【最新24巻更新!】秘密の授業全話まとめ!最終回まで随時更新中!

ミナちゃんと王鋼鉄さんの青年漫画rushレーベル大注目漫画!
「秘密の授業」のあらすじを最終回まで更新していきます。

ちなみに「秘密の授業」は、コミックシーモアで独占先行配信しておりますので、絵付きを読みたい方はコミックシーモアをチェックしてみてください。

好きな漫画が7日間無料で読める、読み放題サービスもやってますよ!

▼7日間無料でお試し読み放題!▼
コミックシーモア公式

半額クーポンで「秘密の授業」もお得に読めます。

 

「秘密の授業」を全巻無料で読めるサイト・アプリ・読み放題サービスを徹底調査!

目次

秘密の授業1話あらすじ

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」

両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。

ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。

毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。

そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

引用元:コミックシーモア

秘密の授業2話あらすじ

養母の真理子に導かれ、絶頂を迎えた俊太。

真理子は、性の知識を息子に伝えるという意味で、正しいことをしたのだと自分を正当化する。

しかし、その夜、真理子の部屋に訪れた俊太は――?

秘密の授業3話あらすじ

初めて知った性欲を抑えられない俊太。

真理子に馬乗りになり、俊太と真理子はとうとう…

さらに、俊太は姉の飛鳥にも声をかける――――

秘密の授業4話あらすじ

セッ〇ス、という概念を飛鳥の身体で知った俊太。

その気持ちよさはなにものにも勝り、体が記憶してしまっている。

してはいけないと頭ではわかっていても、カラダが「性」を求め、もう止まらない―――

秘密の授業5話あらすじ

弟・俊太の立派なアソコが忘れられない、姉・飛鳥。

自分のアソコも朝から疼いて仕方がない。

そんな状況のまま、飛鳥は俊太も、そして家族もいるリビングに向かう――

秘密の授業6話あらすじ

飛鳥の部屋でのセッ〇スの声を聴いてしまう養母・真理子。

ついに姉弟の禁断の関係が明るみに―――?

秘密の授業7話あらすじ

正が仕事で不在の寝室。

真理子にむさぼりつく俊太は、若さもあり欲望がとめどなくあふれる。

そんな俊太に対して、いけないと思いつつ俊太の要望を断れなくなってきて―――

秘密の授業8話あらすじ

俊太と身体を重ねたいというつかさの衝撃的な申し出に対し、驚きを隠せない俊太。

つかさはそんな俊太に対し、男女のそういった行為についてまだ未経験である事を打ち明けると同時に自分も経験したいと告げる。

つかさの告白に困惑しながらも、その申し出を俊太は―――

秘密の授業9話あらすじ・考察

俊太が自分以外の女性とも深い関係を持ったことを知った飛鳥は衝撃を受けると同時にショックを隠せない。

飛鳥は俊太に動揺を隠しながらも俊太に保健の授業の一環と称して、男女の行為の様々な体位を教えるのであった。

翌日、俊太が他の女性とも深い関係を持っていたという衝撃が頭から離れない飛鳥は自身の心境の変化に困惑しながらも俊太の相手が妹か母のどちらかではないかという詮索まで発展してしまう。

そんな中、出掛けようとしていた飛鳥は自宅の前で俊太を尋ねてきたつかさと遭遇する。

瞬時に目の前のつかさこそが俊太と深い関係になった女性だと悟る飛鳥であった。

その後、つかさに誘われ、廃墟となった工場跡地にやってくる俊太。

そこで俊太はつかさに誘われるまま、再び身体を重ねてしまい・・・。

秘密の授業【第9話】考察

ここからは、秘密の授業9話の考察をしていきたいと思います!

つかさは俊太は恋人関係になるのか

このままの関係が継続されれば、つかさと俊太が交際に発展する可能性は極めて高いと考えられます。

根拠としては…、前話で俊太とつかさと恋人の様に身体を重ねたことにあります。

今まで俊太が女性と男女の行為に発展する際は保健の授業の様な延長線が多く、受け身でしたが、つかさとの行為は少し異なりました。

つかさが初体験だったという面も関係しているかもしれませんが…、つかさが思わず『相手が俊太で良かった』と心の中で呟いてしまうほど、俊太はまるで恋人との行為の様につかさに触れていました。

前話で俊太と身体を重ねた後のつかさの様子やその後、再び俊太と関係を持った点からもつかさが俊太に対し、特別な感情を持っているのは濃厚です。

俊太もつかさに満更でもない様子ですし、つかさが交際を迫れば簡単に成立するのではないでしょうか。

飛鳥は俊太に対して好意を自覚する

現在、俊太に対して複雑な心境の飛鳥ですが、今後、つかさと俊太の関係を知った飛鳥が俊太に対する好意を自覚する可能性は高いです。

現時点でも俊太が自分以外の女性とも深い関係を持っていることを知った際には酷く動揺したり、その相手がつかさだと確信した時は強い嫉妬心を露わにする等、飛鳥が俊太に特別な感情を抱いているのではないかと確信出来る様な描写が多数あります。

特につかさが俊太の相手だと確信した際の飛鳥の内心や反応はまるで恋人の浮気相手と対峙した様な姿でした。

恐らく、次話では俊太とつかさの動向が気になった飛鳥が二人をこっそり尾行したことで、廃墟での俊太とつかさの行為を目撃してしまったことが明らかになると予想します。

それにより、飛鳥は自身に弟だと言い聞かせてきた俊太を異性として強く意識すると同時に嫉妬の原因が独占欲であることに気付くのではないでしょうか。

秘密の授業10話あらすじ・考察

俊太とつかさが廃墟で行為に夢中になっている時、飛鳥は友人達とカフェにいた。

友人同士が楽しそうに談笑する中、俊太とつかさの関係が気になってしまい、苛々がおさまらない飛鳥。

そんな飛鳥の様子に気付いた友人は飛鳥に恋人が出来たのかと疑うも、飛鳥は友人の追求から逃げるように席を外すのであった。

そんな中、つかさと一緒に帰宅している途中で偶然、洋と遭遇する俊太。

自分の姉と親友が二人でいることに対し、不審がる洋。

洋の追求に俊太とつかさは一瞬、動揺するも、つかさの咄嗟の機転で上手く誤魔化すことに成功するのであった。

友人と別れ、自宅に帰宅してからも俊太とつかさの関係が気になって仕方が無い飛鳥。

自分に素っ気無い態度をした俊太にショックを受けた飛鳥は俊太への想いが抑えきれなくなり、自分から俊太に男女の関係を求めるが…。

秘密の授業【第10話】考察

ここからは、秘密の授業10話の考察をしていきたいと思います!

つかさの存在が飛鳥の俊太への恋心を加速させる

今回、つかさの存在によって飛鳥の俊太への想いが明らかにされました。

まだ、飛鳥自身は俊太への執着心とつかさに対する嫉妬心の原因が恋であることを完全には認めていませんが…、飛鳥の過去の回想シーンから昔から俊太に対して特別な感情を抱いていたのは間違いありません。

あくまでも個人的な推測ですが、飛鳥は自分を姉として純粋に慕ってくる俊太に対して、“姉”としての家族愛を抱くと同時に異性としての想いも実は芽生えていたのかもしれません。

もしかすると…俊太が大切なあまり自身の恋を成就させるよりも姉として傍にいることを選んだのかもしれませんね。

しかし、一度は恋心に蓋をした飛鳥でしたがずっと自分の傍から離れないと思っていた俊太の近くにつかさという存在が現れたことで秘めていた恋心が溢れ出てしまったと考えられます。

今後の展開として、飛鳥の一度溢れ出た俊太への恋心はつかさの存在によって更にヒートアップしていく可能性は高いです。

飛鳥の友人が今後の展開のキーワードになる?

今回、飛鳥の友人が初登場しました。

恐らく、今回登場した飛鳥の友人は飛鳥が自身の恋心と向き合うキーパーソン的な存在になるのではないかと予想します。

すでにつかさに対して強い嫉妬心を露わにしたり、俊太への想いが募り過ぎて行動が暴走してしまっている飛鳥ですが、未だに自身の恋心と素直に向き合えていない節があります。

今回、飛鳥の友人が飛鳥の心境の変化に気づいた描写がありましたので飛鳥が俊太への恋心を認め、関係を進展させる為に重要な人物になってくるのではないでしょうか。

秘密の授業11話あらすじ・考察

つかさの存在を知った飛鳥は「家族だからと…」一度は断ち切った親密な関係を自ら俊太に迫って復活させてしまう。

飛鳥との行為に夢中になる俊太。

俊太から自分と唇を重ねる行為が好きだと聞いた飛鳥は俊太にとって自分は特別な存在なのだと内心でほくそ笑むのであった。

朝食後、洗面所で歯を磨き終わった飛鳥の元に俊太が現れる。

すると突如、飛鳥と唇を重ねる俊太。

俊太の突然の行動に驚愕する飛鳥に対し、俊太は後ろから飛鳥に抱きつきながら飛鳥を求めていることを打ち明け、行為を迫るのであった。

洗面所のドア越しに葉月が居るにも関わらず、俊太の要求に抵抗出来ず、行為に及んでしまう飛鳥。

行為の最中、俊太が自分がまだ教えていない体位をしたことでつかさと俊太がすでに親密な関係ではないかと疑う飛鳥だったが、自分を以前のように慕ってくる俊太の姿に優越感を覚えるのであった。

その後、部屋に戻った飛鳥と俊太は再び行為に及び…。

秘密の授業【第11話】考察

ここからは、秘密の授業11話の考察をしていきたいと思います!

俊太を自分の元に繋ぎ止めようとする飛鳥

前話からつかさという存在が俊太の傍にいることを知ったことで俊太に対する複雑な心境を露わにし、恋慕に近しい執着心を見せ始めた飛鳥。

そんな飛鳥は一度は「家族だから」という理由で自ら断ち切った親密な関係を俊太と復活させてしまいましたが、飛鳥が自身の身体を使って俊太を自分の元に繋ぎ止めようとしているのが明らかですね。

やはり、前話で見せた飛鳥の俊太とつかさに対する感情は弟に彼女が出来たことによる寂しさからくるものだけではなく、好きな異性に対する嫉妬心だった可能性はやはり高いです。

ただ、飛鳥は俊太に対して強い執着心を持っているように見えるので純粋な恋慕だけでないようにも見えますが…。

飛鳥は俊太に翻弄されることになる?

飛鳥は俊太が自身の身体に夢中になっているように思っていますが、果たして俊太はそうなのでしょうか?

あくまでも推測ですが…俊太は飛鳥の身体を使ってつかさとの行為に備えて練習しているようにも見えます

根拠としては確かに俊太は飛鳥との行為に夢中になっているように見えますが、飛鳥の質問に対し嘘をついて誤魔化したり、俊太の言葉の数々に飛鳥との行為を実践練習感覚で楽しんでいる印象があるからです。

つかさとの行為で男として自信を持てた俊太。

私はそんな俊太に飛鳥は翻弄されるようになってしまうのではないかと考えています。

現時点でも少し強引な俊太に押され気味ですし、俊太に対する想いを逆手に取られた飛鳥が逆に手玉に取られ、翻弄されてしまう展開もあると考えています。

母と姉と俊太の親密な関係が葉月に気付かれる可能性は??

母と姉と俊太の親密な関係が葉月に露見する日はそう遅くないと思います。

特に飛鳥と俊太に関しては人目を気にしながらも二人きりになる機会があれば部屋は勿論、家の中の至る所で行為に及んでいますし、このままの状態が継続又はエスカレートすれば葉月が目撃、最悪遭遇する可能性は非常に高いと考えています。

秘密の授業12話あらすじ・考察

つかさへの嫉妬心から一度は断ち切った男女の関係を俊太と復活させてしまった飛鳥。

自室で俊太との行為に及んでいた飛鳥は自身が俊太に翻弄されていることを悟り、弟だと思っていた俊太を大人の男性のように感じてしまう。

俊太を弟として見れなくなっていることに気付き、戸惑いを隠せない飛鳥。

飛鳥は俊太への想いを自覚した後、自室だけでなく、廊下や浴室などの家の中の至る所で俊太と行為に及んでしまうのであった。

飛鳥と葉月が父親の出張について東京に向かう日。

飛鳥達の乗った車を見送った真理子は俊太と家で二人きりになってしまったことに緊張を覚え始める。

俊太を強く意識してしまう真理子だったが予想に反し、俊太は外に遊びに出掛けてしまう。

つかさと合流した俊太は森の中で…。

秘密の授業【第12話】考察

ここからは、秘密の授業12話の考察をしていきたいと思います!

俊太を弟として見れなくなった飛鳥

一度は“俊太とは家族だから”と自分に言い聞かせ、断ち切った男女の行為をつかさへの嫉妬心から再び俊太と関係を持ってしまった飛鳥。

飛鳥は戸惑いながらもついに自分が俊太を弟としてではなく、異性として見ていることを自覚しましたね。

今までの飛鳥は俊太に対する自分の行動や感情を“家族だから”と自分を戒め、いざとなると何処か消極的になってしまうことがありましたが、俊太への想いを自覚した今後は俊太を巡ってつかさと真正面から対峙する展開も有りそうです。

ただ、飛鳥は俊太との行為の際に自分が俊太に玩具にされていると感じている節があり、もしかすると俊太の心が自分には無いことを悟っている可能性もあると思います。

なので、このことが俊太、飛鳥、つかさとの関係に今後どの様に作用してくるのかも見所ですね。

葉月が飛鳥につっかかるのは俊太との関係に気付いているから?

実は男女の関係を復活させた俊太と飛鳥は隙を見ては家の中の至る所で行為に及んでしまっている状態です。

あくまでも推測ですが…、葉月は飛鳥と俊太が男女の関係にあることを既に知っており、その為、飛鳥に対して事ある毎に好戦的な態度を取っているのではないでしょうか?

というのも、葉月は知的でクールなインテリ女性なので男女の関係に対して潔癖な面が有りそうな雰囲気が少しあります。

なので、葉月の性格が推測通りであれば姉・飛鳥への反抗的な態度も納得です。

また、葉月は俊太を異性として意識している様子も度々見られることから今後の展開によっては葉月が俊太に好意を持つ可能性もありそうです。

何より今は俊太と飛鳥の関係が葉月に気付かれていないとしても飛鳥は俊太をコントロール出来なくなってしまっていますので今後俊太の行動がエスカレートすれば葉月にバレるのも時間の問題だと思います。

二人きりの家で義母・真理子と俊太が一線を越える可能性は高い

二人きりの家で真理子と俊太が一線を越える可能性は非常に高いと考えています。

特に真理子は日を追う毎に俊太を意識してしまっていますし、俊太に迫られたら強く拒否出来ないのではないでしょうか。

真理子は飛鳥同様に複数の女性と経験を積んだ俊太に翻弄されてしまうのではと予想します。

秘密の授業13話あらすじ・考察

夫と娘達を送り出した真理子はカレンダーを見た際に今日は自分達家族にとって大切な日であることを思い出していた頃、俊太は人気の無い林でつかさと行為に及んでいた。

夕方になり、自宅に帰宅した俊太を出迎えたのはホールケーキを手に持ち、綺麗に着飾った真理子であった。

実はその日は俊太が真理子達の家族になった日であり、真理子はお祝いとしてケーキや俊太の好物を振舞ったのであった。

その夜、真理子が気分転換として普段は滅多に着ない色気のある服装をしていた時、俊太が寂しさから部屋に尋ねてくる。

一緒に寝たいという俊太の要望に動揺する真理子だったが、断れば家族である俊太を傷付けると考え、同じ部屋で寝ることを許してしまう。

俊太と同じベットで寝ることになり、緊張で眠れない真理子。

真理子は寝ているはずの俊太に突如、身体を触られ初めて…。

秘密の授業【第13話】考察

ここからは、秘密の授業13話の考察をしていきたいと思います!

養母・真理子とついに一線を越えてしまった俊太

今回、ついに俊太と一線を越えてしまった真理子ですが、これを機に今後も俊太と男女の関係を幾度も結んでしまうのではないかと推測します。

というのも、今の真理子は俊太に迫られるとなんだかんだで強く突き放すことができません。

なので、飛鳥やつかさとの関係で女性の扱いを知っている俊太に真理子は翻弄された挙句に行為に夢中になってしまうのではないでしょうか。

家の中では、飛鳥と真理子を相手に俊太が見境なく行為に及びそうですね。

真理子の夫・正は浮気している?

俊太の養父である正は度々泊まり掛けの出張が入り、自宅を留守にすることが多い人物です。

一見すると仕事人間で厳しい男性かと思われがちですが…、家での正はとても穏やかで2人の愛娘に対してはワガママを何でも効いてしまう程に甘く、養子である俊太にも優しい父親です。

そして、妻を気遣える旦那なので真理子にとっても理想の夫である正ですが、もしかすると正には愛人が存在しているのではないかという疑惑が浮上しました。

現在、愛娘2人同伴で東京に出張に来ている正ですが、その行動がとにかく怪しいです。

宿泊するホテルに戻った後、娘2人を早く寝かせようとしたり、飛鳥に疑惑の目を向けられた際には明らかに動揺した様子を見せたり、仕舞いには飛鳥に不審がられた正は誰かに電話をして、娘達を理由に電話の人物と会う約束を断っていました。

これらの点から真理子の夫・正が愛人と会う為に出張を口実に使っていた可能性が出て来ました。

特に娘に疑惑の目を向けられ、動揺した父親に対する飛鳥の全てお見通しだと語っているような何処か冷めた眼差しが、正の愛人疑惑を一層深めたといっても過言ではないです。

今はまだ俊太のことを家族として接しようとしている真理子ですが、正に本当に愛人が存在するとなれば今後の展開によっては、傷ついた真理子を俊太が支えたり、それにより心も急接近する可能性も出てくるのではないかと考えています。

秘密の授業14話あらすじ・考察

葛藤しながらも、ついに俊太と一線を越えてしまった真理子。

俊太は寝惚けていた風を装いながら、巧みな言葉で真理子に行為の続きを迫る。

俊太がすでに複数の女性と身体を重ねていることを知らない真理子は“自分が教えてあげなくては…”という使命感に駆られながらも初体験とは思えない俊太の行為のやり方に驚きと動揺を隠せない。

結局、俊太を拒めきれずに二回も身体を重ねる行為を真理子は許してしまったのであった。

真理子は俊太との行為の後、シャワーを浴びながら自分はあくまでも俊太に教育を施しただけだと自分に言い聞かせながらも、自身の身体が俊太との行為で熱を持ってしまっていたのを感じていた。

翌日、昨夜の気まずさを感じながらも俊太と朝食を取る真理子。

そんな中、俊太は願い事として、飛鳥の服を着た真理子と行為がしたいと告げて…。

秘密の授業【第14話】考察

ここからは、秘密の授業14話の考察をしていきたいと思います!

俊太と一線を越えてしまった真理子は拒めない

葛藤しつつも、ついに俊太と一線を越えてしまった真理子。

真理子はあくまでも自分は俊太に教育をしただけだと言い聞かせてますが、一度俊太に身体を許してしまった以上は今後も俊太に迫られればなし崩しに関係が続いてしまう可能性は高いですね。

何より初めて俊太と身体を重ねた際に飛鳥やつかさとの度重なる行為で経験を積んだ俊太にすでに翻弄されている節がありましたし、何かをきっかけに俊太との行為に真理子の方が依存又は夢中になってしまうという展開も出てくるのではないでしょうか。

今の真理子は妻として夫に操を立て、献身に尽くしていますが、もしかすると今後夫の浮気が明らかになり、傷ついた真理子を俊太が身体で癒やすというような状況も出てくるのではないかと予想します。

俊太の暴走は止まらなくなる?

飛鳥に続き、真理子にまで手を出した俊太。

今後は自宅の中で隙を見ては飛鳥と真理子に対し、所構わずに関係を迫る俊太が安易に想像出来ます。

飛鳥と真理子は互いに俊太と関係を持っていることを知らないまま、俊太との行為に深みにはまって行きそうです。

特に飛鳥は俊太に対して、少なからず想いを寄せている節があるので、俊太につかさ以外に女の影があることを知れば、血眼になって探しそうです。

また、自宅の中で行為に及んでしまえば俊太と真理子達の関係が葉月に露見するのも時間の問題ですね。

今後、俊太と関係を持った女性達と修羅場に発展した際に俊太が誰を選ぶのかが今から楽しみです。

秘密の授業15話あらすじ・考察

俊太の要望により飛鳥の服を着たまま、飛鳥のベッドで身体を重ねる真理子。

俊太にとって自分が初めての相手だと思っている真理子は経験者のような俊太のテクニックに驚きながらも翻弄されてしまう。

そして、洗濯機の上で俊太に求められていた真理子は俊太からの“気持ちが良いか”という問い掛けに対し、初めて肯定してしまうのであった。

俊太が真理子から自分との行為が気持ち良いという本音に有頂天になっている頃、妹と東京で買い物を満喫していた飛鳥は俊太が自分の帰りを待ち望んでいるはずだと帰宅後の展開を想像し、笑みが止まらないのであった。

家では本音を吐露した真理子と俊太がタガが外れたかのように求め合っていた。

その夜、真理子が居る夫婦の寝室に俊太が現れて…。

秘密の授業【第15話】考察

ここからは、秘密の授業15話の考察をしていきたいと思います!

俊太が他の女性達よりも真理子に夢中になってしまう?

あくまでも推測ですが…、今回の真理子と過ごした濃密な時間をきっかけに俊太が他の女性達よりも真理子に夢中になってしまうのではないかと推測します。

というのも、飛鳥やつかさ等の複数の女性達と特別な関係になった後も俊太の真理子に対する態度が変わらなかったことから俊太の本命はずっと真理子だった可能性があるのではないでしょうか。

俊太の心が真理子に向いてしまい、自分達が求められなくなったことで自分達の他にも関係を持っている女がいることに飛鳥達は気付くのではないかと考えています。

俊太との関係がますます辞められなくなる真理子

今までの真理子は俊太と身体を重ねるという行為に対し、何かと理由をつけ、あくまでも自分は“俊太に教えている”という立場を一貫していました。

恐らく、真理子にとって自分と身体を重ねる行為は気持ちいいかという俊太の言葉に同意しないことが、貞淑な妻として超えてはいけない一線だったのかもしれません。

しかし、ついに俊太との行為が気持ち良いことを俊太に問い掛けられ続け、本音を打ち明けてしまった真理子。

一度、心を許してしまった真理子は俊太との関係に罪悪感が薄くなり、俊太に求められても以前のように躊躇したり、強く俊太を拒否しない可能性が高いです。

もしかすると、身体を重ねた時に俊太に与えられた“気持ち良い”という感覚が忘れられなくなり、自ら求めるようになってしまうのではないでしょうか。

秘密の授業16話あらすじ・考察

二人きりの最後の夜。

寝室で背後から俊太に抱き締められる真理子。

最初は俊太に再度身体を求められるのかもしれないと戸惑っていた真理子だったが、俊太が実は寂しさから人の温もりを求めていただけだと知り、母性本能から今後は俊太の全てを受け入れる決意をする。

翌日、父親の出張に一緒に着いて行っていた飛鳥と葉月が帰宅する。

三日ぶりに俊太との行為に夢中になる飛鳥であった。

その後、叔父の娘・泉が4泊5日で泊まりに来る。

美少女に成長した泉に驚く俊太。

そんな中、俊太は泉の願いで海に行くことになり……。

秘密の授業【第16話】考察

ここからは、秘密の授業16話の考察をしていきたいと思います!

俊太の健気な行動に真理子の母性が…。

当初は身体の要求がエスカレートしてきた俊太に戸惑っていた真理子でしたが、今回、寂しさから人の温もりを恋しがる俊太の健気な行動に母性本能をくすぐられ、ついに全てを受け入れる決意をしてしまいました。

前回も少し考察しましたが、真理子は今後自分の身体を求めてくる俊太を今までのように拒否したり、制止することをしなくなることは予想されますので俊太との行為が頻繁になったり、より大胆に行われるようになる可能性は高いです。

もしかすると…同じ日に台所や洗面所では俊太&真理子、部屋では俊太&飛鳥と家の中の至る所で行為が行われることも今後あるかもしれませんね。

新キャラは年下の美少女!!

今回、新たに新キャラが登場しました!
今までは俊太の周りを取り巻く女性は全て年上の女性でしたが、なんと新たに登場したのは年下の美少女でした!!

しかも、年下の美少女・泉はすでに俊太に好意を持っている様子だったので俊太を巡る女性達の一人として参入してくるのはほぼ間違いないと思います。

年下の美少女・泉と俊太がどのように深い関係となっていくのか今から展開が楽しみですね。

秘密の授業17話あらすじ・考察

泉の願いにより飛鳥、真理子と共に海に遊びに来た俊太。

途中で俊太は飛鳥と一緒にコンビニまで買い出しに行くと言って真理子達から離れるも、実はコンビニには行かずに人気の無い岩影で飛鳥に誘われるまま身体を重ねていたのであった。

そんな中、中々戻らない飛鳥と俊太が心配になった真理子は荷物を泉に任せ、二人を探しにコンビニ行くことにする。

二人が行っているはずのコンビニを探して街中を彷徨う真理子。

水着姿の真理子に視線が集まる中、突如、ホームレスのような風貌の不審な男性に声を掛けられる。

すると、真理子がコンビニを探していることを聞いた男性は案内を申し出るのであった。

男性に連れられコンビニに行くも俊太達とは会えなかった真理子。

コンビニにからの帰り道、真理子は男性に半ば強引に人気の無い建物の中に連れ込まれてしまうのであった。

その頃、俊太と飛鳥はコンビニまでの道のりを歩いていた。

そこで俊太と飛鳥は飛鳥の友人・樹里と遭遇して…。

秘密の授業【第17話】考察

ここからは、秘密の授業17話の考察をしていきたいと思います!

真理子に危機が迫る?!

今回、真理子の身に危機が……?!

俊太達を探していた真理子でしたが、公園で出会った不審な男性に人気の無い建物の中に半ば強引に連れ込まれてしまう事態が発生しました。

男性の様子から真理子の身体目当てであることは間違いありませんし、真理子が心配でしかありません。

ただ、俊太が飛鳥を連れ込んだ路地裏の場所真理子が連れ込まれた建物のある場所が酷似している点からもしかすると偶然が重なり、真理子の危機に気付いた俊太が間一髪のところで真理子を救い出すという展開も出てくるのではないでしょうか。

俊太と飛鳥の関係に気付くのは飛鳥の友人・樹里

改めて飛鳥の友人・樹里が登場しました!

恐らく、樹里が俊太と飛鳥が姉弟を越えた深い関係にあることに気付くのはそんなに時間はかからないと思います。

というのも、樹里は以前から飛鳥には彼氏、又は好きな男性が出来たのではないかと疑っていました。

なので、もしかすると俊太と飛鳥が深い関係にあることは気付かないとしても、今回俊太と一緒にいた飛鳥の様子から飛鳥の想い人が俊太であることを勘づいた可能性は高いと考えています。

俊太と飛鳥の関係に気づいた樹里が飛鳥にとって恋のキューピットになるのか、もしくは俊太を巡るライバルの一人になるのか今後の展開に注目ですね。

秘密の授業18話あらすじ・考察

真理子が連れて来られた店はカラオケ屋で、実は真理子を狙ったホームレスかと思われた男性はカラオケ屋の怠け者社長であった。

その頃、真理子がいるカラオケ屋の裏路地では飛鳥と俊太が行為を行っていた。

飛鳥は俊太をやんわりと制止しながらも、人に目撃されるかもしれないという状況により一層興奮するのであった。

カラオケ屋の社長の前で一曲歌った真理子は何故かバイトに合格するも、家事が忙しいという理由で社長の申し出を断り、裏口から外に出ようとする。

しかし、真理子がドアを開けようとするも途中までしか扉が動かず、困惑する。

実はその扉一枚を隔てた外では飛鳥と俊太が行為を行っており、開こうとした扉を咄嗟に押さえた飛鳥。

結局、飛鳥と俊太は隙間から扉のドアを押さえている人物が飛鳥だと気付いた真理子にドアを開けるように要求されながらも最後まで真理子にバレずに行為を行ったのであった。

その後、泉が待つ海に戻った俊太と真理子達。

一通り遊んだ真理子は疲れた為、先に着替えようと岩陰に行くもそこに俊太が現れて……。

秘密の授業【第18話】考察

ここからは、秘密の授業18話の考察をしていきたいと思います!

怪しい男性はカラオケ屋の怠け者社長だった??

見た目や雰囲気の怪しさから真理子を狙うホームレスかと思われた男性は…まさかの作画担当がコンテから想像を膨らませ拡大解釈した際にハプニングで出来上がった男性らしいです(笑)

現在進行形で怪しさ抜群の男性ですが、どうやら真理子に危害を加えるつもりはないことに安心しました。

カラオケ屋の店長という縁から誰かがこのカラオケ屋でアルバイトする、もしくは俊太が飛鳥や真理子達と利用しに来る等でカラオケ屋が舞台となるストーリーが出てきそうですね。

もしかすると“設定”やら、“制作”という言葉を発していることからこの怪しい男性は恐らく今後も状況によって立場や役柄を変えて出てくる可能性も…。

俊太と女性達の関係が泉に露見する可能性が・・・。

飛鳥とはコンビニに行く途中の路地裏と海の岩陰ですでに2回も行為をした俊太ですが、今度は海の岩陰で着替えようとする真理子にも迫るなど全く落ち着く様子がありません。

色々な女性と関係を持ち、男とし自信を持った為か、至る所で自分と深い関係を持った女性に強引に行為を迫るなど過激でエスカレートする俊太。

正直、俊太と彼が関係を持った女性達のことが第三者に露見してないのが不思議なくらいです。

あくまで推測ですが、俊太が真理子、もしくは飛鳥と深いの関係にあることに泉が気付き、俊太に好意を持っている泉が誰にも言わないことを条件に俊太に関係を迫るというパターンもあるのではないでしょうか。

というのも、現時点では俊太は泉のことを女性として全く意識をしていない所か、興味を持っていません。

なので、今までは自分の欲望に忠実に従い、親しい女性にことある事に関係を求めていた俊太が今度は女性から明らかな好意を持って関係を迫られる展開も出てくるのではないかと推測します。

秘密の授業19話あらすじ・考察

真理子のいる岩陰に現れたと思ったら、そのまま関係をせまり始める俊太。
そんな俊太に困惑し、最初は抵抗していた真理子だが、色々言い訳して流されるうちに、彼女もその気になってきてしまった。

その結果、俊太と外の砂浜で行為に及ぶことになり、俊太のされるがままになる真理子。
そしてなんだかんだ頭のなかで言い訳しつつも、真理子は夫との行為より感じ、さらには俊太を責めたりもしないのだった。

こうして、色々あった海水浴が終わり帰ることになった一行。
すると、俊太以外の人たちは眠ってしまったので、一人起きていた俊太は、ビキニのまま乗った飛鳥にちょっと手を出すことに。

ただそんな時、急に俊太は同じバスに乗り合わせたらしい洋とつかさに声をかけられ、動揺する。
そしてそのうちに皆その声で起き始めて、バスの帰り道はなにも変なことなど起きずに楽しく終わるのだった。

だがそんな夜のこと、偶然にもキッチンで出くわした俊太と飛鳥は、お互いに絶妙な空気に。
しかしお互い、泉のことが気になって先には進めず、数日ほど悶々とした時間をお互いに過ごしていた。

けれどそのうちに泉が帰る日になり、俊太はなにやら泉に意味深な言葉をかけられる。
しかしそんな泉の言葉より、飛鳥と行為をすることで頭がいっぱいな俊太は、同じ気持ちをかかえていたらしい飛鳥と、泉が帰った早々に関係を持つことになり―――――…

秘密の授業【第19話】考察

ここからは、秘密の授業19話の考察をしていきたいと思います!

泉はここまでのことを知っていたのか?

泉が帰ることになったわけですが、急になんだか意味深なことを言ってきましたね。
もしかして、泉は少なからず、俊太が飛鳥や真理子と関係を持っていることを、知っていたのでしょうか?

それか、泉は俊太に好意を寄せているようだったので、俊太が飛鳥たちを特別な目で見ている…と思っただけかも?
だからこそ、もしや「俊太は年上(大人)が好き」ぐらいにしか思っていないのかもしれませんね。

でも、今後ここまで俊太があっちこっちで迫っていたら、次はバレるような気がします。
むしろ飛鳥も俊太もエスカレートして我慢できずに、ガードがゆるくなってしまうこともあり得るのでは?

そうなったら、すぐにバレそうな気がするので、次に泉が登場するときには関係がバレるかもしれませんね。
またはバレないとしても、「大人になった」証明で、泉が俊太に迫ってくることはあり得るかな~と思います。

葉月の気持ちは?みんなの関係を察している?

そしてちょっと気になるのが、今回もなんだか意味深に挟まれた葉月のこと。
ちなみに、皆が寝ているときに何かを考えている?っぽい感じだったんですが、一体なんだったんでしょうか?

もしかしたらやっぱり、飛鳥や真理子と俊太の関係に気づいていて、それを陰ながら見守っている?感じなんでしょうか。

それかもしかして、そろそろ葉月も俊太との関係に参戦してくるような、そういうフラグだったりしますかね?

または、次回色々耐えて耐えて爆発するだろう飛鳥と俊太の行為が、あまりにもうるさくて葉月にバレてしまう(確信をつかんでしまう)とか?

ともあれ、葉月だけなにか何もない…というのも変な感じなので、どこかでなにか起きそうな予感はしています。

秘密の授業20話あらすじ・考察

久しぶりの行為に夢中になる飛鳥と俊太。

俊太は飛鳥との行為での主導権を完全に握り、時折飛鳥に命令しながら好き勝手に行為に及んでいく。

飛鳥は“俊太の好きにされてる…”と自覚しながらも、俊太との行為に夢中になるのであった。

そんな中、飛鳥の友人・樹里が自宅にやって来る。

俊太は自身も洋を自宅に招き、飛鳥の部屋で楽しい時間を過ごす。

深夜、目が覚めた俊太の目に飛び込んで来たのは薄着のまま無防備に眠る飛鳥の姿で…。

秘密の授業【第20話】考察

ここからは、秘密の授業20話の考察をしていきたいと思います!

俊太は飛鳥の友人・樹里とも関係を持ってしまうのか

飛鳥の友人・樹里が再び登場しました!

以前も少し考察しましたが、やはり樹里も飛鳥やつかさのように俊太を取り巻く女性陣の一人になる可能性が高そうです。

ただ、つかさや飛鳥とは異なり樹里が俊太に対し、恋愛感情を持っているのかまでは明らかになっていません。

しかし、樹里が俊太のことを気に入っている様子は所々見られますし、何かがきっかけで好意に発展してもおかしくないと思います。

もしかすると、今回のハプニングがきっかけで…という展開も期待してしまいますね。

望遠鏡は俊太と女性達との関係が葉月に露見する伏線?!

今回も相変わらずクールビューティでインテリ女子な葉月。

葉月は俊太に対しても冷たい印象があるので今の状態では俊太とは飛鳥やつかさのような関係にはならなそうですが、今回は気になるワードが…。

それは葉月が「望遠鏡」を使って天体観測をするということです。

これは葉月が俊太と女性達との親密な行為を「望遠鏡」で目撃するという伏線ではないでしょうか。

俊太の相手としては身体を重ねる頻度が高い飛鳥との関係が葉月に露見すると考えるのが妥当ですが、今回の樹里とのハプニングが葉月に「望遠鏡」で目撃されるいう可能性もあるかと…。

どちらにしても俊太と女性達との関係がそろそろ誰かに露見してもおかしくないと思いますが…。

秘密の授業21話あらすじ・考察

葉月が新品の望遠鏡で天体観測をしていた頃、俊太は事故のような偶然が重なったことで寝ている樹里から下半身が愛撫を受けるという事態に陥っていた。

樹里の行為に必死に耐えていた俊太だったが、最後は我慢出来ずに達してしまう。

目が覚めた樹里は女性経験の無い俊太が自分に欲情したと勘違いし、俊太をシャワールームに連れて行き、罰と称して秘密の授業を開始してしまうのであった。

翌日、樹里は俊太と後日会う約束をして早々に帰宅する。

そんな中、洋とつかさの容姿について会話していた俊太はつかさと会えない日々を寂しく感じていた。

後日、樹里と約束通り会う俊太。

俊太と再会した樹里はスマホでホテルを検索しながら不敵な笑みを浮かべていて…。

秘密の授業【第21話】考察

ここからは、秘密の授業21話の考察をしていきたいと思います!

樹里は…危ないお姉さん??

ついに俊太は樹里とも深い関係を持ってしまいました。

しかも、樹里は飛鳥やさつき達とは異なるタイプの女性のようです。

というのも、樹里は俊太はまだ男性として女性の身体を知らず、純朴な青年だと勘違いしたまま関係を持ちましたが、その際に俊太に掛けた“教えてあげる”や“ご褒美”などの言動の数々から樹里には「危ないお姉さん」の匂いがプンプンしました。

もしかすると少しSっ気がある樹里には、俊太のような年下の男性や女性経験の浅い男性をターゲットにする傾向があるのかもしれませんね。

もし、そうであれば樹里は海水浴に来ていた飛鳥に遭遇した時から一緒にいた純朴そうな俊太に目をつけていたのではないでしょうか。

そう考えると今回の飛鳥宅への突然の来訪にも辻褄が合います。

ただ、樹里が俊太はまだ女性関係は未経験だと勘違いしていた点から飛鳥と俊太が男女の関係であることは知らなそうなので純粋に遊びに来たという展開も捨てきれませんが…。

会えない日々が続き、つかさが恋しくなる俊太

今回、つかさと会えない日々を俊太が寂しく感じていることが明らかになりました。

もしかすると…つかさとの会えない日々が続くことで俊太のつかさに対する気持ちに変化が芽生えることになるのではないでしょうか。

今までの俊太は自身の欲望や欲求の赴くまま女性達と軽い気持ちで関係を持ってしまうことが大半でした。

しかし、俊太がつかさに対する想いが恋愛感情に変化したり、つかさと交際に発展することになれば深い関係を持った女性達と関係を終わらせるという展開も出てくるのではないかと推測します。

今までは表立って俊太を巡る対決はありませんでしたが、今後は飛鳥VSつかさのような直接対決や修羅場も出てくると思います。

秘密の授業22話あらすじ・考察

俊太が樹里とデートをしている頃、葉月も買い物をする為に街に繰り出していた。

食事を終えた樹里と俊太がゲームセンターで遊んでいる中、葉月は書店で難しそうな本を購入していた。

目的の本を購入することが出来て満足した葉月が帰宅の途についていると、腕を組んで恋人同士のように寄り添いながら歩いている俊太と樹里を目撃する。

二人の動向が気になり、尾行していた葉月が見たのはホテルに入っていく俊太と樹里の姿であった。

現実を受け止めきれない葉月を他所に俊太は樹里と身体を重ねる行為に夢中になっていた。

自宅で家族で夕食を食べていた時、天体ショーの話題になる。

山に登りたいが、望遠鏡が重くて山に1人で行けないと悩む葉月に対し、俊太から予想外の申し出があり…。

秘密の授業【第22話】考察

ここからは、秘密の授業22話の考察をしていきたいと思います!

今回のことをきっかけに葉月も俊太を意識し始める?

ついに葉月が俊太に女性経験があることを樹里とホテルに入るところを目撃するという形で知ってしまいました。

正直、葉月が俊太と女性との親密な関係を目撃をしてしまう相手は暇さえあれば家の至るところで行為を行っている姉・飛鳥か、なんだかんだで俊太からの押しに弱く、拒むことが出来ない母・真理子かなと思っていましたので目撃する相手が樹里とは以外でした。

ずっと子供だと思っていた俊太が樹里のような綺麗な女性と関係を持っているという事実は葉月にとってはかなり衝撃的ですね。

ただ、今回の件をきっかけに葉月が俊太のことを異性として強く意識し始めることは間違いなさそうです。

天体ショーで葉月と俊太の距離が縮まる

普段から俊太に対し、飛鳥から注意をされるほど冷たい態度を取っていた葉月。

思春期ならでは反応とも見えますが、俊太に対して中々辛辣だったのを思い出します(笑)

そんな中、天体ショーを見る為に葉月と俊太が一緒に山に行く展開が舞い込んで来ました。

これは…ついに葉月とも深い関係になるという伏線ではないでしょうか。

ここに来てまさかのツンデレ全開の葉月に目が離せないです。

秘密の授業23話あらすじ・考察

葉月から望遠鏡を持つ要因として一緒に天体ショーを見に行くことを了承して貰い、喜ぶ俊太。

その夜、葉月の自室ではパソコンに向かって一心不乱に文字を打ち込んでいる葉月の姿があった。

実は小説家を目指していた葉月だったが、そのストイックさ故に小説を書く上で欠かせない男女間の営みの箇所が経験が無い為にインスピレーションが湧かずに悩んでいた。

自身の経験が無いことを小説に書けないと悩む葉月の脳裏にあられもない姿の樹里が浮かぶ。

葉月は俊太は本当に樹里と深い関係を持ったのかと自問自答しながら眠りに着くのであった。

翌日。

飛鳥は友人と出掛け、葉月は図書館に資料集めに行き、俊太は洋に会う為に出掛けて行く。

子供達が出掛けてしまい、家に一人残された真理子はこの機会を逃すまいと家中の掃除に取り掛かるのであった。

そんな中、俊太は洋と些細なことで気まずい雰囲気になってしまい…。

秘密の授業【第23話】考察

ここからは、秘密の授業23話の考察をしていきたいと思います!

葉月は小説を書く為に俊太と男女の関係を持ってしまうのか

今回、葉月の夢が小説家であることが明らかになりました。

秀才でクールな葉月らしい夢ですね。

しかし、そんな葉月ですが良い小説を書く上で欠かせない男女間の営みの話が、経験が無い為に書けないというスランプに直面していました。

「読者を満足させる為には中途半端に書くことは出来ない」というストイックさはまさに自身の経験談を小説に書く為に俊太と男女の関係を持ってしまう伏線としか考えられません。

今までの展開から推測するに…すぐに男女の関係に発展しなくても天体ショーで俊太と葉月の仲が深まる可能性は高いと予想します。

俊太と洋の仲違いは、洋の姉・つかさ登場の伏線か

いつも仲の良い俊太と洋ですが、今回些細なことがきっかけで気まずい雰囲気になってしまいました。

大きな喧嘩に発展したわけではないですが、逆にこういうパターンの方がなんだかんだと長引いてしまいそうですね。

もしかすると、そんな二人の仲を元に戻す為のお助けキャラとして洋の姉・つかさが久しぶりに登場するかもしれません。

秘密の授業24話あらすじ・考察

俊太から胸を執拗に愛撫される真理子。

真理子は言葉では俊太を制止しながらも、今回も最後まで俊太を受け入れてしまうのであった。

その夜、寝室のベットで横になっていた真理子は俊太と身体を重ねた時を思い出していた。

俊太との行為が許されないことだと理解しながらも、自分が最後まで責任を取らなくてはと思う真理子。

そんな中、真理子は俊太が自身の胸に異常に執着していたことを思い出す。

真理子はもしかすると俊太は幼い頃に負った心の傷がまだ癒えていないのではないかと考え、自分が最後まで俊太の面倒を見ることを改めて決意するのであった。

翌日の晴天に恵まれた朝、葉月と俊太は天体ショーを見る為に二人で山に向かい…。

秘密の授業【第24話】考察

ここからは、秘密の授業24話の考察をしていきたいと思います!

幼い俊太の身に起きた事件とは…

俊太と一線を越えた日から俊太に対し、歯止めが利かなくなってしまった真理子。

今の真理子は俊太の欲望のままに自身の身体を与えてしまってますね。

しかも、飛鳥だけでなく、真理子も俊太に求められてしまえば自宅の至る所で俊太と身体を重ねてしまっているのでいずれ家族の誰かに露見するのは時間の問題だと思いますし、その際は修羅場になること間違いなさそうです。

そんな中、気になったのが真理子が度々気遣う様子を見せる俊太の過去です。

真理子の言葉から推測するに俊太には幼い頃に何か悲しい事件に巻き込まれた過去があり、それ故に真理子は俊太に対して親代わりとしての責任感や使命感が強いようです。

でわ、俊太の幼い頃に起きた事件とは一体何なのでしょうか。

もしかすると…俊太は両親を目の前で亡くした過去があるのではないでしょうか。

真理子は俊太が自身の胸に拘っていたのは幼い頃に亡くした母親の面影や両親がいない寂しさを自身に求めていると考えている節があります。

真理子の俊太に対する想いや使命感や過去のストーリーから推測するに…俊太が幼い頃に起きた事件とは俊太の亡き両親に関することで間違いなさそうです。

秘密の授業25話あらすじ・考察

秘密の授業25話あらすじ・考察は「コミックシーモア」で配信され次第、更新します。

漫画「秘密の授業」の作品情報

漫画「秘密の授業」の作品情報をご紹介します!

作品情報
作品秘密の授業
作者ミナちゃん,王鋼鉄,Rush!編集部
出版社/レーベルRush!/シーモア×Rush!
ジャンル

青年漫画,ラブコメ,お色気

巻数24巻
公式サイト無し
公式Twitter無し
Wikipedia無し

漫画「秘密の授業」の作者ミナちゃん,王鋼鉄,Rush!編集部の関連作品

「秘密の授業」の作者であるミナちゃん,王鋼鉄,Rush!編集部先生は、他にも以下のような漫画を描いてます!

秘密の授業」が好きな人なら気に入ると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

作品名

あらすじ

「バレないように、奥まで挿入れて…」深夜のネカフェで秘密の交わり

「バレないように、奥まで挿入れて…」深夜のネカフェで秘密の交わり 

「早くソレ…挿入れて…?」誰もいない空き部屋で、欲望のままに快楽を貪る…っ!――行きつけのネカフェの美人店員たちが、唯一の心のオアシスである売れないアラサー作家・大吾。だけどある日、そんな彼女たちに誘われるがまま…!? 夜も更け利用客も少なくなった店内、壁を一枚挟んだ向こう側…身体同士をぶつけ合う音だけが静かに響き渡る。「待って…イッてるから…っ!」段々と荒々しくなっていく腰付きで、何度も何度も絶頂に達し…――朝まで止まらない濃厚セックス!!
パンティーノート ~下着で交わる秘密ごと~(フルカラー)

パンティーノート ~下着で交わる秘密ごと~(フルカラー) 

「世界で1番美しいものは女性のパンツだ」
公務員試験に落ち、就職浪人中の大野健斗は、ある日、道端で1冊のノートを拾う。このノートを所有した者が女性のパンツを見て、その女性とどんなふうにシたいか書くと、それが叶うというのだ。
健斗はこのノートに書いてあることが真実なのか確かめるため、女性のパンツを求め、奮闘し始める!果たして、彼はパンティーノートを使いこなし、たくさんの女性達とデキるのか!?【桃色エンジェル】
ハーレム×ハーレム

ハーレム×ハーレム 

「俺は――童貞を卒業する」幼い頃に母を亡くし男手ひとつで育てられた、26歳童貞・翔一。そんなある日、父が自分よりも年上の女性・麻奈美と再婚することに。新しい生活にも慣れてきた頃、麻奈美から美しく魅力的な3人の女友達を紹介される。その姿に欲情した翔一はいつも通りアダルト動画を見ると――そこには麻奈美とその友人達の姿が。画面の向こうで乱れる彼女たちを見て、裏切られた気持ちとは裏腹に高まる欲望は抑えられず…「どうしても彼女たちとヤリたい…!」そこで翔一の考えた作戦は――!?

漫画「秘密の授業」関連の青年漫画,ラブコメ,お色気作品

作品名

あらすじ

パラダイス・プール

パラダイス・プール 

「俺は――童貞を卒業する」幼い頃に母を亡くし男手ひとつで育てられた、26歳童貞・翔一。そんなある日、父が自分よりも年上の女性・麻奈美と再婚することに。新しい生活にも慣れてきた頃、麻奈美から美しく魅力的な3人の女友達を紹介される。その姿に欲情した翔一はいつも通りアダルト動画を見ると――そこには麻奈美とその友人達の姿が。画面の向こうで乱れる彼女たちを見て、裏切られた気持ちとは裏腹に高まる欲望は抑えられず…「どうしても彼女たちとヤリたい…!」そこで翔一の考えた作戦は――!?
カノジョの弱みを握ったら

カノジョの弱みを握ったら 

大手法律事務所に勤め、順風満帆な日々を過ごす東慎太郎――だがその実態はコネ入社の底辺契約社員。ある日の出勤中、同じ事務所の弁護士が痴漢を行っている現場に出くわしても、保身に走って何もすることが出来ない始末。「その手をどけなさい!」そんな中、颯爽と現れ事態を解決したのは一人の若い女性。その正体は――所属事務所に新たにやってきた、司法試験最年少合格弁護士!?この日を境に一変していく慎太郎の日常。それには彼女のとある”弱点”が関係していて――!?

引用:コミックシーモア

漫画「秘密の授業」が好きな方におすすめのシーモア×Rush!作品

作品名

あらすじ

嘘とセフレ

嘘とセフレ 

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…!見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?
ハーレムライフ

ハーレムライフ 

友人の家に居候する、一浪大学生・高坂ミキ。ある夜、居候先の友人の母・日向春香がひとりでエッチな動画を見ているところを目撃してしまう。それからというもの、気まずい日々を過ごすミキ。そんなある日彼女から自身の営む美容室に誘われる。しかし、そこで待っていたのはあられもない春香の姿だった!?「これからどんな顔して会えば…」重い足取りで帰路につき、自分の部屋に戻ると何故かそこには春香の姿があって――!?
もしも、幼馴染を抱いたなら

ハーレムライフ

「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

引用:コミックシーモア

まとめ

秘密の授業全話あらすじまとめでした。
正直、あらすじよりも絵付きで読みたいと思ったら「コミックシーモア」がおすすめです。

「コミックシーモア」は、秘密の授業先行配信サイトなので全巻読むことができますよ。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてくださいね。

「秘密の授業」を全巻無料で読めるサイト・アプリ・読み放題サービスを徹底調査!

おすすめの記事