逃げ上手の若者のサムネイル画像

2021年3月8日発売日の週刊少年ジャンプ2021年14号、新連載作品最新話!
逃げ上手の若君【第7話】最新話ネタバレと感想をまとめましたので紹介します。

ちなみに前回のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これから逃げ上手の若君【第7話】のネタバレを含む内容を紹介します。

もしネタバレではなく、絵付きで「逃げ上手の若君」の漫画を読みたい方は「U-NEXT」を利用すれば無料で読めますよ。

U-NEXT公式サイト

逃げ上手の若君【第7話】最新話のネタバレ

前回のあらすじ

狩りの最中に遭遇した魔獣、牡丹を郎党と協力して仕留めた北条時行。

郎党と協力して大物を仕留めたことで、時行の心の中に郎党への強い信頼が生まれる。

けれども、尊氏の命を受けた弓の名手、小笠原貞宗が時行を狙っていた。

 

【小笠原貞宗、襲来】

鎌倉時代では現代のように兵科という考えが無く、武士一人で全ての武器を扱えることが求められた。

その時代にあって時行は、刀すらまともに扱えない。

どんな時でも逃げれる体勢を維持しようとすれば、腰を入れた振り方はできない。

郎党の一人、弧次郎は鍛錬すべしと言う。

しかし、諏訪頼重はそれでは長所である逃げの技術を失うと反対する。

そのように酷評される時行だが、弓の腕前は筋が良く、逃げながら弓で敵を倒す術をどのように習得させようと思案する。

このような中で新たに守護となった小笠原貞宗が諏訪神社を訪れるのだった。

 

【敵をも認める北条時行の度量】

時行を小屋に隠して小笠原と対面する頼重。

貞宗が信濃守護となったことは、諏訪神社の面々からすれば驚きの一言。

これまで諏訪の下働きだったことを思えば受け入れがたい。

だが既に任は出されており、守護となった貞宗は北条一族を引き渡せと強気に命じる。

対して頼重は匿ってなどいないと否定するが、貞宗の稀有な目は時行の姿を捉えていた。

尤もあくまでも今回は挨拶のみであり、手土産代わりに弓術の腕前を披露して去っていく。

巫女、栄の耳を撃つという所業は武士としては恥ずべき行為。

けれども、弓の腕前だけには感嘆を覚える時行。

時行の度量に大将の資質を垣間見る同時に頼重は、いい案が閃いたと顔を綻ばせながら貞宗の弓の技術を盗み見て奪えと助言するのだった。

 

 

逃げ上手の若君の漫画をU-NEXTですぐに無料で読む

以上、逃げ上手の若君【第7話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

今回の最新話を無料で読むことはできませんが、電子書籍サイト『U-NEXT』を利用すれば、最新刊や単行本なら無料で読むことができます。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに「逃げ上手の若君」が無料で読めますよ。

逃げ上手の若君漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

「U-NEXT」公式サイト

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

逃げ上手の若君【第7話】最新話ネタバレの感想

時行の武器が決まりましたが、やはり刀を武器に前線で奮闘するとはいかないようですね。

弓という武器を伸ばす方針ですが、弓と言えば遠距離武器です。

時行はいずれは兵を率いる大将となるわけですが、弓という武器のみでそれが可能とは思えません。

先頭で兵を率いつつ弓という武器で近距離の敵を倒す・・・と思うとどうしてもチグハグですよね。

そこをどんな風に解決するのか、不安半分、期待半分といったところ。

同時に敵である貞宗からどんな技術を得るのか、今後が楽しみです!

次回、逃げ上手の若君【第8話】掲載の週刊少年ジャンプ2021年15号の発売日は3月15日になります!

まとめ

以上、逃げ上手の若君【第7話】最新話のネタバレと感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

2021年3月 漫画売れ筋ランキング