小田原みづえ先生の「嘘よみと偽飾の王女」は、月刊プリンセスの少女漫画です。

そんな、

「嘘よみと偽飾の王女を全巻無料で読みたい!」
「試し読みの続きを読みたい!」

と思っているあなたのために、漫画「嘘よみと偽飾の王女」を全巻無料で読めるアプリ・読み放題サービスがあるか徹底調査してみました。

無料漫画は3,000作品以上!
\全巻無料で試し読みできるのはココだけ/

まんが王国で読む

嘘よみと偽飾の王女を全巻無料で読めるサイトを調査した結果

【結論】

「嘘よみと偽飾の王女」をアプリや電子書籍サービスなどですぐに全巻無料で読めるか調査してみました。

結論、全巻無料ではないが、電子書籍サイトを利用することで

すぐに「嘘よみと偽飾の王女」を無料~半額で読む方法がありますので紹介していきます。

電子書籍サイトは、初回登録で貰えるポイントで無料で読んだり、購入した漫画代を最大50%還元してくれるので、すぐに全巻読みたい方へおすすめです。

サービス名特徴
コミックシーモアicon

コミックシーモアオススメ!

すぐに半額で読める
*初回登録ですぐに使える50%オフクーポン配布!

まんが王国icon

まんが王国オススメ!

最大全巻半額で読める
*最大50%分のポイント還元で超お得!
unexricon

U-NEXT

無料で読める
*無料登録で600ポイントGETできる!
ebookjapanicon

ebookjapan

3,000円分安く読める(500円クーポン×6回)
bookliveicon

Book Live

半額で読める

電子書籍サイトの選び方は、自身の漫画を読む頻度や生活スタイルに合わせて、好みのサイトを選ぶのがベスト。

迷った方はこちらを参考にしてみてください!

電子書籍サイト比較チャート

それでも迷う!という方には、「まんが王国」がおすすめ。

「まんが王国」おすすめポイント

  • 会員登録が無料で月会費なし。
  • 無料会員登録で漫画3,000冊が無料で楽しめる。
  • 初回ポイント購入時限定で、最大18,000円分のポイント還元がある

「まんが王国」は無料会員登録なので、解約漏れが一切発生しません。
登録自体も一番簡単なので、電子書籍サイト初心者におすすめです。

無料漫画は3,000作品以上!
\全巻無料で試し読みできるのはココだけ/

まんが王国で読む

次に、それぞれのサイトの特徴や読み方を含め、なぜおすすめなのかを詳しく紹介していきますね。

【最大全巻半額!】まんが王国で嘘よみと偽飾の王女を全巻無料で試し読み

まんが王国50%還元バナー
出典:まんが王国

まんが王国おすすめポイント


出典:まんが王国

・嘘よみと偽飾の王女      全巻|524P→262P

*「嘘よみと偽飾の王女」は全2巻で、1048Ptになります。
そのまま購入することもできますし、10,000ptを購入すれば35%還元されるのでお得です。

まんが王国では、「嘘よみと偽飾の王女」は全巻無料で試し読みすることができます。

さらに!

まんが王国には無料会員登録で漫画3,000冊が無料で読める、嬉しい特典があります。

常に無料漫画が3,000冊以上あったり、1巻丸ごと無料、中には3巻まですべて無料で読める漫画があったりと、無料漫画の品ぞろえがすごい!


出典:まんが王国

人気作品であっても、期間限定で3巻無料で読めることもあります。

無料会員限定で無料で読める巻数が増えることもあるので、会員登録しておいて損はありませんよ。

▼嘘よみと偽飾の王女を全巻無料で試し読み▼

まんが王国で読む

まんが王国でお得に読む方法を知りたい方はこちら!

【半額クーポンが必ず貰える】コミックシーモアで今すぐ半額で読む!

コミックシーモアは、新規登録会員に対して、すぐに使える50%オフクーポンを配布中です!


出典:コミックシーモア

嘘よみと偽飾の王女 全巻|576円→288円

「嘘よみと偽飾の王女」はコミックシーモアの無料会員登録ですぐに貰える半額クーポンを利用することで、576円→288円という最安値で読めます。

現在2巻無料なので、2巻の続きもクーポンでお得に読めるのでおすすめですよ。

\1巻無料&1巻半額/

コミックシーモアで読む

無料会員登録なので解約漏れの心配なし♪

コミックシーモアで嘘よみと偽飾の王女を探して読む>>

コミックシーモアの初回限定キャンペーン情報詳細

コミックシーモアでは、新規登録会員に対して、すぐに使える50%オフクーポンを配布中です!

もちろん、登録は無料なので、会員登録するだけしておいても損はありません。


出典:コミックシーモア

さらに、月額メニューを登録した方に関しては、最大20,000ポイントバックされるなど、お得なキャンペーンも実施中!

コミックシーモアでは、漫画を読む際に都度購入して利用することももちろん出来ますが、

「マンガが好きで読む量が結構多い」
「毎月読んでいる/読みたい漫画がある」

という方にとっては、月額メニューがおすすめですよ。

出典:コミックシーモア

もっとコミックシーモアを知りたい方は、コミックシーモアの口コミ・評判からわかるメリットデメリットを解説!の記事も参考にしてみてくださいね。

\初回無料登録で50%オフクーポンGET/

コミックシーモア公式

無料会員登録なので解約漏れの心配なし♪

さらに,,,

出典:コミックシーモア

コミックシーモアは、読み放題サービスもしています。
ただ、「嘘よみと偽飾の王女」は読み放題対象ではありません。

7日間無料で読めるので、「嘘よみと偽飾の王女」を読みながら他のマンガも無料で読めるので楽しんじゃいましょう!

▼7日間無料でお試し!▼
>>作品ラインナップをチェック

>>無料期間中の解約もできますのでお試しで利用できます<<

コミックシーモアでお得に読む方法を知りたい方はこちら!

【31日間無料&600P付与】U-NEXTで「嘘よみと偽飾の王女」をすぐにお得に読む

「U-NEXT」は会員登録をしてから31日間の無料で期間が貰えます。
その時に貰えるポイントで「嘘よみと偽飾の王女」をお得にすぐ読むことができます。

unextのおすすめポイント

出典:U-NEXT

嘘よみと偽飾の王女は全巻576円なので1冊無料で読めます!

*「嘘よみと偽飾の王女」を全巻読みたい場合は、1152円かかりますが、全巻40%還元なので、実質691円で読めます。

1冊読んだあとに続きを読みたい場合は、全巻40%還元してくれるので無料で読んだ後もお得に読むことができます。

▼嘘よみと偽飾の王女を無料で読む▼

U-NEXTで読む

>>無料期間中の解約もできますのでお試しで利用できます<<

【6冊半額になる】「嘘よみと偽飾の王女」をebookjapanで半額で読む

ebookjapanは、電子書籍サイトとして老舗のサービスになり、初回特典やキャンペーンに定評があるサイトです。

ebookjapanのおすすめポイント


出典:ebookjapan

ebookjapanは、初回登録時に50%OFFクーポンがもらえますので「嘘よみと偽飾の王女」を半額で読めます。

・嘘よみと偽飾の王女 全巻|576円→288円

また、50%OFFクーポンは6冊までに使えるので、嘘よみと偽飾の王女やそれ以外の少女漫画がお得に読めておすすめですよ。

▼嘘よみと偽飾の王女を半額で読む▼

ebookjapanで読む

eBookJapanでお得に読む方法を知りたい方はこちら!

Book Liveで「嘘よみと偽飾の王女」を半額で読む

「Book Live」は電子書籍サイトの中で、漫画取扱数が業界TOPです。ここになければ他のサイトにもないレベルの取扱数を誇ります。

bookliveのおすすめポイント


出典:Book Live

Book Liveでは、無料で読むことはできませんが、登録時に半額クーポンがもらえるので、お得に「嘘よみと偽飾の王女」を読むことが可能です。

・嘘よみと偽飾の王女 1~2巻|576円→288円
*期間限定で1巻が試し読み増量で読めます!お早めにチェック!

半額クーポンは1冊にしか使えませんが、多くの無料漫画に出会えます。その無料漫画の数はなんと、17,000冊以上。


出典:Book Live

まんが王国同様に、月額制ではないので会員登録をして読みたい漫画があった時にクーポンをだけを使ったり、面白い漫画を探すのにおすすめのサイトです。

\嘘よみと偽飾の王女を半額ですぐ読む/

Book Live公式サイト

ブックライブでお得に読む方法を知りたい方はこちら!

「嘘よみと偽飾の王女」がアプリで全巻無料で読めるか調査

 

漫画アプリ無料/有料
少年ジャンプ+配信なし
ゼブラック配信なし
LINEマンガ全話有料配信
マンガBANG!配信なし
ピッコマ全話有料配信
ヤンジャン!配信なし
マンガMee配信なし
マガジンポケット配信なし
サンデーうぇぶり配信なし
マンガワン配信なし
マンガUP!配信なし
マンガPark配信なし
マンガほっと配信なし
サイコミ配信なし
ガンガンオンライン配信なし

結論、LINEマンガなどで配信していましたが、無料では読めませんでした。

しかし、今後配信される可能性も十分にあるので、その際はまた随時情報更新していきますね。

ただ、アプリで今後配信されたとしても、漫画アプリの特徴として、すぐに無料で全ての話数が読めるわけではないことに注意が必要です。

アプリによりますが、1日/○話まで無料など、上限があります。
すぐに漫画「嘘よみと偽飾の王女」を全巻読みたい方にはおすすめできません。

>>すぐに全巻読みたい方はこちらへ<<

漫画BANKなどの違法サイトでzipやrawダウンロードするのは危険?

【結論、危険です。】

無料でPDFダウンロードできるサイトは、全て違法サイトです。
違法サイトは、無償でサイトを運営している訳ではなく、広告等で利益を出しています。

端末がウイルスにかかる恐れもありますので、1冊500円前後の漫画を違法サイトで見た結果、「クレジットカードが使われた」「個人情報が流出した」なんてリスクが大きすぎるのでおすすめしません。

漫画BANKで「嘘よみと偽飾の王女」は無料で読める?

ちなみに、最近話題の「漫画BANK」で読める?と考えている方も多いかもしれませんが、結論、漫画BANKで嘘よみと偽飾の王女は配信されていないようでした。


出典:google

さらに、漫画BANKで漫画を読んだユーザーの中で、端末にウィルスが入ってしまったという利用者が昨年から急増しています。

すぐには気づけないような悪質なポップアップ広告が多いのも、漫画BANKの特徴です。

ここで紹介する方法は、公式のサイトで安全にかつお得に読む方法になりますので、参考にしてみてくださいね。

嘘よみと偽飾の王女の詳細・みどころ感想

舞台となる国の王女は、幼い頃から病弱でほとんど人前に姿をあらわすことはなかった。

そんな形だけの王女であっても価値はあり、彼女の命を狙うものは後を絶たない。

とある夜、またも王女暗殺を狙う侵入者が訪れた。

しかしこの侵入者は、王女の首根を取ったのに殺すことをためらう・・・怒りに震えているのに。

そんな侵入者の一瞬の隙は、形勢を逆転させるのには十分な時間で侵入者はとらえられる。

しかも殺そうと思っていた王女は「男」で替え玉だと告げられーーー。

しかし彼の言葉の節々には、歪に鈍る音が混ざっている。

そう、鈍った音はその人が嘘をついたときの音。

侵入者・オトは、人の嘘の声を聴き分けることができる特殊な能力を持った「女」で・・・?

秘密を抱える偽りの王女と特殊能力を持つ少女の王宮ラブロマンス!

感想

過去に王族がもたらしたオトの村人たちを襲った悲劇。

この出来事で家族を失ったオトは、ずっと王族を憎んで生きてきた。

だからこそ王族に復讐ができるのであれば、王族の誰を殺しても構わないと考えていた。

それでも王女・アスを殺せなかったオトは、本当はとても心の優しい女の子で・・・

人に自分の能力を隠すため、性別も偽って生きてきた彼女は、これまでどれだけの悲しみがあったのか、人の嘘が見抜けてしまう苦しみは、きっと想像以上なのではないかと胸が苦しくなってしまいまs多。

そんなオトの能力を自分の為にとオトを王宮へと招いたアスは、どこまでも自由な男の子でありながら、ときにミステリアスな雰囲気がたまらなくかっこいいです!

ずっと憎き相手だと思っていた人が近くにいる環境で、はたしてオトはどんな物語を紡いでいくのか?

一筋縄ではいかない王宮ロマンスからは最後まで目な離せません!

嘘よみと偽飾の王女が好きな方におすすめ少女漫画5選

掲載誌である「月刊プリンセス」でのおすすめ漫画作品をご紹介!

特に「後宮デイズ~七星国物語~」は、男装芸人として巷で人気を集めていたヒロインが、皇帝のお眼鏡にかかり後宮に入ることで始まる男装女子のシンデレラストーリー!

是非、この機会に読んでみてくださいね♪

ーーー

後宮デイズ

皇帝と男装芸人のシンデレラストーリー。

ヒロインの魅惑の誘惑に惑わされるのは、女なのか、はたまた男なのか。

・魔王陛下のお掃除係

掃除好きの女子高生が転生してしまったのは、見知らぬ異世界の魔王領。

「綺麗」が禁じられた魔王の為に、ヒロインは大好きな掃除に没頭していく!?

茉莉花官吏伝~後宮女官、気まぐれ皇帝に見初められ~

人よりも「物覚え」が特化しているヒロイン。

そんな彼女のお見合い相手は、やさしいけど気まぐれな人で・・・?

亡国のマルグリット

ヒロインの王女は幼くして命を狙われる運命。

そんな彼女を救った人の元で、普通の人間として生きてきた彼女の運命は再び動き出すーーー。

薔薇王の葬列

シェイクスピア「リチャード三世」を原案に作られたダークファンタジー!

悪にも手を染めていく男たちの運命は、悲劇であり美しくもある。

まとめ

漫画「嘘よみと偽飾の王女」を電子書籍サイトやアプリで全巻無料で読める方法の調査結果でした。

初めて利用する方も、安心してお試し利用できるよう、会員登録が無料だったり、初回無料期間がある電子書籍サイトのみ紹介しています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

>>漫画を無料で読める全選択肢はこちら<<

おすすめの記事