お嬢と番犬くんのサムネ画像

漫画「お嬢と番犬くん」の全話あらすじ・考察まとめになります。

最新話あらすじ詳細も随時更新していきますのでチェックしてみてください♪

あらすじ詳細ではなく絵付きで「お嬢と番犬くん」を読みたい場合は、U-NEXTで今すぐに「お嬢と番犬くん」の単行本が無料で読めますよ。

\お嬢と番犬くんを無料で読む/

U-NEXT公式ページ

ちなみに、まだ最新話を読んでいない!という方や、単行本の最新刊を読みたい!という方は、

U-NEXTの31日間無料体験でGETできる600ポイントで、最新刊の漫画も無料で読むことが出来ます。

先に漫画本編を読んでからの方が考察は何倍も面白くなるので、まだの方は是非どうぞ!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

お嬢と番犬くん 最新話【第31話】考察

次回のお嬢と番犬くん【第31話】は別冊フレンドにて、10月13日配信予定になります!

お嬢と番犬くん 最新話【第30話】考察

宇藤啓弥と初デート中に四道と出くわした瀬名垣一咲。

四道は啓弥には尾行がバレていると悟り、挨拶程度に言葉を交わし去ろうとします。

しかし、クマのぬいぐるみを嬉しそうに四道と似ていると話す一咲の声が耳に届きます。

踵を返して一咲に向かってクマのぬいぐるみを買ってあげると言う四道。

ここまで置いてきぼりの啓弥、当然黙っていません。

ぬいぐるみの大きさを愛の大きさに置き換え、より大きなぬいぐるみをプレゼントすると意地を張り合う男二人。

ですが、大男が抱えるほどの大きなぬいぐるみなど部屋に置けません。

結局、常識的な大きさのぬいぐるみを二人ともプレゼントするで決着。

その日の夜、お礼を言おうと四道の部屋を訪れる一咲。

四道は一咲を部屋の中に招き、一咲が啓弥と付き合えて幸せだと分かっていながら、啓弥との交際はやめなさいと告げます。

一咲の母、翠は裏社会に生きる男との未来を望んでいないと語りつつ、15年前を思い出す四道でした。

お嬢と番犬くん【第30話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん30話の考察をしていきたいと思います!

四道と亡き翠の過去に何が!?

娘にまっとうな人との未来を望んだ母、翠。

これは娘を愛する親であれば、当然といっていいほど一般的な考えですね。

しかし、極道の娘だった翠が言うと、一層真実味があります。

一咲の父親については、これまた殆ど明かされていません。

もしかしたら翠の言葉は、結婚相手、つまりは一咲の父親が祖父と同じ極道だから、経験したからこそのように聞こえます。

ですが、何故その願いを四道が知っているのでしょうか。

15年前にいったい何が起きたのか、次回も楽しみです!

お嬢と番犬くん 最新話【第28.5話】考察

早速、第28.5話の考察をしていきます!

その前にまずは、第28.5話の簡単なあらすじを紹介します。

お嬢と番犬くん【第28.5話】あらすじ

四道國孝と名乗った関西弁の美丈夫。

そこへ一咲の祖父が現れて四道が暫くの間、居候すると言います。

四道は啓弥の先輩で今は分家して瀬名垣組ではありませんが、一咲の祖父が次期若頭にしようと考えてたほどの人物です。

しかし、一咲にとっては知らない人で一緒に暮らすことに緊張を覚えてしまいます。

数日後、ある切っ掛けで四道から四道と一咲の母親、翠との関係を聞きます。

四道と翠は簡単に言えば一咲と啓弥みたいな関係で、四道は翠に好意を抱いていました。

それだけに翠の死を割り切れておらず、また一咲に翠の面影を重ねていたのです。

そうとは知らず、母親との思い出話で四道と打ち解けることができて笑顔を浮かべる一咲。

一方で四道は、同日の夜、廊下でキスする啓弥と一咲を見て鬼のような形相で啓弥を睨むのでした。

お嬢と番犬くん【第28.5話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん28.5話の考察をしていきたいと思います!

四道國孝、新たな恋敵?

啓弥と同程度のイケメンで大人の色気がありつつギャップもある四道。

四道自身のスペックからは恋のライバルとなる可能性は十分にあります。

ですが、四道はこれまで登場した恋敵とは大きく異なる印象ですね。

そもそも四道は翠より5歳年上なので、比喩ではなく本当に親と子供の年齢差があります。

しかも、翠の死を割り切れていないとしても、翠への想いまで一咲に投影するでしょうか。

あくまで主観になりますが、四道が一咲に抱く好意は親愛に近いものだと感じます。

四道がどういう立場を取るのか、今後が楽しみです!

お嬢と番犬くん 最新話【第28話】考察

早速、第28話の考察をしていきます!

その前にまずは、第28話の簡単なあらすじを紹介します。

お嬢と番犬くん【第28話】あらすじ

午後11時、日曜日があと少しで終わろうとする中、明日は啓弥と居られると想いを馳せる一咲。

交際を始める前と比べて生活に大きな変化はありません。

ですが、以前とは異なり離れ離れの時間が長く感じてしまいます。

そして、それは啓弥も同じです。

突然、一咲の部屋にスーツ姿のまま現れる啓弥。

啓弥は一咲に会うために仕事を抜け出してきたようで、お互いに同じことを思っていたと知って嬉しく思う啓弥と一咲でした。

翌日の放課後、帰宅した一咲は四道國孝と鉢合わせます。

四道は顎から口元にかけて大きな刀傷が目立つ美丈夫で啓弥とも面識がある様子。

啓弥にとっては、さんと敬称を付ける相手ですが、お互いにお互いを敵視とまではいかなくとも嫌っているようです。

その男が真面目な顔で一咲に名前を告げて、よろしくと言うのでした。

お嬢と番犬くん【第28話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん28話の考察をしていきたいと思います!

四道國孝の正体

一咲と啓弥の恋が順調に進む中、またも新登場の男が現れました。

四道なる男は一体何者で、何の目的で一咲に挨拶をしたのでしょうか。

若頭の啓弥が敬称を付けて呼ぶ相手ですので、瀬名垣とは別の組所属、かつ啓弥と同じ若頭かそれに近い地位と思われます。

仮に若頭だとすれば、他の組の若頭が挨拶したということで結構な大事かもしれません。

四道の様子からもただの挨拶とは思えませんので、田貫のような恋のライバルという線は無さそうです。

お嬢と番犬くん 最新話【第27話】考察

早速、第27話の考察をしていきます!

その前にまずは、第27話の簡単なあらすじを紹介します。

お嬢と番犬くん【第27話】あらすじ

啓弥の部屋から出てくるところを祖父に見られてしまい青褪める一咲。

話し声を聞いて啓弥が部屋が出てくると、啓弥と一咲を見て何かを悟る祖父。

祖父は夜に話しがあると告げて去っていきますが、一咲は関係がバレてしまい反対されるかもしれないと不安になります。

ですが、予想に反して祖父は呆気なく二人の関係を認めます。

祖父はずっと前から一咲の啓弥への想いも、啓弥の一咲への想いも知っていました。

やっと交際をスタートさせたと喜ぶ祖父ですが、年相応の付き合い方をしろと釘を刺します。

祖父から注意を受けた一咲と啓弥ですが、心配なのは啓弥です。

けれども、啓弥も先の喧嘩で深く反省していて、今すぐにとは考えていません。

いつかその時が来たらと約束するのでした。

お嬢と番犬くん【第27話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん27話の考察をしていきたいと思います!

交際に待ったがかかる!?

祖父に見られた時はどうなることかと思いましたが、あっさりと認められました。

思っていたよりも早い展開ですが、認められたことで晴れて交際をスタートできます。

同じ家で暮らしていて、家族全員に秘密にしなければならないとなると、啓弥はよくても一咲がどこかで参っていたかもしれません。

そう思うと、これはこれでアリかなと感じます。

もっとも、祖父は好意的でしたが、他の者はどう思うのでしょうか。

一咲は組員全員を家族と捉えていますので、やっぱり全員から祝福されたいですよね。

トップが認めたので早々ないとは思いますが、他の誰かが交際に待ったをかけるかもしれませんね!

まとめ

以上、お嬢と番犬くんの最新話までの考察・展開予想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。

無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

 

最新キャンペーン情報

キャンペーンまとめ

おすすめランキング・特集

ランキング記事一覧

人気記事

今話題の記事一覧