鬼獄の夜のサムネイル画像

漫画「鬼獄の夜」全巻ネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画「鬼獄の夜」全巻ネタバレまとめ!最終回まで随時更新中!

鬼獄の夜【第33巻】最新刊のネタバレを紹介します!

鬼獄の夜【第33巻】最新刊のネタバレの前に絵付きで読みたい場合は、「まんが王国」で先行配信しているので、チェックしてみてください。

\鬼獄の夜33巻最新刊を試し読み/

まんが王国公式サイト

試し読みの続きは半額で読めるのでチェック!

>>ネタバレの前に「鬼獄の夜」を無料で読みたい方はこちらへ<<

鬼獄の夜【第33巻】最新刊のネタバレ

◆前回のあらすじ◆

柴を挑発し、柴の化けの皮を剥いで
その真実を信者に知らしめた美空。

そしてそれにより、信者が混乱し、柴が口封じなど追いつかないほど、
情報が漏洩するのを、最終的に美空は狙っていた。

しかし予想外にも、柴にとって人の命は軽く、
信者の行動が柴のちょっとした足止めにしかならない。

だがそんな時、美空にしたことに怒る恭平が間に入ってきて、
美空は逃げ出す程度の隙ができた。

そのため、美空は灰原と合流し、信者を逃がすことを決めたのだが、
そんな美空を、鷹介が足止めしてきて―――――…

恭平の危機

一方で、いまだ柴と戦う恭平は、
柴を必死に挑発しようとするが、柴は乗ってこない。

それどころか、柴は恭平について調べ上げたらしい情報を告げてきて、
恭平の少々荒れた生活を指摘し始めた。

そしてさらには、柴をこの世から葬ろうとも、
美空はもう「恭平を飼う」ことなどしないだろうと言い放った柴。

そのため、抵抗はあきらめろと言いたそうな柴だったが、
そんな柴の言い分を、恭平は全く聞く耳も持たなかった。

それから、たとえ恥ずかしい事でも、自分を生きているのは自分で、
だからこそ柴に何か言われる筋合いはないと主張する恭平。

そしてさらには、美空がこの後どうするかではなく、
”これは制裁”なのだから、攻撃はやめる気がないとのことで、柴を攻撃し続けた。

だがそこで、鷹介が美空を捕え、口をはさんでくる。
美空に何かされたくなければ、これ以上柴に手を出すな、ということだ。

すると恭平は、柴から標的を鷹介に移す。

だがその瞬間に、なんと後ろで倒れていた柴が立ち上がり、
恭平の背中をナイフで刺してしまった。

その攻撃を受けた恭平は、”このオレが気配を…感じなかった!?”と驚きを隠せない。

ただ今はそれどころではなく、
恭平はそのまま、意識を失うように倒れてしまうのだった。

美空と恭平の過去

するとそこで、美空は恭平との過去を思い出す。

それは、まだ幼いころ。
恭平が弱くて、いじめられていて、だからこそ美空が護ってあげていた頃だ。

そしてその頃、自分を守ってくれる美空と、一緒にいたいと思ったらしい恭平は、
美空に幼いプロポーズをするが、あえなく玉砕。

ただその時、美空は”強くなったら”いいと、約束したのだった。

それから少し大きくなって、中学生になったころ。
少し大人になった美空と恭平は、初めての口づけをかわし、気持ちを通じ合わせる。

そして高校になり、その後の進路の話になった時、
恭平は内定していた就職先を蹴って、美空について東京にやってきた

そんな時、美空は夢を後押しされ、
そんな美空をずっと自分が支えると言ってくれた恭平に、心をときめかせる。

だが、ずっと一緒にいて、当たり前すぎてわからなくなり始めた頃、
なぜ一緒にいるのか、そして自分の気持ちすら、美空は見失い始めてしまった。

その結果、美空は恭平から離れることを選んだのだが、
一方で目の前の恭平は、自分をここまで思い続け、命を危険にさらしており、絶望する美空。

だからこそ、必死に意識を失う恭平に声をかけ続けたが、恭平は目覚めることなく
そして柴曰く、さした場所やナイフの長さから、”1分も保たない”とことだった。

だが、それでもあきらめきれない美空は、
柴や鷹介に連行されながら、必死に恭平に叫び続ける。

そこで、恭平を挑発するようにしつつも、
”最低の彼女”だった自分のために、死んではいけないと必死に声をかけた。

だがその声を、柴が口をふさいで止め
さらには意識が戻らない恭平を置いて、部屋が閉鎖されてしまう。

それに、美空は必死に抵抗するが、成す術無く――――――…

エリカの読めない心の底に

と、そんな一方。

”お兄ちゃんには言わないで”と、エリカに引き留められていた灰原。

そこで灰原は、エリカが”エリカの正体”に関して口止めしているのを察し、
つまり、柴はエリカの正体を知らないのだと察した。

ただそうなると気になるのは、
柴がむしろエリカの”何を知っているのか”ということ。

そこで色々とまた質問しようとした灰原だが、エリカは灰原の言葉を遮るように、
自分の”退屈”を、柴が変えてくれたため、柴を愛していることを語り始めた。

というのも、エリカ曰く、
”今まで沢山の人間を見てきたけど お兄ちゃんみたいな人間は初めて”
だったからだそう。

だからこそ、エリカは柴の幸せを願って今まで過ごしてきたが、
ただどうも、最近なってエリカは、わからなくなってしまったのだそうだ。

何がわからなくなったのかというと、
先ほど恭平が美空に向けたような愛情を、自分が柴に感じていないこと。

すると、ここまで聞いて灰原は察してしまった。

このエリカの話は、別に自分に「口止めしたい」のではなく、
ただ単に恋愛相談しているだけなのだと。

そのため、灰原はこれ以上付き合っても、
エリカから何か情報を引き出せそうにない
と感じ、エリカを置いていくことにした。

だが、そこで灰原は足を止める。
なぜなら、そのあとに続いたエリカの「悩み」が放っておけなかったのだ。

というのもエリカは、恭平のような愛情を柴が美空に向けていると思うと苦しく、だからその苦しみから解放されるために、美空を消した方がいいのではと思っているようだったから。

すると、それを聞いていた灰原は、焦りつつも
このエリカの極端な考え方に、察したことがあった。

恐らくエリカはずっと生き続け、人間の”負の感情”にばかりさらされてきた一方で、
今こういった愛情などという、”正の感情”に初めてふれているのでは、と。

だからこそ、エリカは今、無邪気な少女のような考えに至っているのではないかと。

そこで、灰原は考えた末、
強さも行動力もない自分が、自分でなければできない戦い方をすることを選ぶ。

それは、「無垢なエリカ」を自分の味方に引き入れることで、
そのために灰原は、エリカに対して教えてやるのだった。

その美空にいだく感情は、ただのヤキモチであり、
その感情は、自分も持っているものであると。

だからこそ、灰原は美空を、エリカは柴を、誰にも渡さないように、
一緒に手を組まないかと――――――…

漫画「鬼獄の夜」全巻ネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画「鬼獄の夜」全巻ネタバレまとめ!最終回まで随時更新中!

鬼獄の夜【第33巻】最新刊の感想

なんだか、エリカが可愛く見える回でした。
まあ怖くもあったんですけども、それはもちろんとしてですけども。

ただここから、灰原をきっかけにして
あれこれ動いていきそうな予感はしますね。

でも、エリカの謎というか、
その辺のことに関しては、いったん保留になってしまうのでしょうか?

まだまだ読めない展開です…34巻に続きます!

ネタバレではなくて絵付きで「鬼獄の夜」最新刊33巻を読むことができますので「まんが王国」をチェックしてみてくださいね。

\鬼獄の夜33巻最新刊を試し読み/

まんが王国公式サイト

試し読みの続きは半額で読めるのでチェック!

2021年3月 漫画売れ筋ランキング