にぶんのいち夫婦のサムネ画像

にぶんのいち夫婦のあらすじ紹介を全話更新中!

まんが王国で先行配信作品している「にぶんのいち夫婦」を、どこよりも早く更新していきます!

ちなみに、まんが王国でにぶんのいち夫婦を1話から全話まで試し読みできますので、まだ見たことがない方はチェックしてみてください。

\今なら1巻無料中!お早めに!/

にぶんのいち夫婦を無料試し読み

>>「にぶんのいち夫婦」を先に無料で読みたい方はジャンプ<<

目次

「にぶんのいち夫婦」特別編1 前編のあらすじ・考察

子供の頃、保護猫の譲渡会にて出会った、
少々気の強い猫のことと、それに関するエピソードを思い出す樋口。

そしてそんな樋口は、
文のことをまだ過去にしきれず思いを引きずり続けていた。

するとそんな樋口を、意外にも高梨が食事にさそい
そこで樋口は、高梨に聞き出される形で、今後の進路のことも明かす。

ただ高梨と話していると、樋口は少しずつ元気を取り戻し
そのうちに少しずつ、高梨の言葉で色々と考え、思い出すことも出てきた。

というのも、実は樋口はあの譲渡会で見た強気な猫を、家に引き取り、
居心地の悪い家の中で、唯一一緒にいてくれる存在として、大切に飼っていたようだ。

しかしある日、学校から戻った樋口は、飼い猫がいつの間にか亡くなっていたのを発見し、
自分の無力さを嘆く結果になってしまう。

そしてそんな思い出を心に、数日後今後の進路である留学に向け、
自分の荷物をまとめ始めていた樋口は、なにやら家に誰か来たようで――――…?

にぶんのいち夫婦 【特別編1 前編】 考察

ここからは、特別編1 前編の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

来訪者は誰?→文?それとも…

まず、今回気になるところで終わってしまったこの件。
留学のために荷物をまとめているようですが、果たして樋口の家を訪れたのは誰でしょうか。

一番有力というか、その後の展開が色々と気になるところでいくと、
来訪者は文…であることが妥当かと思います。

もちろん、その際は和真も一緒に来るでしょうし、
そこで和真が樋口に不器用にお礼を言うことで、樋口の行いが報われ
樋口が持っているトラウマ?的なところが浄化される…という流れになるのかも。

でも意外?な線で行くと、もしかしたら来訪者は、樋口の母親とか、
樋口がトラウマを持つきっかけになった、親族関連である可能性もありますね。

その場合は、おそらく樋口が過去のことなどを振り返り、
あの時自分以外の人がどう思っていたか…を知ることで、何か吹っ切れる流れかもしれません。

樋口がこだわっているものは

ところで、今回の樋口の特別編に関して、
唐突?な感じで、樋口の(元)飼い猫・ミューのお話が挟まってきました。

ちなみに、このミューの存在を個人的に考察すると、
・人に裏切られて、信じられない。でも優しくすると治りそう。
という部分が、おそらく樋口にとっての母親と重なったのかなと思います。
もっと言えば自分の奥にひめていた気持ちとも、重なったのかもしれませんね。

そして、ミューが自分が学校に行っているうちに亡くなったことで、
愛情を注ぎきれなかった、命が絶える瞬間に一緒にいれなかった、ということを、
樋口は後悔しており、それがトラウマになっているような気がしますね。

だからこそ、多分「最後まで自分が」という意識が強く、
文に対してもそう思ってしまって、吹っ切れないのかな…と思います。

でも、ここからのお話で、樋口にとっての「ここまで」という、
手を引くラインが決めれるようになれば、文のことを吹っ切れそうな気もしますね。

「にぶんのいち夫婦」最終話 第59話のあらすじ・考察

本音をぶつけるうえで、ついに決心した文は、
和真をどうしても許せない自分の気持ちを正直に話すことに。

ただそれを離すと同時に、文は自分が、
どんなに怒りを持っても、和真を思う気持ちが自分の中で大きいことに気がついていた。

そして全てを打ち明けたのち、文は和真との関係に終わりを感じるが、
しかしそんな予想に反して、和真は嬉しそう文の本音を全て受け止めてくれる。

その結果、文は今までよりも和真との距離が近づいたように感じ、
ここまでの葛藤など嘘だったかのように、自分の本音を全てさらけ出せたのだった。

一方で、そんな文を見た和真もまた、
自分の過ちを振り返り、反省し、そして文に全て真実を打ち明けて文との距離を近づける。

こうして、和真も本音をぶつけられるようになった結果、
樋口のことでは少しケンカになったが、二人は自分たちの気持ちを再認識し、口づけたのだった。

そうしてしばらくしたのち、また二人で暮らし出した文と和真は、
自分たちがもう一つの家族として生き始めていることを実感する。

つまり、ふたりでひとつ――――そんな夫婦になっているということを。

にぶんのいち夫婦 【最終話 第59話】 考察

ここからは、59話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

樋口のこれからの変化とは?

さて、ついに本編は完結となり、
文と和真はお互いがお互いを大切に思っているのだと、再認識する終わり方でした。

そして同時に、何が許せなかったのか…などすべてが明らかになり、
お互いの気持ちをぶつけ合うことにも成功した感じでしたね。

と、そんな一方で、次回からはこれまで文を支えてきた、樋口のお話になるとのこと。

ちなみに樋口と言えば、これまで色々と爆弾を落としてきた挙句、
最後の最後まで、文たち夫婦のもめ事のきっかけになっていました(笑)。

ただ樋口は、文に気持ちを寄せて、それを伝えた際、
自分の両親に関してトラウマがあり、それをきっかけに文が気になったことを語っています。

となると、樋口はこういう面倒ごとに色々と他にも首を突っ込んでいる可能性や、
一方で樋口自身も、人をうまく信じられないような経験をしていることも、あるような気がします。

そしてそんな樋口の心の闇を、次回から明らかにし、いやす感じの展開がくるのでは?
文や和真を通して、自分自身も誰かを信じられるような、そういう展開になるといいですね。

「にぶんのいち夫婦」58話のあらすじ・考察

文の母から連絡を受けた和真は、
着の身着のまま飛び出そうとしたが、慌てて着替えて準備する。

ただ、それでも急いで文の実家に到着した和真は、
文の母に出迎えられ、一方で何も知らなかった文は動揺してしまっていた。

しかしそんな文などお構いなしに、母は文を送りだし、
和真のもとに帰るように促してきたので、文は観念して和真と共に行くことに。

こうして和真に手を引かれ、帰路についていた文だが、
和真からの改めての謝罪をきっかけに、ついに全てを本音で打ち明けることにした。

そして、お互いに疑問を持っていたことをぶつけあい、
嘘偽りなく正直に、まずイブのことから話し合う二人は―――――…

にぶんのいち夫婦 【第58話】 考察

ここからは、58話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

文が許せるかどうか

今回より、ついに和真と文が再会し、
本音で話し合う展開に入ってきたわけですが。

本当に最初から全て明らかにする…という感じで、
まず文は、自分のイブの時の不満や疑問を、ぶつけ始めました。

ですが、イブに嘘をつかれてしまったこと、プレゼントが立川さとみと一緒で、
さらにはそれが、高梨やさやかによる差し金で選ばれたものだったことが、
全て文の知るところとなり、文にとっては嫌な感じになってきました。

特にさやかからのことに関しては初めて知ったわけですが、果たして文は許せるのでしょうか?

結論から言えば、最終的には許せる…というか、許すことになるのだと思います。
恐らく、和真がここまでの争わない生き方を反省することで、
もう二度としないなら、と許すような展開になってしまうのかもしれません。

それに、そんな生き方を変えてまで、文とは一緒にいたいと思ったことを知れば、
文は心動かされるような気がしますしね。

和真の不満はどうなる?

ただ文が現状不満をぶつけている一方で、
和真にも色々とかかえているだろう不満がある…と予想しています。

特に、樋口のことに関してはかなり和真は不満に思っていそうですし、
和真だって怒ってもいい部分も、まあ文よりは少ないですがありますからね。

となると、私は個人的には、ここから文が和真を責めると同時に、
和真からも文への追及が入り、ケンカになってしまうような気がします。

ただ、最終的にはお互いと離れる気がないのが、ここまでで明らかになっているので、
結局のところ、お互いのしたことを両成敗で許すことになるのかな…と。

でも、二人とも隠し事をしないようになりそうですし、
争いごとを避けて、変な方に行かないようにはなりそうなので、
ここで通るだろうケンカは、今後の二人に必要なのではないかな、と思います。

「にぶんのいち夫婦」57話のあらすじ・考察

帰ってきた母と、少しだけ年齢の話をし始める文。

するとそのうちに、話の流れから、
文は母と父が離婚した話の詳細を聞くことになり、
そこで初めて明かされた母の心境に、文は今自分のかかえている想いが重なった。

そしてさらに話していくと、
やはり夫婦でも、一緒にいるだけでなく、ちゃんと話をする大切さに気付かされる。

その結果、文は色々和真との思い出が思い出されて、
和真と本当に夫婦になるためにも、ようやく家に帰る気になったようだった。

一方、そんな様子を見た文の母は、
色々と茶化しつつ、文の背中を押して、さらには和真にも、家に来る許可を出す。

すると和真は、
文の母の連絡にすぐ既読をつけ、今すぐ行くと連絡を返してきて―――――…

にぶんのいち夫婦 【第57話】 考察

ここからは、57話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

文と和真のここから

ついに今回、文が色々と考え、決断しましたね。
そして今回のお話で発覚しましたが、文は両親のことがあったから潔癖気味で、
他の人にそっけないのは、母親譲りってことでした。

で、ここまで発覚してなお、和真との関係を修復したいと考えていた文ですので、
これは最終的に、文と和真がちゃんと仲直りする展開になるのは、間違いなさそうです。

ただ、このまま一緒に元に戻ってしまえば、結局同じことの繰り返しで、
文の心の中のモヤつきが解消されないまま。

となると、文はやはり和真と大喧嘩的なケンカをすることにはなると思います。

また、文の母が呼び出したので、次回和真が家にやってくるのは間違いなさそうで、
次回からすぐに、文と和真の衝突が始まってしまうのかな?

で、ここで気になるのは和真側がどういうことになるのか。
私の個人的な予想では、和真側も色々と不満をぶつけることになる気がします。

ただどんな不満かというと、文に警戒心が足りない…とか、
文が好きすぎるからこその不満を、全て吐き出してくるのかな…と。

それを見て、文が和真に愛されていることを自覚できれば、
文はもっと甘えるように、自分の意見が言えるようになる気もするんですよね。

「にぶんのいち夫婦」56話のあらすじ・考察

会社を定時になった途端に終え、帰宅する和真。
そんな和真は、実は連日文の母に連絡を入れ、会えるタイミングを探っていた。

しかし、母に止められて会えないままの和真は、
でもそれでも、離婚だけは嫌だと母にまで強く言い、すがるようにする。

すると、母はその態度に好感を示し、
自分が文の父親と離婚した理由も語って、和真と文を応援するような態度をとってくれた。

そしてそんな一方で文は、一人夜に食事を買いに公園に出て、
そこで一人の老人と出会い、コミュニケーションの大切さを諭される。

その結果、文の心にはなにか変化があったようで、
翌朝、帰ってきた母に、文は――――――…

にぶんのいち夫婦 【第56話】 考察

ここからは、56話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

文の覚悟は決まるのか?

今回、かなり動き出したような印象の文と和真の関係。

ここまでのところ、和真に関してはかなり覚悟が決まってきたというか、
動き出す方向がはっきりしてきた…という感じですね。

ただ一方で、文の方に関してはまだはっきりしない部分が多いというか、
ちょっとまだ葛藤しているような、そんな印象です。

恐らくですが、和真と衝突するのを、まだ嫌がっている感じですよね。
自分の正直な感情にも、ちょっとまだたどり着ききれていないのかも。

しかしながら、今回あの公園であった老人から、
コミュニケーションの大切さを学び、話し合うことには前向きな感じに。

そしてさらには、和真と文のことを見守る母もまた、
文の背中を押してくれそうな感じになってきました。

こうなると、次回の文に関しては、
母と一度意見を話し合い、自分の中の感情を整理するのではないでしょうか?

ていうかそもそも、この文の遠慮がちな感じとか、
衝突を避ける感じ少々潔癖な感じなどは、家庭環境が大きいように思うんですよね。

なので、母から色々とバックボーンを明かされ、
その上で文のストッパーになっているものを外してもらえれば、
文はここから、和真との意見交換もしやすくなるのでは…と思っています。

「にぶんのいち夫婦」55話のあらすじ・考察

突然の樋口からの告白に、困惑を隠せない文。

さらには、樋口は伝えたのちに、
もうすでに自分がフラれることに覚悟を決めていることや、
突然困惑させてしまったことに謝ってきたので、文はますますどうしていいのか分からなくなった。

しかし、樋口はそんな文に対して、特に気にすることもなく、
文が今モヤついている感情の正体を言い当て、文の問題を解決に導こうとする。

すると、一方で文は最初は樋口の言う事を信じられなかったものの、
考えた末にその通りだと思った文は、少しずつ気持ちが動き始めていた。

そして文は、気持ちが少々軽くなったのか、笑顔を見せたのだが、
その笑顔を見て、樋口は自分が文を好きだったことや、でも無理に自分のものにするつもりもないことを想う。

その結果、樋口は和真への当てつけも兼ねるように、
文に一度だけ口づけ、しかし和真との復縁を応援しつつ、去っていったのだった。

にぶんのいち夫婦 【第55話】 考察

ここからは、55話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

文のこれからの行動

樋口はこれから関与しなさそう、とは予想していたわけですが、
ついに今回にて、樋口の出番は一度終わってしまいそうな、そんな感じになりましたね。

ただ、おかげで文はついに和真と復縁するヒントを得ることができ、
これからどうするのか、注目の展開に入ってきました。

まあここからの展開を予想するとするのならば、
最終的には、確かに文は和真を衝突することになるでしょうし、
二人はそれを乗り越えないと、復縁しないだろうな、とは思っています。

でも、その前に文はいろんな葛藤がありそうなんですよね。

そもそも、なんで文が和真と衝突を避けてきたのか。
自分が本音では和真のことをどう思っているのか、など。

そういうところをはっきりさせてから、動くのではないのかな?と。

文と和真のやり取りは?

で、まあ上の考察からも続くわけなのですが、
ここからどういう展開になりそうかも、予想していきたいと思います。

まず、文が何故和真と衝突したがらないか、というと、
恐らくいろんな過去の傷とかあれこれあるにせよ、最終的には、
和真が好きで、でも嫌われたくないから言えない、から来てると思うんですよね。

となると、文が自分を怖がらずに出すのには、
「和真が文のことを好き」であることと、「何を言われてもそれが揺らがない」ことを、
ちゃんと理解しないと、ダメなような気がします。

だから、まず予想としては、最初は和真の方が気持ちを伝えて、
文のことが本当に好きであることを、ちゃんと伝えるのではないでしょうか。

ただ、同時に樋口の件に関しては、和真も怒っている部分があるだろうと思うので、
もしかしたらその件を、和真は八つ当たりみたいに伝えたりもあるのかもしれませんね。

そうすると、文だって怒りをぶつけやすくなるような気がします。
それで、大げんかからの仲直りに、最終的には落ち着くのかな、なんて思っています。

「にぶんのいち夫婦」54話のあらすじ・考察

土曜の夜勤を終え、休憩室にて文を待つ樋口は、
数日前に、友人であるタカと話したことを思い出していた。

というのも、樋口はタカから、文とのことを探られており、
樋口はそこで、文のことを語っていたのだ。

そして、樋口がここまで文に協力する理由は、
自分の過去に、両親が不仲だったのを救えなかったことへの、贖罪のようなものだったことが明らかに。

でも一方で、文に対して特別な感情があることも事実であり、
樋口は、和真のことを見極めたうえで、自分のこの先の行動を決めようとしていた。

すると、そんなことを思い出していたタイミングで、
文が出勤してきて、樋口は文を夕方に花見にさそい、色々と話すことに。

その結果、文はまだ和真に気持ちが残っているが、踏ん切りがつかずに葛藤していることがわかり、
樋口はそんな文に付け込むように、自分のことをアピールし始めた。

そしてついには、樋口は文に対して、愛の告白までしてしまい―――――…

にぶんのいち夫婦 【第54話】 考察

ここからは、54話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

樋口のここから

前回、樋口は文と和真が落ち着くまでは静観かな、と思っていましたが、
まさかの真逆に突っ込んでいき、ビックリしました。

でも、なんとなく樋口は、本気だけど本気じゃない言い方な気が。

そもそも、今回のことで樋口の過去が垣間見え、
樋口は、両親が疑い合い、関係が壊れていくのが嫌だったこと、
そしてそんな両親と文を重ねて、自分が守りたかったことを話していました。

なので、文が同じ状況に陥ってるのを知り、
すぐに自分を売り込むのって、なんか違和感があるんですよね。

恐らくですが、樋口はこの文のかかえている問題が、
少し距離を置くことで解決するものではないのを、わかっているのでは?

もっと言えば、文と和真が直接ぶつかり合って解決するしかないのを、
恐らくわかっていての、発言な気がします。

まあ、ただ文に対する気持ちも本音のようなので、
文がもしここで自分に流れても、別にいいとは思っているでしょうけど。

ただ、すでに和真のもとへ行き、和真に対して発破をかけるような態度をとっていたことからすると、
恐らく樋口は、文と和真の復縁の為に、動いてくれそうな感じがあります。

文の葛藤と決断

ここで、この先気になってくるのは、文の気持ちですね。

そもそも、今回の話で、
文は、もう完全に和真の事情を呑み込んでいたことが発覚。

でも、おそらく受け入れられない部分としては、
和真が本音や真実を隠して、暴走しつつ解決に動いていた、という部分なんでしょう。

それにおそらくなのですが、
和真の気持ちに、文自身が確信を持てていない部分があるのではないでしょうか。

つまり、和真がどれほど文のことを好きで、大事に想っているのか、
文はわかっていないし、愛されている自信もないんだと思います。

でも、それらって全て、
あの和真の余裕っぽい態度から感じ取って、勘違いしてるような気がしていて。

恐らくですが、和真から子供っぽい部分というか、
本音のようなものや態度が垣間見えれば、文の気持ちは解決に動きそうな気がします。

で、和真の方も文のそういう葛藤に気づければいいんですけどね。

「にぶんのいち夫婦」53話のあらすじ・考察

樋口から待ち伏せされて、一緒に食事に行くことになった和真。

そしてそこで、高額に奢らされたのだが、
その代償として和真は樋口から、ここまでの様々な秘密を明かされた。

さらには、文に関しての宣戦布告もされた和真だが、
しかしそれに和真が取り乱したことで、樋口はとても満足そう。

それから、樋口は改めて宣戦布告のようなものをし、
でもその中に、和真へのアドバイスともとれる話を、してきたのだった。

それを見た和真は、樋口の真意が読み切れなくて――――――…

にぶんのいち夫婦 【第53話】 考察

ここからは、53話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

樋口はどこまで関与するのか?

さて、今回樋口が和真に近づいてきたわけですが。
でも色々今回見た中では、樋口は純粋に文の幸せを願っているような感じでしたね。

まあ、何度か文に関して本気感を出してきた感じはありましたが、
宣戦布告のようなものを見せては来ていても、あまり実行に移す感じはないというか。

そもそも、今回樋口は、
和真にアドバイスというか、発破をかけにきた感じでした。

恐らく、和真がとにかく冷静を装っているので、
本音を出せるようにけしかけた、という感じだったのでしょうね。

確かに、和真はここまで大人にならざるを得ない状況が続いてきたというか。
素を見せられるような相手が、少なかったように思います。

なので、きっと樋口が出てきてくれたのでしょうが、
予想としては、和真と文が復縁してから、樋口はますます手を出しそうな気がします(笑)。

でも、和真と文がアレコレ終わるまでは、樋口は出そうにないですね。
あとは当人の問題、というところなので、ちゃんと手を引きそうな気がします。

ここからの和真の行動とは

今回、樋口に発破をかけられた和真は、
樋口から、色々とヒントをもらって、今後の行動を示されたような感じになりました。

まあ一貫して結構皆言っているんですが、
恐らく、本音で話し合え、ということなのだと思います。

ただ、和真はかなり本音を出しにくいタイプで、
特に文に関しては、かなり自分を抑えている感じだなと思いました。

相当こう、大人を装っている?というか。
冷静さを欠かないように、人一倍気を遣っていると思うんですよね。

だので、文を前にして自分の本音を、冷静さを欠きつつ伝えるって
果たして和真にできるのかどうなのか…?

なんか、もっと何か和真の心が乱されるような、
タガが外れるような何かが、今後起きるのかもとも思っています。

それでその後に、和真がなりふり構わず、文のところに動き出すのかも。

「にぶんのいち夫婦」52話のあらすじ紹介

「にぶんのいち夫婦」52話のあらすじ紹介になります。

文が家を出て行って1週間ほどたった時。

和真は、高梨から声をかけられたことで、
急に高梨が文にした行為のことを思い出しました。

そしてそれは、和真が許せることではなく、
和真は思わず高梨を問い詰めますが、ごまかそうとする高梨。

そこで、和真は立川さとみのことを引き合いに出して―――――…

にぶんのいち夫婦最新話を読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」1巻あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦1巻のあらすじ<<

夫・和真の作ったしじみ汁を流しに捨てる文。

文の行動には訳がありました。

実は和真には、他の相手と関係がある疑惑があったからです。

そこで、なぜ男の人が他の女に目移りするのかを、同僚の樋口に聞いた文。

すると樋口は――――…

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」2巻あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦2巻のあらすじ<<

さーとんというアカウントの中身を色々調べてみると
文と和真が以前行ったことのあるお店がアップされていました。

それを見て、とても複雑な気持ちの文。
そして調べていくうちに、文はなんだか体調が悪くなり始め―――…

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」3巻あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦3巻のあらすじ<<

到着した文は、和真には車で待機を指示し、優香の自宅のドアを開けました。

返事が無いが、何かあってはと最悪の事を想定した文は

家に上がってリビングのドアを開けた瞬間…

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」4巻あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦4巻のあらすじ<<

とりあえず、優香は無事でした。
ただ、横暴な振る舞いを見せる旦那が大問題であることが、明るみになります。

すると菜摘は、自分が変わる怖さを受け入れないといけないと言い…

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」5巻あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦5巻のあらすじ<<

文に別居を提案され、幸せに甘えていたと後悔する和真。

そして和真は、五年前、文に初めて会った時のことを思い出します。

和真は実は、文に一目惚れだったのですが…。

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」6巻最新刊あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦6巻最新刊のあらすじ<<

ついに迎えた、結婚記念日でもあるクリスマスイブ。
その日の朝、和真はある病院にて、診断書をもらっていました。

その後会社に出社した和真は、風邪だとだけ告げ、
何事も無いように過ごし、納会に参加後、二次会には行かずさやかの元に。

すべては、あの写真を消してもらうために――――…

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

「にぶんのいち夫婦」7巻あらすじ紹介

>>にぶんのいち夫婦7巻のあらすじ<<

文が家に戻ってきたものの、すれ違い続ける和真。

そして、その原因であるさやかと、
和真は縁をすぐにでも切るべく、金を用意することにしました。

ただ、ここで和真はあることに気が付きます。

それは、さやかから送られてきていた写真が、
どう考えても不自然な部分があることなのでした。

にぶんのいち夫婦の続きを読む方法はコチラ>>

にぶんのいち夫婦の登場人物

「にぶんのいち夫婦」には、さまざまな性格の登場人物がたくさん登場してきます。

だからこそ、ストーリの内容が楽しくなるのですが、そんな「にぶんのいち夫婦」の登場人物をここでご紹介します。

文(あや)

・結婚2年目の29才
・誰もが羨むイケメン旦那と平凡は日々を送るはずだったが・・・

この物語の主人公で、スラッとした体型で女性らしいというよりは、ショートで見た目がさっぱりした感じの女性である。

割と衝動的に考えたり行動するところがあり、

見た目とは違って、自分の思ったことを中々言い出せない性格である。
すぐに泣いてしまい、翌日目を腫らして仕事場に行くことがある。

夫和真の浮気の真相を知るため、さまざまな行動を起こし、徐々に考えて行動するようになる。

和真(かずま)

・結婚2年目イケメンサラリーマン
・メガネがよく似合う誠実で料理が得意

有名大学を卒業し、一人暮らしが長かったため、料理が得意である。
文のことを思っているのは分かるが、何を考えているか分からないところがある。

冷静沈着で、物事をよく考えて行動するタイプであるが

樋口の挑発には、さすがの和真も反応してしまう。

さやか

・文の高校時代からの友人
・色仕掛けで男性を誘惑し、全く悪びれていない

高校時代も、文の彼氏にゲームでキスをし、場を悪くした経験を持つ。

人の物を奪うのが得意で、不倫がばれても悪びれずそれどころか文を責めてきたひどい女性。

悪口を言わせると天下一品。

香住(かすみ)

・佳樹という大手企業勤務の男性と結婚する
・言いたいことが言えないタイプ

幼少の頃から周囲の期待にこたえるめ、無理をし自分の思いは封印していた。

結婚してからもその癖が抜けず、夫にモラハラを受けていた。

友人の勧めで家出をし、夫に行動を改めるよう要求し成功する。

多恵

・すでに子供がいるママで、物事をハッキリ言う

子供がいるせいか、文の友人の中でもとても的確なアドバイスをしてくれる。

香住が旦那と揉めた時も、多恵が文に連絡をし、結果として香住を助けてくれた頼もしい女性である。

樋口

・文のパート先の同僚
・イケメンで物事をハッキリ言うタイプ

文より若いが、人生を達観している感じで、文の愚痴を聞いてくれる。
時には、直球でモノを言い、的確な助言をくれたりする。
文の浮気調査にも協力し、人間関係の幅が広い。
文のことが好きで、和真に会った時は和真を挑発した。

高梨

・和真の会社の同僚
・女性好きで文を誘惑しようとする

女たらしで、さやかから文を誘惑して欲しいと依頼され
和真の妻である文を誘惑しようとする。
物事をあまり深く考えずに行動するほうで
責められると、すぐに何でもしゃべってしまうタイプである。

「にぶんのいち夫婦」を無料で読める方法

「U-NEXT」は会員登録をしてから31日間の無料で期間が貰えます。
その時に貰えるポイントで「作品名」を無料ですぐ読むことができます。

【U-NEXTのサービス内容】

  • 月額1990円(2,189円(税込))が31日間無料!
  • 登録時に600P付与!無料期間後は毎月1200P付与!
  • 漫画購入時は40%還元なので「作品名」全巻がお得に読める!

U-NEXTでは、「にぶんのいち夫婦」の漫画も全巻配信されています。
通常だと月額1990円かかる動画配信サービスですが、登録から31日間は無料お試し期間になります。

そして、登録直後に600円分のポイントが配布。

出典:U-NEXT

U-NEXTでも、「にぶんのいち夫婦」の漫画は全巻配信されて登録時に600Pがもらえるので「作品名」を今すぐ無料で読むことが可能です!

・「にぶんのいち夫婦」       全巻|165円
・「にぶんのいち夫婦」 【単行本】 全巻|660円

さらに!

U-NEXTなら「にぶんのいち夫婦」」購入分を40%還元してくれるので、全巻読む場合は一番お得です!

\「にぶんのいち夫婦」を無料&全巻お得に読む

U-NEXT公式サイト

まとめ

漫画「にぶんのいち夫婦」最新話あらすじ紹介まとめでした。

最新刊を読みたい場合は、「U-NEXT」の無料期間を利用すれば無料で読めるので試してみてください。

最新キャンペーン情報

キャンペーンまとめ

おすすめランキング・特集

ランキング記事一覧

人気記事

今話題の記事一覧