「SIDOOH―士道―を無料で読みたい」
「試し読みの続きが読みたい」

と思っているあなたのために、漫画「SIDOOH―士道―」を全巻無料で読めるアプリ・サイトを徹底調査してみました。

高橋ツトム先生の「SIDOOH―士道―」は、週刊ヤングジャンプの青年漫画です。

幕末を舞台に、親に先立たれた兄弟が父の形見の刀剣を手にして剣術の腕を磨き、たくましく生き抜いていく物語です。

\SIDOOH―士道―を無料で試し読み/

U-NEXTで読む

目次

漫画「SIDOOH―士道―」を全巻無料で読めるサイトの調査結果一覧

【結論】

「SIDOOH―士道―」をアプリや電子書籍サービスなどですぐに全巻無料で読めるか調査してみました。

結論、すぐに全巻無料で読むことはできません。

代わりに、電子書籍サイトを利用することで

すぐに「SIDOOH―士道―」を無料~半額で読む方法がありますので紹介していきます。

サービス名特徴
U-NEXT無料で読めるオススメ!
ebookjapan6冊分半額で読める
ブックライブ半額で読める
Amebaマンガ無料登録で貰える最大100冊半額クーポン配布中

上記のサービスであれば、会員登録が無料でお試しで利用することが可能です。

その中でも、「U-NEXT」が特におすすめになります。

【31日間無料&600P付与】U-NEXTで「SIDOOH―士道―」をすぐにお得に読む

「U-NEXT」は会員登録をしてから31日間の無料で期間が貰えます。
その時に貰えるポイントで「SIDOOH―士道―」をお得にすぐ読むことができます。

unextのおすすめポイント

出典:U-NEXT

SIDOOH―士道―は全巻677円なので1冊77円で読めます!

*「SIDOOH―士道―」を全巻読みたい場合は、16,925円かかりますが、全巻40%還元なので、実質10,155円で読めます。

1冊読んだあとに続きを読みたい場合は、全巻40%還元してくれるので無料で読んだ後もお得に読むことができます。

SIDOOH―士道―を無料で読む▼

U-NEXTで読む

>>無料期間中の解約もできますのでお試しで利用できます<<

【6冊半額になる】「SIDOOH―士道―」をebookjapanで半額で読む

ebookjapanは、電子書籍サイトとして老舗のサービスになり、初回特典やキャンペーンに定評があるサイトです。

ebookjapanのおすすめポイント


出典:ebookjapan

ebookjapanは、初回登録時に50%OFFクーポンがもらえますので「SIDOOH―士道―」を半額で読めます。

・SIDOOH―士道― 全巻|677円→339円

また、50%OFFクーポンは6冊までに使えるので、SIDOOH―士道―やそれ以外の青年漫画がお得に読めておすすめですよ。

▼SIDOOH―士道―を半額で読む▼

ebookjapanで読む

eBookJapanでお得に読む方法を知りたい方はこちら!

ブックライブで「SIDOOH―士道―」を半額で読む

「ブックライブ」は電子書籍サイトの中で、漫画取扱数が業界TOPです。ここになければ他のサイトにもないレベルの取扱数を誇ります。

bookliveのおすすめポイント

出典:ブックライブ

ブックライブでは、無料で読むことはできませんが、登録時に半額クーポンがもらえるので、お得に「SIDOOH―士道―」を読むことが可能です。

・SIDOOH―士道― 1~25巻|677円→339円
*期間限定で1巻が無料で読めます!お早めにチェック!

半額クーポンは1冊にしか使えませんが、多くの無料漫画に出会えます。その無料漫画の数はなんと、17,000冊以上。


出典:ブックライブ

まんが王国同様に、月額制ではないので会員登録をして読みたい漫画があった時にクーポンをだけを使ったり、面白い漫画を探すのにおすすめのサイトです。

\SIDOOH―士道―を半額ですぐ読む/

ブックライブ公式サイト

ブックライブでお得に読む方法を知りたい方はこちら!

海外の違法ダウンロードサイトのzip・rarなどを利用してSIDOOH―士道―を無料で読める?

【結論、読むのは危険です。】

漫画を違法にPDF・zip等でダウンロードできるサイトは、かなり危険です。

ファイルにウイルスをまぎれこませて、ダウンロードされた端末の個人情報が抜き取られてしまうケースもあります。

また、法改正により、2021年1月以降、違法サイト運営者だけでなく、利用者側にも罰則がつけられる可能性がでてきました。

それらのリスクがあることをよく理解した上で、本当に違法サイトで読んでいいのか、考えてみていただければ幸いです。

漫画BANKで「SIDOOH―士道―」は全巻無料で読める?

ちなみに、最近話題の「漫画BANK」で読める?と考えている方も多いのではないでしょうか?

結論、漫画BANKでSIDOOH―士道―は配信されていたり消されたりを繰り返しているようでした。


出典:google

さらに、漫画BANKで漫画を読んだユーザーの中で、端末にウィルスが入ってしまったという利用者が昨年から急増しています。

すぐには気づけないような悪質なポップアップ広告が多いのも、漫画BANKの特徴です。

上記で紹介した方法は、公式のサイトで安全にかつお得に読む方法になりますので、参考にしてみてくださいね。

漫画「SIDOOH―士道―」の各巻あらすじまとめ

「SIDOOH―士道―」がどんな話か知りたい!
「SIDOOH―士道―」って今どこまで進んでるの?

という方のために、各巻のあらすじを簡単にまとめてみました!

SIDOOH―士道―1巻あらすじ

ニッポンが“幕末”と呼ばれる少し前、動乱の世に放たれた二人の兄弟がいた。兄は雪村翔太郎:14歳、弟は雪村源太郎:10歳――たった二人で生きる決意を誓った幼き“侍”に、容赦なく降りかかる時代の混沌、修羅の世界。ROCKする《SAMURAI COMIC》の決定版、ついに始動! 2005年6月17日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―2巻あらすじ

“白心郷”なる謎の組織に売られ、別れ別れに監禁された翔太郎と源太郎。幾日も孤独に苛まれる翔太郎に降りかかる慈悲無き仕打ち。「勝つことだけが生きる道」運命の岐路に立ちつくす幼き侍に、生き残る手だては…!? 2005年9月16日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―3巻あらすじ

監禁から解放された翔太郎の次なる試練は、“白心祭”なる常軌を逸した殺戮の宴。「殺らなきゃ殺られる」宿命の舞台に引きずり出された翔太郎。そして、その兄を見守る源太郎。翔太郎、一世一代大勝負。運命の荒波を乗り越え、事態を切り抜ける術はあるのか!? 2005年12月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―4巻あらすじ

殺戮集団として、恐るべき剣術の技を身につけた“白連隊”の面々。一路、開港後の横浜を目指した。関内入りし、外国人たちの居留地で見た強大なる異国の文化に、驚嘆する源太郎たち。開国論者廃滅の命を受けた“白連隊”の隠密活動が、今静かに口火を切った! 2006年3月17日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―5巻あらすじ

水戸の同志を犠牲にしながらも、幕府の追手をかわした“白連隊”。燃える復讐心を胸に秘め、黒船への潜入計画を実行に…。ところが、先陣を切った百舌に思わぬ事態が…!? 宴の船中を舞台に、混沌と動乱の夜が幕を開ける!

2006年6月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―6巻あらすじ

紅蓮の炎に包まれる黒船。陥落寸前の船内で、“白連隊”と幕府側の、決戦が火蓋を切った。さらに、船から脱出した異人軍が報復の砲撃を開始! 事態は最悪の状況に…。果たして“白連隊”の運命は如何に!? 2006年9月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―7巻あらすじ

“白連隊”が江戸入りし、早一年が過ぎた。剣の道に邁進する翔太郎と源太郎。成長著しい二人は、腕に覚えのある者達が集う他流試合“撃剣集会”に参加――己の力を試す絶好のチャンス! 果たして勝負の行方は…!? 2006年11月17日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―8巻あらすじ

「負けたら切腹だ」――そう言い放ち、佐川官兵衛との立ち合いに挑んだ源太郎。だが、官兵衛の圧倒的な強さの前に為す術なく敗れてしまう…。完膚なきまでに打ちのめされ、自尊心をずたずたにされた源太郎は、ついに刃を己に向けた! 2007年2月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―9巻あらすじ

会津から脱藩した早川の甥・元吉を探すため、京へ向かった“白連隊”の面々。旅の途中に立ち寄った江戸で遊廓へと誘われた源太郎は、そこで死んだはずの清蔵に瓜二つの男と出会う。彼の名は高杉晋作――二人の衝撃的な邂逅は“白連隊”に何をもたらすのか!? 2007年5月18日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―10巻あらすじ

浪士組と決別し、徳川家茂の護衛を務めたいと嘆願してきた近藤たち。実力を量るため、彼らと試し合いをすることになった“白連隊”は、先鋒の翔太郎がいきなり土方を指名! ソリの合わぬ両者、激しく火花を散らす。鬼気迫る真剣勝負の行方は…!? 2007年8月17日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―11巻あらすじ

瑠儀の“愚断”により、炎上する大津。上洛を控えた徳川家茂の護衛にあたる“白連隊”は、敵襲を命懸けで応戦する。ところがその最中、敵の凶刃が次郎兵衛を襲い…!? 同志の仇を取るため、怒りと悲しみを爆発させた源太郎の剣が唸る! 2007年11月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―12巻あらすじ

神戸港で外国船を襲撃した首謀者・高杉晋作を取り締まるため、神戸へと向かった幕府一行。そこは夷人街において異人が日本人を虐げる治外法権の地――。翔太郎と高杉、異なる二つの熱き魂が“異界”神戸で再び出会う! 2008年2月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―13巻あらすじ

神戸の夷人街を仕切るグラントを斬り、彼が住む塔に逃げ込んだ高杉晋作。高杉に捕らえられた百舌を救うため燃え盛る塔に入った翔太郎と源太郎。塔から脱出するまで、手を組むことにした翔太郎と高杉だが、脱出後、それぞれの使命を懸け、ついに剣を交えることに。熱き魂がぶつかる戦いの行方は!? 2008年5月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―14巻あらすじ

新選組への入隊を希望する若者・北里平三に武士の資質を見いだせない源太郎は入隊を諦めさせるべく、新選組の羽織を着せたまま、“度胸試し”とも言える危険な見廻りの任務に連れ出した。しかし、その行為は新選組に敵対する天誅組が絡んだ大事件へと発展し…。卑劣な天誅組との激戦必至!! 2008年8月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―15巻あらすじ

“白連隊”と新選組は、尊皇攘夷派の取り締まりを強化し、京市中の探索を行っていた。そんな折り、“白連隊”鮫島太助は新選組が捕らえた天野から、京都守護職:松平容保公の暗殺計画を聞き出す。一方、京を守る新選組は、池田屋で秘密裏に会合していた倒幕志士たちを壊滅させるが…!? 2008年11月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―16巻あらすじ

会津・薩摩、そして長州――合戦の炎が京を嘗め尽くす。動乱の兆しがますます濃くなる中、翔太郎が百舌との祝言を決意。一方、倒幕に暗躍する坂本龍馬と中岡慎太郎。二人が出向いた先に鎮座するは、勝海舟、西郷隆盛、高杉晋作…!! 相容れぬはずの三者を呼び寄せたのは、鞍馬の天狗こと“白心郷”の主・瑠儀だった!!

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―17巻あらすじ

幕府と長州は遂に手切れ。血で血を洗う戦闘の火ぶたが切られた。幕府軍の潰走を知らぬ、雪村翔太郎率いる“磐颯隊”の歩みは宿敵・長州領へと向けられた。思わぬ山中での敵陣遭遇。夥しい敵の刃が静かに忍び寄る。“磐颯隊”窮地! その時、先陣を切った鮫島太助が眼前に捉えた忌敵“白心郷”の旗――未だかつて無かった凄惨なる遺恨の戦いが始まる! 2009年5月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―18巻あらすじ

宿敵“白心郷”と遺恨の遭遇を果たした会津軍。敵の執拗な攻撃によって劣勢に陥りながらも、雪村翔太郎の統率でなんとか窮地を凌いだ。一路、幕敵にして逆賊・長州の戦場へ。道中、戦で傷ついた鮫島太助は、一人無念の撤退を決意。だが、時既に遅く敵の包囲網に捕らえられ…!? 2009年8月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―19巻あらすじ

重態のまま長州軍に捕らえられた鮫島太助は、高杉晋作の配慮により厚遇を受けるが、“私”よりも“隊”を想う自らの武士道を貫き、数日後、心身ともに清々しいまま自害の道を選んだ。それから間もなく、病に伏していた高杉は下関にて二十七年八か月の生涯に幕を閉じた――そして日本は大政奉還を経て新たな時代へ。勝海舟に促され、新たな使命を受けた雪村翔太郎と弟・源太郎は、西郷隆盛の懐刀リャンキナーと初めての邂逅を果たし… 2009年11月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―20巻あらすじ

捕虜となっていた、“白心郷”の那鴨より、坂本龍馬と瑠儀、密会の情報を得た翔太郎たちは、その絶好の機会を狙い、近江屋への襲撃を計画。力花火と空飛ぶ駕籠を武器に、大空飛び交う気球から襲撃を試みる源太郎。一方、近江屋に潜入した翔太郎は、ついに坂本龍馬、中岡慎太郎と遭遇を果たした。最先端のピストルを構える坂本に対する翔太郎の剣。翔、源、リャンVS“白薩長”同盟、遺恨のバトル勃発。 2010年2月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―21巻あらすじ

“白心郷”の砦へ入城を果たした西郷は、抜き差しならぬ緊迫感の中、瑠儀からの手厚い歓待を受けながら、時代を先読みする驚愕の新世界に魅せられる。一方、翔太郎、源太郎、リャンの3人も“白心郷”の砦へ決死の上陸。不意に瑠儀との遭遇を果たしてしまった源太郎! 源のブッ放した銃弾が瑠儀の片腕を奪った!! 事態は予想だにせぬ結末を迎える…。意地と武士道のぶつかり合う乱世の幕が開いた! そして日本は、史上最大規模の内戦:戊辰戦争へと導かれる――

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―22巻あらすじ

京都郊外、鳥羽街道で旧幕府軍と新政府軍が衝突。砲撃に導かれ、ついに日本は国内史上最大規模の内戦、鳥羽伏見の戦いへと突入した。翔太郎・源太郎を中心に、誇り高き“会津磐颯隊”は決死の突撃を試みるものの形勢は不利。敗走の色を払拭できないまま、瀕死の痛手を負う会津軍にさらなる追い打ちが…!? 2010年8月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―23巻あらすじ

起死回生を期して、江戸へと舞い戻った幕軍。はるばる会津より、翔太郎を訪ねて来た百舌と谺だったが、全面敗北からの再起を誓う翔太郎の胸中は複雑だった。一方、思わしくない菊乃の体調を憂い、気持ちが揺れる源太郎は故郷・会津への一時帰還を決意。信じ続ける源太郎を慕いながらも、心の叫びを封印する菊乃の切実な涙――会津軍は、本当の意味での正念場を迎えた。 2010年11月19日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―24巻あらすじ

戦火をかいくぐったものの、幕軍はさらなる窮地に追い込まれていた。「頼りは会津」と、最後の望みを会津軍に託した将軍・徳川慶喜が、翔太郎に命じた策は、「将軍の影武者となって上総へ行き、瑠儀を討て」というものだった。決意を胸に、“白心郷”本陣へと赴いた翔太郎たちは、徳川慶喜になり代わり、悲願達成できるのか!? 翔太郎VS瑠儀、未だかつてなかった究極の戦いが、今始まる…!! 2011年3月18日発売

引用:U-NEXT

SIDOOH―士道―25巻あらすじ

瑠儀を討ち、“白心郷”を滅びへと導いた会津軍。深傷を負った兄・翔太郎と共に、弟・源太郎は一路、会津を目指した。やがて眺望が開けると、そこには夢にまで見た磐梯山が…。家族を想い、友の存命を願い続けた翔太郎が、静かにその瞳を閉じた。戊辰の戦火により壊滅的な打撃を受ける試練の中、武士道を貫く源太郎が最後に下した直往邁進の決断とは!? 史上最強の侍COMIC、ここに堂々完結――!! 2011年4月19日発売

引用:U-NEXT

続きをU-NEXTでチェック>>

SIDOOH―士道―が好きな方におすすめ漫画5選

掲載誌である「週刊ヤングジャンプ」でのおすすめ漫画作品をご紹介!

特に「キングダム」は、歴史に基づいたストーリー性、先の読めないハラハラする展開が面白く、アニメ化だけではなく、実写映画化もされた人気漫画です。

是非、この機会に読んでみてくださいね♪

ーーー

キングダム

山崎賢人主演で実写映画化。

主人公の下僕の少年が「天下の大将軍」になることを夢見て、戦い続ける物語。

GANTZ

二宮和也主演で実写映画化。

死を遂げたはずの少年は、気づくと謎の物体がある部屋に倒れており?

ゴールデンカムイ

アニメ化も大人気の作品。

「不死身」と呼ばれた伝説の男は、一人の少女と出会い世界の闇に触れることとなる!

テラフォーマーズ

伊藤英明主演で実写映画化。

選ばれた15人の若者は、任務として訪れた場所で謎の生命と遭遇する・・・!

東京喰種

窪田正孝主演で実写映画化。

人を食べる存在の「喰種」、この2種の種族は、決して分かり合うことができない・・・

青年ジャンルのおすすめ漫画5選

青年ジャンル漫画での今イチオシの漫画作品をご紹介!

特に、「ザ・ファブル」シリーズは、配信電子書籍サイトでは常時ランキング上位に食い込む人気ぶり!

是非、この機会に読んでみてくださいね♪

https://realworld.jp/entertainment/seinen-shonen/zahuxaburu/

https://realworld.jp/entertainment/seinen-shonen/zafaburuthesecond/

https://realworld.jp/entertainment/seinen-shonen/kisyuuai/

https://realworld.jp/entertainment/seinen-shonen/motherparasite/

https://realworld.jp/entertainment/seinen-shonen/hirayasumi/

まとめ

漫画「SIDOOH―士道―」をアプリやサイトで無料で読める方法の調査結果でした。

おすすめの電子書籍サイトを、改めてまとめてみました。

サービス名こんな人におすすめ
まんが王国・電子書籍サイト初心者
・漫画はまとめて一気読みしたい!
U-NEXT・今すぐ無料で読みたい
・ドラマや映画も無料で観たい!

個人的には、電子書籍初心者にも易しいまんが王国がおすすめです。

こちらで紹介しているアプリや電子書籍サービスは、どれも無料でインストールできます。

会員登録も無料なものだけ紹介してますので、もちろんお試しで利用も可能。

これを機会に、今まで利用する機会がなかったという方は、是非、チェックしてみてくださいね。

\無料会員登録で読める無料漫画は3,000冊以上/

まんが王国公式

おすすめの記事