最新話考察のサムネイル画像

レス~狩る女~【前編】のネタバレを紹介します!

レス~狩る女~【前編】のネタバレの前に絵付きで読みたい場合は、「コミックシーモア」で独占先行配信しているので、チェックしてみてください。

好きな漫画が7日間無料で読める、読み放題サービスもやってますよ!

▼7日間無料でお試し!▼
コミックシーモア公式サイト

半額クーポンで「レス~狩る女~」がお得に読めます。

 

12月限定キャンペーン実施中!

 

レス~狩る女~【前編】のネタバレ

居酒屋で田中は立花へ唐突に告げる。

「セックスレスの解消法はセックスだと思いますか?」

それを聞かれて、思わず固まる立花だった———。

3時間前、立花は課長に妻とのセックスレスについて相談していた。

自分は妻と子供を愛しているし、週末は家族サービスもしているし、家事も育児も手伝っていると…。

だが子供を出産した妻を見ていると生命の神秘を感じ妻のことを性の対象に見えなくなってしまったと言う。

課長は一言、風俗に行くように断言する。

課長は片付けが苦手だから週1でプロに掃除してもらうし、
料理が下手なら惣菜や外食に頼るのと一緒で、
セックスも同じでそれを仕事にしているしているプロに頼ればいいとアドレスするのだった。

だが、立花は性欲は解決するが妻とのレスについては解決しないと悩む。

その時、田中から声を掛けられた。
以前仕事を代わってあげたお礼にランチをおごってもらうことになっていたのを忘れていると言う。

謝り明日必ずと告げる立花に対し、
先週も同じことを言われたと言っていたこと、
自分はタダ働きはしない主義名だから報酬は必ず請求すると言われた。

そのやり取りを見ていた課長はにやけながら、田中に性欲処理を頼んではどうかと言い放つ。

昼間から何の話をしているのかと問う田中に、立花の悩み相談だと悪びれもなく答える課長。
それなら課長が相手すればいいとその場を後にする田中であった。

帰り際、妻から友達とご飯に言ってもいいかと連絡が入り、
もちろんいいと快諾する立花。

それを見ていた課長から、田中を誘えと言われる。
田中に立花が今夜おごってくれると言うと即決で了承する田中であった。

一軒の焼き鳥屋に入る2人。

立花は、焼き鳥を魚にビールをグビグビと飲む田中を見て、イメージ通りだとついってしまう。

今更女子っぽくするのは嫌いだと答える田中。
可愛らしさはガールズバーか奥さんに求めてくれと言い放つ。
そして突然、昼間の性欲処理の話題を振ってきたのである。
そこで田中にレスの事を話してしまうのだった。

田中はレスかと呆れるが、立花は田中だって他人事では無くなるかもと言う。
田中は自分は結婚する気がないといいきるのだった。

そして立花は何故結婚したのかと問う。
なぜかと言うと、付き合って3年くらいになって子供も欲しいと思っていてそろそろかなっと思ったと答える。そんなもんだと言う立花に、そんなもんで踏み切るには結婚はデメリットが大きいと言うのだった。

田中は自分には2人の姉がいて結婚して子供もいるけど、実家に帰ってくるたび同じ話をすると言う。

内容は育児と介護と旦那の愚痴の3点セットにそれにかかるお金の話しである。

仮に30歳で結婚、70歳で死ぬとして残りの人生40年の内、
子供産んだら残りの20年は子供に捧げて残りの20年は介護になる。

自分の親だけではなく相手の親も世話することになり、
今の時代共働きが当たり前だからそれを全部働きながらするのは、
時間もお金も他人に40年も捧げる契約に自分は価値を見いだせないと言うのだった。

立花は赤の他人は無理だが、そこに愛情があれば変わるのではないかと問う。

愛は嫌いだと田中は一刀両断。愛は最強最悪のワードだと言う。

この場合の「愛」は「黙れ」と同義だと論じた。
言った本人が頑張る理由ならいいが、他人に振りかざすのは凶器だと。

では何を理由に結婚するのかと問うと、だからする理由がないと答えるのだった。

田中に恋人はいるのか聞くと、今はいないが昔はいたが向いていなかったと言う。

田中が浮気して別れたらしい。

驚く立花だった。

好きと性欲は一緒だが別で、両方満たされたいと言い、
立花にセックスレスの解消方法はセックスだと思うかと問うのだった。

自分は一緒に居たい人とセックスがしたい人が別でもいいと考えてる、つまり浮気ありと言うこと。

性欲だけ満たされても虚しくて死にたくなると言う。

自分は一緒に居たい人に求めるのは一緒にいることだけである。

時間がたち意識がズレたら他に行けばいいのだと。
そのための風俗店だとと言うのだった。

一緒に居たい人と一緒にいられなくなることが一番マイナスだと田中は論じる。
で、結局立花はどうするつもりなのかと聞く田中。

なんのことかわからずにいると、セックスレスのことだった。
根本の解決には至らないと答えると、100点を狙いすぎだと笑われる。

世の中簡単にはいかないと課長と同じことを答える田中。
今までの話しから達観している田中を見て本当は45歳なのではないかと冗談で返すと、
ちゃんと27歳の身体かどうか確かめるかと言われ驚く。

次々と言い放ってくる田中、最後に迷っているなら
自分の見方で見てはどうか、たかがセックスだと言われ———。

レス~狩る女~【前編】の感想

田中の言うことは半分くらい分かるような気がするけど…とにかく怖い(笑)

どんどん口車に載せられるように
田中の罪悪感を薄めていくように話しをもっていくなんて、
あっぱれとしか言いようがない。

その気がない男でもこの女なら大丈夫かな~ってうっかりいっちゃいそう。
立花はどうするのでしょうか。いっちゃう?踏みとどまる?

文章のネタバレではなく、絵付きでレス~狩る女~【前編】を読むことができますので、「コミックシーモア」をぜひチェックしてみてくださいね。

\レス~狩る女~【前編】が先行配信中!/

コミックシーモア公式サイト

【無料漫画アリ】おすすめ電子書籍サービス

電子書籍サイト・アプリの記事一覧

2021年秋!ドラマ・アニメ化漫画特集

今話題の記事一覧

おすすめの記事