最新話ネタバレのアイキャッチ画像

2019年1月21日発売日の週刊少年ジャンプ2019年8号、最新話!
鬼滅の刃【第142話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに141話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これからネタバレを含む内容を紹介します、よければ漫画を無料で読む方法をご覧ください。

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

鬼滅の刃【第142話】のネタバレ

俺は子供の頃から賢かったし優しかった」
「か合いそうな人たちをいつだって助けてあげたし幸せにしてあげた。それが俺の使命だから」

両親は童磨を目に虹があると、幼い頃から極楽教の教祖に祭り上げた。

童磨を信じて大人たちは救いを求めて集まってきた。

しかし、童磨は知っていた。

神も仏もないし、来世に極楽なんかない。

人は死んだらそれまでだ。

「そんな簡単なことが何十年も生きてても分からないんだ」

神の声なんか一度も聞こえたことはない。けど絶望的な自分の親の頭の鈍さに合わせて、神の子を演じた。

愚かな人間たちを救ってあげるのが自分の使命だと考えるようになった。

一番の救いは死だ。

胡蝶しのぶにも死を与えねばならない。

しのぶが何度攻撃しても童磨は応えない。

でもしのぶは攻撃する度に童磨の血鬼術を吸って、肺胞が壊死していく。

しのぶは連撃で大量の毒を打ち込んだ。

しかし、童磨に斬られてしまう。

「毒じゃなく頸を斬れたらよかったのにね。それだけ速かったら勝てたかも
でも忍の身体も手も小さかった。

死んだ姉のカナエはしのぶがなぜ鬼と戦うなと言っていた意味が今分かった。

童磨と戦ってもどうせ負けると言いたかったんだろう。

斬られて息もできなくてうずくまるしのぶの前にカナエの幻が立った。

「しっかりしなさい。泣くことは許しません」

血を吐いているしのぶに、

「関係ありません。立ちなさい。蟲柱胡蝶しのぶ」

「倒すと決めたら倒しなさい。勝つと決めたなら勝ちなさい。どんな犠牲を払っても勝つ」

カナエの幻に助けられて、しのぶは立ち上がった。

童磨は驚いた。

「立つの? 君本当に人間なの? 鎖骨も肺も肋も斬っているのに、君の出血量だと死んでてもおかしくないんだけど……」

肺に血が入ってゴロゴロする。想像を絶する痛みの中でしのぶは立っていた。

「君はもう助からないよ、意地を張らずに。首をストンと落としてあげるから無理しないで」

しのぶは童磨の頸に毒を叩きこむつもりだ。

蟲の呼吸「百足蛇腹」

四方八方にうねる動き、橋を割るほどの踏み込み。

速い攻撃が読めない。

しのぶは身体の小ささを活かして低く踏み込んだ。

童磨の扇子は上をかすった。

その下をくぐって忍は童磨の懐に飛び込んだ。

渾身の一突きを童磨の首に刺した。

鬼滅の刃142話は16巻に収録されていますよ。
>>鬼滅の刃16巻ネタバレと感想<<

[the_ad id=”1965″]

鬼滅の刃の最新刊をU-NEXTですぐ無料で読む

以上、鬼滅の刃【第142話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです!

鬼滅の刃最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

鬼滅の刃の最新巻を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

鬼滅の刃【第142話】の感想と考察

今回のしのぶ格好良かった。

身を捨てての大勝負。

見事に決まりました。

しかし童磨の異常性が際立ちます。

サイコな奴です。

童磨をやっつけて、しかもしのぶには助かってもらいたいです。

頑張れ蟲柱胡蝶しのぶ。

次回への期待が膨らみます。
次回の鬼滅の刃【第143話】の週刊少年ジャンプ9号発売日は1月28日になります!

まとめ

以上、鬼滅の刃【第142話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。
無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

U-NEXTで漫画を無料で読む

https://realworld.jp/entertainment/kimetsunoyaiba-saishin-muryou/

2021年3月 漫画売れ筋ランキング