京太郎。
だが、沙織がいつも通りに接してこようとするので、京太郎はさらに気まずくなるのだった。

嘘とセフレ 【第20話】 考察

ここからは、20話の考察をしていきたいと思います!

沙織との微妙な関係と水泳教室の謎

今回、由紀との関係がこじれるのと同時に、微妙な関係になってしまった沙織と京太郎。
ちなみに、ここから京太郎は、沙織と関係を持ったりするのでしょうか。

私の個人的な予想としては…あり得ると思います。

というのも、由紀との関係が終わってしまい、傷心状態の京太郎は、
沙織から優しくされたら、多少強引だと分かっていても、関係を持ってしまいそうな気が。

しかも、今回のことで恥ずかしいところを見られている京太郎は、
沙織を意識しそうですし、勢いで色々やってしまいそうな気がするんですよね。

そしてちょっと気になっているのですが、沙織は今回、
大学を休学していることを明かしており、その分水泳教室に通えることも話しています。

そこで、ふと思ったんですけど、もしかして沙織って、
あの京太郎が小雪と大学に行ったとき、意味深に見ていた女子学生だったりしますか?

もしそうだとしたら、沙織は京太郎にバレないように、同じ大学の生徒として偽り
京太郎をさそって、行為をする可能性もあるかも?

由紀と京太郎の関係はどうなるのか?

そして今回、一番の大きな変化は、由紀と京太郎が完全に仲違いしてしまったこと。

これにより恐らく由紀はやはり、京太郎に特別な感情をいだいていることが明らかになり、
一方で京太郎も、由紀に対して他の人とは違う感情を持っているような感じがありましたね。

ただ、京太郎は言い訳の内容からして、
まだ自分の気持ちを自覚していない感じがあり、ヤれれば良い感じも残ってはいます。

そのため、ここから由紀と京太郎が仲直りするのは、すぐにとはいかなそうな感じですね。

恐らく、京太郎が「由紀じゃなきゃダメ」的な展開に一度ならないと、
二人の関係の修復は、ちょっと難しいのではないでしょうか。

でも、京太郎がそうなるのにはかなり時間がかかりそうで、
なんだかんだ、流されたり迫られたりして、いろんな人と関係を持った末に、
由紀への感情に気がつくような展開になっていきそうな気がします。

嘘とセフレ 最新話第19話 あらすじ・考察

場所を変え、思う存分に由紀と関係を持つ京太郎。

そしてそれと同じ頃、花菜もまた本田と関係を持っていたが、
嬉しそうな本田に対して、花菜の反応はどうも煮え切らないものだった。

ただそんなことなどつゆ知らぬ京太郎は、由紀との関係をとにかく楽しみ
幸せそうに二回目に突入しようとする。

ちなみに、その隣の部屋からは何かすごい音が聞こえていたが、何の音かわからなかった。

そしてその直後、花菜と関係を持っていた本田は、中に出すのを拒否される。

と、一方でその頃京太郎は、まだまだ由紀と関係を持ち続けており、
お互いのことを存分に楽しみあっていた。

ただその頃、京太郎のおかしな行動に、沙織がふいに違和感を持っていたのは知る由もない。

こうして、とにかく何も知らず、由紀と何度も交わった京太郎は、
時間が来たことで由紀に止められ、ようやく関係を止めたが、気持ちはおさまらなかった。

と、そんな一方で本田は、花菜から拒絶され、この関係にも終わりを告げられてしまう。

そして本田がその原因を京太郎だと察し、怒りを沸かせていたころ、
当の京太郎は、用意していたプレゼントを受けて喜ぶ由紀に、愛しさを感じていた。

ただ、自分と由紀の関係を思うと、この感情を持て余してしまい、
京太郎は葛藤の末、とにかく次の約束を取り付けることしかできないまま。

でもとりあえず、楽しい空気のまま由紀と部屋を出た京太郎だったが、
そこでなんと、隣の部屋から相反するような空気を纏って出てきた花菜たちに遭遇して…。

嘘とセフレ 【第19話】 考察

ここからは、19話の考察をしていきたいと思います!

京太郎と由紀のこの先は?

今回、ついに京太郎側にかなり大きな気持ちの変化が生じ、
由紀への特別な感情を、自覚し始めた感じでしたが。

でも、関係としてちょっと複雑な部分があるため、その感情にフタをした感じでもありました。

ただ、もともと由紀に関しては京太郎に特別な感情があるように描かれており、
今回に関しても、それを結構表に出している描写が多くみられました。

なので、どこまでも鈍い京太郎ではありますが、
由紀のそういう態度に気づければ、二人の関係は一気に進展するのでは?と思います。

しかしながら、京太郎ってどこか由紀にずっと憧れの感情を持っているところがあり、
そこからなかなか、自分でも抜け出せない感じもあるんですよね。

そのため、由紀が自分のことを好きかも?と思いつつも、
自分のことなんか…という部分も出そうで、すぐには進展しなさそうだな、とは思っています。

沙織と本田と花菜と

で、一方のところで今後色々もめそうかな…というのが、
京太郎を中心として、沙織と本田と花菜。

まず沙織に関しては、京太郎に彼女が出来たかもと察しており、
ただそれを、どういった感情で言っているのかは、いまいち読み取れませんでした。

でも、「まさか」と言っているので、
驚きから、焦り怒りか、そういう感情があるとも読み取れます。

そうなると、沙織はもともと京太郎に想いを寄せていたことになり、
彼女が出来たとなると、京太郎に突然の急接近をしてくる可能性もあるのかも。

…と思いつつ、でも個人的な予想としては、沙織は実は由紀の気持ちに気づいていて、
それを後押ししようと考えている…的なことも考えられるんですよね。

なので、例えば京太郎と花菜が一緒に居るのを見たら、由紀の為に引き離したり、
極力由紀と京太郎と一緒に居させようとしたりするのかも。

でもその一方で、まあ今回のことを考えると、花菜は京太郎に近寄ってきそう。

そしてそんな二人に、本田があれこれちょっかいをかけてきそうなのですが、
ここでやっかいなのが、本田がもしかしたら由紀に手を出すかも…というところですね。

ただ、そうなることで京太郎が自分の気持ちを自覚するかもしれないので、
それに関しては良い働きをするのかも?とも考えられます。

しかしながら、まあここから由紀と京太郎があれこれこじれそうなのは確かですね。
いやこじれそうっていうか、こじらされそう?だと思います。

嘘とセフレ 最新話第18話 あらすじ・考察

京太郎は、映画の前売り券を二枚購入したものの
どういう風に誘うか迷っていたが、姉に買い物を頼まれ出かける。

自分は由紀さんの事を怒らせてばかりで
とにかく謝らないとと考えていたが、
スーパーに行くと由紀がたまたまいて声をかける。

由紀は案の定素っ気なかったが、京太郎は
ずっと会いたかったと言って映画のチケットを出す。

この前はすまなかったと謝ると由紀は黙ったままだった。
今から映画に行こうと提案され、由紀はOKする。

映画館で由紀に触れる京太郎。
由紀は京太郎があまりにもしつこくしてくるので
せめて場所を変えようと言ってラブホに行くことになる。

嘘とセフレ 【第18話】 考察

ここからは、18話の考察をしていきたいと思います!

京太郎はまた由紀に怒られれる

京太郎は、いつまでも無邪気すぎで
調子に乗ってしまいすぎるので又由紀に怒られてしまうと思います。

もう少し大人の男性を目指せば、
行為以外で女性を満足させられるようになるんでしょうけどね。

京太郎の姉が激怒

京太郎は買い物を頼まれたのにもかかわらず
由紀と会ったことでそのまま映画館へ行ってしまいます。

気持ちは分りますが、先に用事を頼んだのは姉の方です。
京太郎のこういう所が、やはり幼いというか
行き当たりばったりというか・・・
姉は怒って一時口をきいてくれないかもしれませんね。

嘘とセフレ 最新話第17話 あらすじ・考察

京太郎との行為中に、沙織から突然連絡が入り、
困惑する由紀だが、京太郎は行為をやめることなく、からかうようにゆさぶってくる。

そして結局、沙織は由紀の家に来ることになり、
一方の京太郎は、それまでの短い間で最後まですると、いつもより早く終えた。

その結果、無事に鉢合わせることなく沙織は由紀の家に来て、そのまま帰ったが、
その一方で京太郎は、沙織をこっそり見送りつつ、再び由紀の家に戻っていった。

その後、珍しく由紀からさそわれ、行為に及ぶことになった京太郎。

だが、京太郎が何気なく発した、由紀に「他の相手がいる」のではと仄めかす発言で、
由紀は本気で怒り、行為も途中で京太郎は追い出されてしまったが、
京太郎はなぜ由紀が怒ったのか分からないままで―――――…

と、そんなある日、
京太郎と沙織の家に、小雪が遊びに来る。
そして小雪は、京太郎の大学が志望校とのことで、京太郎は小雪を案内することに。

するとそこで、京太郎は謎の美女に遭遇するが、目をそらされる。

ただそんな時、急に小雪から、
自分の性格に関する痛い指摘を受け、京太郎は小雪の成長を感じたのだった。

嘘とセフレ 【第17話】 考察

ここからは、17話の考察をしていきたいと思います!

由紀の気持ちと今後の関係

さて今回、由紀とケンカする展開になった上、
小雪にも色々と痛い所をつかれた京太郎でしたが。

まず、ここまでの展開からみて、
由紀に関しては確実に、京太郎のことが好き…ということでしょうね。

恐らく、関係を持っているのも京太郎だけでしょうし、
そもそも由紀は、自分が好きな人としか、関係を持たない人なのでしょう。

だからこそ、京太郎の考えが許せなかったし、
京太郎の奔放さも許せなかった…と考えられます。

ただしばらくは、京太郎がそういうのに全然気がつかなそうなので、
由紀と京太郎は喧嘩したまま進みそうかな、と思います。

でも、京太郎はいい意味でも悪い意味でも自分に正直で、
色んなことにストレートなので、素直に気持ちに従えばすぐ仲直りできそうではあります。

なので、京太郎が我慢の限界を迎え、
したくてたまらないこと、こんなにしたいのは由紀だけなことなどを伝えれば、
由紀はまたほだされるのかな…と思いますけども。

小雪の気持ち

また、今回少し気になるのが、小雪のことですね。

ていうか、小雪もちょっと京太郎のことが気になっているような、
そんなフラグがバシバシ立っていたわけなんですが…。

なんとなくですが、もしかしてこの
京太郎たちのところに遊びに行っている今このタイミングで、
小雪が京太郎にせまり、思い出として一回関係を持つ…的なこともありえそう。

まあ口では、京太郎が相手がいなくて可哀想だから、とか言いつつ。
でもなんか気持ちが爆発して、京太郎のことが好きだって言いながらするのかもなあ…。

ただその時、京太郎が小雪のことをどう受け止めるか
ここからの話を大きく揺るがしそうな感じはあります。

なんか流されて付き合ったら、由紀とこじれるでしょうし。
もしかしたら、小雪の気持ちを受けて、自分の気持ちに気づくかもしれないですし。

しかし、なんでこう京太郎だけがモテモテなんでしょうね(笑)。
こうなると、沙織もなのでしょうか…いやまさか…うーん。

謎の美女の正体

そんで、今回この何かのフラグのように現れた、謎の美女。

私の個人的な予想としては、
この美女はおそらく、京太郎のあの元カノかなあと思っています。

京太郎と一緒の時は垢抜けない感じでしたが、
メチャメチャ化けそうな素質を持っていましたしね。

なので、もしかして京太郎と何かしらの交流を持ち、
復縁を迫るか、もしくは京太郎に何か恋愛を教えてくれるか、何か働きかけがありそう。

個人的には、あの気まずい感じから、
現状は京太郎に何かしらのトラウマがあって、
でも京太郎とちゃんと話し合うことで、復縁の話になるのかな、と思いますけどね。

そこで京太郎がどう動くやら…。
京太郎、ちょっと本当に、良くも悪くも自分に正直なのでね…。
なんか、やれるとなったら誰でもよくなりそうで、怖い感じがあるんですけど…。

由紀と報われてほしいんですけどねえ…どうなる事やらって感じです。

嘘とセフレ 最新話第16話 あらすじ・考察

由紀に食事にさそわれ、浮かれる京太郎。
そしてそのまま、京太郎は沙織に本田と遊ぶと嘘をつき、由紀のもとに向かった。

それから、由紀の家に着くや否や、
彼女と関係を持ちたがる京太郎だが、それは由紀に止められてしまう。

すると、その時の由紀の反応で、
京太郎は過去のことを思い出し、その結果、由紀には自分のように関係だけ持つような相手が、
他にもいるのではないかと、疑惑が浮かんできてしまった。

そしてそれに思わずヤキモチを焼いた京太郎は、
何か開き直るように、由紀に改めてがっつきはじめ、いつもよりも強く関係を持つ。

それから、食事をとりつつ、また関係を持ちたがる京太郎だったが、
その最中に、由紀宛てに沙織から連絡が入り、今から来ると言われてしまって―――――…

嘘とセフレ 【第16話】 考察

ここからは、16話の考察をしていきたいと思います!

京太郎の過去とドアの隙間

今回、久しぶりに京太郎によって、
京太郎が由紀を意識するようになったあの一件のことが思い出されましたが。

ところで、由紀はその時、京太郎に本当に気づいていなかったのでしょうか?

そもそも、結構由紀は警戒心が強く、身持ちも硬い印象です。
そしてなんだかんだ頭も良く判断力もあり、本当に京太郎より年上!って感じの女性ですよね。

そんな由紀が、果たして京太郎に気づいていないのかどうか?

そもそも、もし例えば、行為の最中は気づいていないとしても、
その後、例えば沙織から、野菜のことを聞かれたりしたりとか、
あるいは、京太郎が野菜だけ置いていっていたとか、
そういうことがあれば、由紀は京太郎に覗かれていたことを、察するのではないでしょうか?

となると、もしかしたらその時から、由紀は京太郎のことを意識していた可能性があるかも。

だとしたら、かなり期間が長いため、
由紀はかなり京太郎のことを想っていた、ということになりますね。

由紀と京太郎が一緒に住むようになる?

そして今回、急に不自然に、
京太郎と沙織が一緒に住めなくなったら、などの話題を出し始めた由紀。

ここから考えるに、もしかして由紀は、
何か沙織の変化を知っているのではないでしょうか。

そもそも、沙織は水泳を習い始め、何やら意味深にそのシーンが挟まってきますが、
ここまで何のかかわりもなく、何の情報も出ないまま、ここまで来ました。

そういうことを考えると、もしかしたら、沙織は水泳を習う誰かとイイ感じになり、
そちらと一緒に住むことを、何か考えている…とか?

うーん…それか、もう一つ考えられる可能性としては、実は沙織も京太郎のことが好きで、
それを内心で警戒して、由紀は一緒に住みたがっているとか?

まあなんにせよ、由紀のした会話や反応から見るに、
由紀が京太郎と一緒に住みたがっている(住む選択肢を考えている)のは間違いなさそう。

となると、ここから京太郎が腹を括れば、
一緒に同棲するような仲にも、結構すぐに発展していくのかもしれません。

ただでも、なんかこう京太郎が暴走して、沙織から追い出される→困惑する→花菜に迫られる→花菜と付き合って同棲…みたいな展開にならなければいいんですけど…

嘘とセフレ 最新話第15話 あらすじ・考察

花菜のイベントに来て、偶然にも本田と会った京太郎と由紀。

そして飲み会にさそわれた二人だが、
由紀と本田が飲むのを警戒して、一緒に行くことにした京太郎に対し、
一方の由紀は飲み会を断って、一人帰宅してしまった。

その結果、京太郎は後悔しながら本田と飲むことになったのだが、すると花菜が合流してきて、
三人で飲むことになり、京太郎はイベント中のこともあって、花菜に心を持っていかれることに。

それから、花菜をさそおうとした京太郎だったが、本田と考えが被ってしまい、
奇妙な三角関係が発生したのだが、花菜が選んだのは京太郎だった。

そして本田が一人怒る中、京太郎は花菜と関係を持ち、
最後には責任を取ることを約束しつつ、花菜の中で果てる京太郎。

ただ花菜とした直後も、京太郎は由紀のことを考え続けており、
由紀が沙織を訪ねてきたときも、由紀との行為ばかり考えて、さそい続けていた。

そして、由紀の中で果てたいことを、ずっと考えていた京太郎は、
それを直接由紀に伝えていたのだが、そんなある日、由紀に食事にさそわれて――――…?

嘘とセフレ 【第15話】 考察

ここからは、15話の考察をしていきたいと思います!

由紀の気持ちと花菜の気持ち

今回のお話から、
本田から見ても、由紀は京太郎に本気っぽい…というのがわかってきました。

まあ読者側からしたら、そうだろうなという描写が多かったですが、
ついに核心にふれてきたな、という感じだったと思います。

でも、一方で京太郎は由紀の気持ちに気づいていないっぽいですし、
なんだか、なかなか報われなさそうですね。

ただそもそも、京太郎の中でネックになっているのが、
「由紀が本田ともシた」から、関係を持っただけでは恋人にはならない…的な感じでした。

ということはつまり、
本田とシてないことがわかれば、事態は急展開するんでしょうかね。

でも一方で、ここで気になるのが花菜の存在で、
花菜は由紀と反してかなり素直で、今回も責任の話を京太郎にしていました。

なんとなくですが、花菜は京太郎と一歩先に行ってしまいそうな予感です。
それに、由紀はどう動くのか、気になるところですね。

本田の今後の行動

そして今回、由紀にもフラれ、花菜にもフラれな本田は、
かなり怒りをあらわにしていたように思います。

まあ、もともと花菜に関しては、本田が引き合わせたわけですし、
確かに本田が怒る気持ちもわかりますよね。

ただそこから、本田がどういう行動をとるのかが怖い所で、
花菜を何度も呼び出すとか、なんだとか、そういうことになるのか。

はたまた、由紀の方に流れて、由紀に対して本気を出し始めるのか。

もしかしたら、由紀の方に流れるのは、あるかもしれませんね。
でも、由紀は結構しっかりした考えですし、おそらく簡単には流されない…はず。

いやしかし、花菜と京太郎のことを知ってしまったら、
由紀が本田に流れることもあるのかもしれませんね。

そして本田と付き合う、となれば、
由紀はきっと京太郎とは関係を断ちそうですし、面白い展開になるかも。

嘘とセフレ1話あらすじ

大学生の京太郎は、姉同然の幼馴染・沙織と二人暮らし。
そして沙織には由紀という親友がおり、よく二人の自宅に遊びに来ていた。

そんなある日、京太郎は友人の本田から最近できたというセフレの写真を見せられる。

羨ましく思った京太郎は、見栄を張り、
たまたま入っていた由紀の写真を見せ、自分もセフレがいると嘘をついてしまった。

するとそれを信じたらしい本田は、ダブルデートを提案してきて、
さらにはその日の夜、セフレを交換しようと京太郎に持ちかけてきて―――――…?

嘘とセフレ2話あらすじ

ついに迎えてしまった、ダブルデート当日。

そこで、京太郎は初めて本田のセフレ・花菜に会ったが、
花菜は性格も良さそうで、京太郎は好印象を持っていた。

しかし京太郎は、花菜と本田がそういう関係になった際のきっかけを聞き、
花菜の意外な一面を知ってしまうのだった。

そしてこの日の夜、ついに京太郎は本田とともに「作戦」を実行する―――…

嘘とセフレ3話あらすじ

花菜の望みを叶えてやりつつ、行為に及ぶ京太郎。
しかしどうしても由紀のことが気になった京太郎は、本田に電話をしてみることに。

すると、電話に出た本田は明らかに誰かとの行為中で、京太郎は思わず動揺する。

だが由紀との行為中だったのか、その後も結局真相はわからないままだった。

ただ、京太郎の由紀への気持ちは、少しずつ変わり始めていて―――――…

嘘とセフレ4話あらすじ

由紀から花菜との関係を問い詰められる京太郎。
しかし京太郎は慌ててごまかし、花菜との関係を隠すことに。

一方でその後、気まずそうにする二人を、沙織は不審に思っている様子。

そして互いを妙に意識し始めた京太郎と由紀。

そんなある日、京太郎は本田から、
花菜や由紀も交えて、一泊二日で旅行に行こうとさそわれて――――…?

嘘とセフレ5話あらすじ

ついにやってきた由紀や花菜との旅行。

そして、皆が食事をしている最中に、花菜とふたりになった京太郎は、
こっそり花菜と関係を持とうとしていた。

しかし、花菜に拒絶され、中途半端な状態になる京太郎。

ただ結局諦めることにし、京太郎は花菜と一緒に皆の元に戻ったのだが、
そこには由紀の姿がなくて―――――…

嘘とセフレ6話あらすじ

自分への行為が花菜からのものだと思い、
起きている由紀のことなど構わずに、花菜に挿入する京太郎。

すると、花菜も目を開けたのだが、どうも話が噛み合わなかった。
それでも、お構いなしな京太郎は、花菜との行為をエスカレートさせる。

そんな状況に、寝たふりを貫く由紀は―――――…?

嘘とセフレ7話あらすじ

外でこっそりと行為に及ぶ、京太郎と花菜。
すると由紀は、ついに交わるふたりのもとに辿り着いてしまった。

ただ、由紀は二人に呆れつつも、自分の「変化」を見逃すことができない。

一方で、行為を終えた京太郎は、
花菜から、昨夜のことは自分ではないとはっきり言われてしまい―――――…

嘘とセフレ8話あらすじ

ある日、とある体育館で水泳を習うことになった沙織。

すると沙織は、そこでついた男性インストラクターに、
何か意味深な目線を向けられていた。

一方で、京太郎も由紀も、互いのことが頭から離れないまま。

そしてその日の夜、
いつものように由紀が泊りに来たのを見た京太郎は―――――…

嘘とセフレ9話あらすじ

沙織に気づかれそうになり、焦る由紀。
しかし沙織は、由紀の変化が暑さのせいと勘違いして、そのまま寝てしまった。

そんな沙織を見て、由紀はただ戸惑いを隠せない。

一方で京太郎は、由紀との関係にひたりながら、
なんとなく、自分の初めての恋人のことを思い出すのだった。

嘘とセフレ10話あらすじ

ついに由紀と関係を持ったものの、
それ以来、由紀と微妙な関係になってしまった京太郎。

そんな時、京太郎は実家に帰ることになり、そこで乗ったバスにて、
今回は水泳の講習があり遅くなるという、沙織との思い出を思い出し始めた。

するとそのうちに、雨に打たれて、びしょぬれになった高校時代の沙織と、
それに気分を高ぶらせた自分の記憶がよみがえって、自分のモノを立ち上がらせてしまった京太郎。

そしてそれを偶然にも、お隣に住んでいる小雪にぶつけてしまったが―――

嘘とセフレ11話あらすじ

沙織に気づかれそうになり、焦る由紀。
しかし沙織は、由紀の変化が暑さのせいと勘違いして、そのまま寝てしまった。

そんな沙織を見て、由紀はただ戸惑いを隠せない。

一方で京太郎は、由紀との関係にひたりながら、
なんとなく、自分の初めての恋人のことを思い出すのだった。

嘘とセフレ12話あらすじ

ついに由紀と念願の関係になった京太郎。

すると、京太郎は自分の想いが爆発し、
それをすべて、由紀にぶつけることで、発散していた。

ただ、夜になってもその熱がおさまらない京太郎は、
再び由紀のもとに向かい、また行為に及ぶ。

だが朝になり、京太郎は由紀の姿がないことに気が付いて――――――…

嘘とセフレ13話あらすじ

沙織が帰ろうとしていることも知らず、
いまだ夢のような時間を、由紀と過ごし続けていた京太郎。

だが、由紀はもう帰ると言うので、
京太郎はなんとか引き留めて、夕飯まではいてもらいたいと伝える。

そして最後の最後まで由紀と楽しみ、ついに由紀が帰る時間に。

しかしそこで玄関を出た由紀は、こちらに向かう沙織を発見してしまい―――――…

嘘とセフレ14話あらすじ

花菜のイベントを一緒に見に行くことにした由紀と京太郎。

すると、次第に楽しくなり始め、
京太郎は由紀に、夢で見た衣装を進めるまでに調子に乗っていた。

だがそんな時、ふいに京太郎は、
人だかりの中で男性陣に写真をとられている花菜に遭遇。

すると、京太郎はふいにモヤモヤした気持ちが湧きあがってきて―――――…

まとめ

嘘とセフレ全話あらすじまとめでした。
正直、あらすじよりも絵付きで読みたいと思ったら「コミックシーモア」がおすすめです。

「コミックシーモア」は、嘘とセフレ先行配信サイトなので全巻読むことができますよ。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事