漫画「お嬢と番犬くん」の全話あらすじ・考察まとめになります。

最新話あらすじ詳細も随時更新していきますのでチェックしてみてください♪

あらすじ詳細ではなく絵付きで「お嬢と番犬くん」を読みたい場合は、U-NEXTで今すぐに「お嬢と番犬くん」の単行本が無料で読めますよ。

\お嬢と番犬くんを無料で読む/

U-NEXT公式ページ

ちなみに、まだ最新話を読んでいない!という方や、単行本の最新刊を読みたい!という方は、

U-NEXTの31日間無料体験でGETできる600ポイントで、最新刊の漫画も無料で読むことが出来ます。

先に漫画本編を読んでからの方が考察は何倍も面白くなるので、まだの方は是非どうぞ!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

お嬢と番犬くんを最新刊まで一番安く読む方法はコチラ>>

お嬢と番犬くん 最新話【第35話】考察

次回のお嬢と番犬くん【第35話】は別冊フレンドにて、7月13日配信予定になります!

お嬢と番犬くん 最新話【第34話】考察

年が明けてすぐ、交友のある他組へ挨拶に向かう一咲の祖父と啓弥

出迎えるのは金目会傘下の喉黒組組長、喉黒功生と喉黒組若頭、鰍義之。

挨拶もそこそこに客間に移り、始まる酒盛り。

早々に酔っ払った喉黒が一咲の祖父に金目会の傘下に入れと告げます。

酒の席でこう言われるのは初めてではなく、呆れたように誘いを断る一咲の祖父。

ですが、何度も誘っているように喉黒はそう簡単には諦めきれず、啓弥に目をつけて若頭らしく説得しろと叱り付けます。

その後喉黒が泥酔し寝てしまい、酒盛りはお開きとなり一咲の祖父がトイレに向かいます。

啓弥と鰍が二人だけになると、鰍が啓弥に聞こえるように舌打ちします。

どうやら鰍は啓弥が気に食わないようで、組長を担ぎ上げて盛り立てるのが若頭の仕事だと語る鰍。

また加えて仕事を放棄して孫娘とはいえ、小娘に夢中になるのはどうかと侮辱します。

しかし、努めて冷静に組長の唯一の孫娘なので大切なのは当然だと返答する啓弥。

そこへ祖父がトイレから戻ってきて喉黒組を後にしますが、二人を見送る鰍は剣呑な目つきを浮かべていました。

瀬名垣組に戻ってくるや啓弥は一咲の部屋に向かい、いつも以上に情熱的にイチャつくことで鰍から受けた怒りを発散するのでした。

お嬢と番犬くん【第34話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん34話の考察をしていきたいと思います!

またも組繋がりの騒動勃発!?危うい男・鰍義之!

どうにも一咲は他組の誰かしらに手出しをされることが多いです。

前回の四道は別にしても、その前の田貫幹男なんかはかなり強烈でしたよね。

今回登場した鰍も、田貫とは別方向で危ういなと感じました。

田貫は異性として一咲に興味を抱き、手を出してきました。

ですが、鰍はそういった様子はありません。

そういった意味では鰍が行動を起こした際には、今までで最も危険な状況になってしまう恐れがあります。

ただし、鰍の望みは啓弥が態度を改め、一咲の祖父を説得することなのでしょう。

その目的と一咲に手を出すことが、どう考えても繋がりません。

あるとすれば、一咲を攫った上で啓弥に説得しろと要求する程度でしょうか。

それで啓弥が鰍の望み通り動くとは思えませんし、無理やり従わせようとしても瀬名垣組と喉黒組の関係がこじれるだけです。

つまりは一咲に手を出すことが最大の悪手なのですが・・・鰍がどう動くのか今後が楽しみですね!!

お嬢と番犬くん 最新話【第33話】考察

20数年前、一咲の母の翠の世話係だった四道。

当時20歳の四道は、当時15歳の翠に夜な夜な迫られていました。

四道にとっては15歳の翠など子供としか思えず、何よりも世話になっている親父の娘に手を出せるはずがありません。

本人に理由を伝えるも奔放な翠には効果が無く、翠の世話に頭を悩ませる毎日。

そんなある日、翠が同級生と殴り合いの喧嘩をしたと高校から連絡が入ります。

様々なことで手を焼かせる翠に怒り心頭といった様子で迎えに向かう四道。

喧嘩の原因は翠が同級生の彼氏と関係を持ったから。

翠の言い分としては、向こうが殴ってきたから反撃しただけ、彼氏との関係も誘ってきたのは男からとのこと。

ですが、殴り返した本当の理由は、同級生にヤクザの家に生まれた女は誰にも愛されないし、一生幸せになれないと言われたからでした。

家のことを受け入れ、幸せも居場所も自分で掴み取ると決めていた翠からすると、その言葉は到底許せなかったのです。

その日の夜、いつものように夜の街に繰り出す翠。

翠が無断で抜け出したと知った四道は直ぐに繁華街に向かい、チャラい男と仲良くしていた翠を捕まえます。

そのまま帰ろうとするも翠にいつも以上に強く迫られ、遂に根負けして関係を持ってしまう四道。

致してしまった後に金輪際しないと叫ぶ四道ですが、その後3年ほど付き合うことになるのでした。

お嬢と番犬くん【第33話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん33話の考察をしていきたいと思います!

一咲の母、翠の破天荒な若かりし頃!

当時15歳の翠と20歳の四道が描かれた今回は色々と驚きの連続でした。

特に驚いたのは、やはり翠の人。

挙げるとすれば男女関係に奔放なところと殴り合いも辞さない気の強いところですね。

一咲が啓弥一筋ですので、翠もてっきり身持ちが固いと思っていました。

四道が好きと言いながらも不特定多数と関係を持つのは、屈折した精神故かそれとも愛されたいという愛情を求めてのことなのでしょうか。

ですが、現状を受け入れ前を向いている翠を見ていると、そこまで弱って堕ちているようには思えません。

となると、男女関係に奔放なのはそういう性格なのでしょうか・・・。

もう一点、殴り合いも辞さないところは驚きつつも妙に納得できました。

娘の一咲も意思が強く、一度決めたらそう簡単に意思を曲げない頑固さがあります。

一咲はきっと翠のように自分のことで手を出すほど怒ることはないでしょう。

しかし、自分以外の啓弥や祖父、家の者たちが傷つけられたら、それをした者を恐怖を押し殺し武力をもって排除しそうです。

隠れた気の強さ、頑固なところ、愛する人への積極さ、これらは翠から受け継いだものだとわかりますね!

お嬢と番犬くん 最新話【第32話】考察

誕生日を迎える夜、10年前を夢で見る一咲。

啓弥と出会って半年。

その頃からいつも優しく、味方でいてくれる啓弥のことが大好きでした。

6歳の誕生日、啓弥と二人でケーキを食べて祝います。

その際、一咲が啓弥の誕生日を尋ねると、啓弥は忘れていた日付を思い出すように明後日と答えます。

啓弥の誕生日を知った一咲は幼心で必死に考えて、ある物をプレゼントしました。

しかし、プレゼントを貰った啓弥は何やら変な顔を浮かべました。

あの時、一体何をあげたのか・・・。

一咲の誕生日は12月20日で啓弥の誕生日は12月22日。

毎年、間をとって21日に二人でお祝いをしています。

今年も例に漏れず、啓弥がケーキを作り、一咲がご飯を作ります。

頑張って作った料理はどれも美味しく、笑顔を浮かべる啓弥。

一方で啓弥が作ったケーキも、まるで本職の菓子職人が作ったかのような出来栄え。

ケーキの上部に飾られた一咲と啓弥を模したウサギとイヌの砂糖菓子が目を引きます。

そして中央には何や箱が鎮座しています。

中にはシンプルながら一目で高価だと分かる二つの指輪。

そう、啓弥のプレゼントはペアリング。

驚き固まる一咲を前にサプライズは大成功と笑顔を見せる啓弥。

互いに左手の薬指に指輪をつける最中・・・10年前に何をあげたのかを思い出す一咲。

啓弥の17歳の誕生日に一咲があげたのは綺麗な石。

当時の啓弥にとって一咲の世話は、与えられた仕事の一つという認識でした。

しかし、綺麗な石を貰ったあの日から考えが変わります。

綺麗なだけのただの石には何の価値もなく、率直にいらないと感じた啓弥。

けれども、一咲が頑張って選んだのだと思うと嬉しいと感じたのです。

過去の想いを語る啓弥へ一咲はお揃いのパスケースと深い愛情の篭ったキスをプレゼントするのでした。

お嬢と番犬くん【第32話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん32話の考察をしていきたいと思います!

誕生日が終わり、次はクリスマスにデート!?

当初、どうなることかと楽しみな反面、ハラハラドキドキしていた誕生日。

蓋を開けてみると、二人の深い愛情がじんわりと伝わってくる話でした。

幼い一咲が懸命に考えてプレゼントした綺麗な石。

それを貰った啓弥が「いらない」と感じつつも「嬉しい」と感じた点が象徴的でした。

きっと、その時から本当の意味で一咲の世話係りになったのでしょう。

そして一咲への想いが芽生えた瞬間なのかもしれませんね。

とまあ誕生日は恙無くまったりと終わりましたが、次の時事ネタとしては12月24日。

そう、クリスマスイブですね。

交際してから初めてのクリスマス、二人がどう過ごすのか楽しみですね!

お嬢と番犬くん 最新話【第31話】考察

四道から母、翠の想いを聞き、その上で啓弥との過ごす日々が大切だと語った一咲。

部屋を出た一咲は啓弥に怒ってるかと問いかけます。

ただ驚いていると答える啓弥。

一咲としては啓弥との交際は納得しているが、それでも先への不安はすぐには消えません。

誰だって先のことなど分からない。

それが事実だとしても啓弥は、それでも自分から離れられると思っているのかと問います。

一咲の答えは思わないでした。

望んでいた答えが返ってくると啓弥は一咲に口づけを求め、一咲も欲求に従って熱烈なキスで応じるのでした。

翌日は四道が関西へと戻る日。

夕方頃、急いで帰ってきた一咲は祖父と一緒に四道を見送ります。

その時、四道の手帖から一枚の写真が落ちます。

それは若かりし頃の四道と翠のツーショット写真でした。

実は四道は翠と翠が高1から大学1年までの間、交際していたのです。

四道と母親が自身と同じ歳の頃に付き合っていたと知って嬉しく思う一咲。

こうして四道は知られたくない過去を知られてしまい、落ち込んだまま関西に戻ることに。

お嬢と番犬くん【第31話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん31話の考察をしていきたいと思います!

そろそろ一咲の誕生日、何かが起きてしまう!?

最後まで踏んだり蹴ったりだった四道。

イケメンなのに不憫ですね。

しかし、まさか翠と高校の頃に付き合っていたとは驚きです。

大学に入って間もなく破局したそうですが・・・。

果たして、どちらから別れを切り出したのか気になります。

いつか番外編という形でもいいので、登場回が少ない翠の過去話など読んでみたいですね。

さて時は緩やかに進んでいて、一咲の誕生日が近づいてきています。

交際してから初めての誕生日。

啓弥がどんなサプライズを計画していて、何をプレゼントするつもりなのか、今後も楽しみです!

お嬢と番犬くん 最新話【第30,5話】考察

15年前、一咲の母、翠が実家に戻ってきたと聞き、急いで駆けつけた四道。

1年振りの再会ですが、翠の腕に抱かれた赤子を見て言葉が出ません。

少しして落ちて落ち着き、赤子の一咲を抱っこしたりしていると部屋に祖父が来ます。

父親の姿を見た翠は決意の篭った声で実家には二度と戻らないと告げます。

裏社会とは無縁の場所で生きて欲しいという母の願い。

その決意の強さが如何ほどか、実際に己の目で見ていた四道は改めて一咲にどう生きていくか考えるべきだと言います。

真剣な四道に対して一咲も真剣に応えます。

一咲もこれまでは啓弥との未来があるとは思っていませんでした。

恋人になった今も今度もずっと一緒にいるか確証はありませんが、それでも今の望みは啓弥と一緒にいること。

亡き翠に負けず劣らずの決意の篭った瞳と言葉に唖然となる四道。

一咲が去った後、四道は翠に瓜二つだと呟くのでした。

お嬢と番犬くん【第30,5話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん30,5話の考察をしていきたいと思います!

四道と亡き翠の過去に何が!?

娘のために実家と縁を切った翠。

これが家族仲が悪かったという話であれば有り得るかなと頷けます。

ですが、回想から察するに翠と祖父の関係は別段悪くないように思えます。

その状況下で実の父親に向かって縁を切るといった言葉を口にした翠の覚悟は相当ですね。

勿論、言葉通りに実家に戻らないだけで交流はあったかもしれません。

しかし、その場合でも一咲は一切関わらせないようにしたはず。

そして祖父も娘の想いを受け取って、自分からは関わらないようにしたと予想がつきます。

娘の縁を切るという言葉を受け入れる祖父の度量も凄いですね。

翠もそうですが、祖父も本当に娘と孫を大切に想っているのでしょう。

祖父、亡き母、四道、それ以外にも大勢の人たちが一咲の幸せを望んでいます。

啓弥と今後どうなるかは不明ですが、幸せな未来が続いていって欲しいですね!

お嬢と番犬くん 最新話【第30話】考察

宇藤啓弥と初デート中に四道と出くわした瀬名垣一咲。

四道は啓弥には尾行がバレていると悟り、挨拶程度に言葉を交わし去ろうとします。

しかし、クマのぬいぐるみを嬉しそうに四道と似ていると話す一咲の声が耳に届きます。

踵を返して一咲に向かってクマのぬいぐるみを買ってあげると言う四道。

ここまで置いてきぼりの啓弥、当然黙っていません。

ぬいぐるみの大きさを愛の大きさに置き換え、より大きなぬいぐるみをプレゼントすると意地を張り合う男二人。

ですが、大男が抱えるほどの大きなぬいぐるみなど部屋に置けません。

結局、常識的な大きさのぬいぐるみを二人ともプレゼントするで決着。

その日の夜、お礼を言おうと四道の部屋を訪れる一咲。

四道は一咲を部屋の中に招き、一咲が啓弥と付き合えて幸せだと分かっていながら、啓弥との交際はやめなさいと告げます。

一咲の母、翠は裏社会に生きる男との未来を望んでいないと語りつつ、15年前を思い出す四道でした。

お嬢と番犬くん【第30話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん30話の考察をしていきたいと思います!

四道と亡き翠の過去に何が!?

娘にまっとうな人との未来を望んだ母、翠。

これは娘を愛する親であれば、当然といっていいほど一般的な考えですね。

しかし、極道の娘だった翠が言うと、一層真実味があります。

一咲の父親については、これまた殆ど明かされていません。

もしかしたら翠の言葉は、結婚相手、つまりは一咲の父親が祖父と同じ極道だから、経験したからこそのように聞こえます。

ですが、何故その願いを四道が知っているのでしょうか。

15年前にいったい何が起きたのか、次回も楽しみです!

お嬢と番犬くん 最新話【第28.5話】考察

早速、第28.5話の考察をしていきます!

その前にまずは、第28.5話の簡単なあらすじを紹介します。

お嬢と番犬くん【第28.5話】あらすじ

四道國孝と名乗った関西弁の美丈夫。

そこへ一咲の祖父が現れて四道が暫くの間、居候すると言います。

四道は啓弥の先輩で今は分家して瀬名垣組ではありませんが、一咲の祖父が次期若頭にしようと考えてたほどの人物です。

しかし、一咲にとっては知らない人で一緒に暮らすことに緊張を覚えてしまいます。

数日後、ある切っ掛けで四道から四道と一咲の母親、翠との関係を聞きます。

四道と翠は簡単に言えば一咲と啓弥みたいな関係で、四道は翠に好意を抱いていました。

それだけに翠の死を割り切れておらず、また一咲に翠の面影を重ねていたのです。

そうとは知らず、母親との思い出話で四道と打ち解けることができて笑顔を浮かべる一咲。

一方で四道は、同日の夜、廊下でキスする啓弥と一咲を見て鬼のような形相で啓弥を睨むのでした。

お嬢と番犬くん【第28.5話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん28.5話の考察をしていきたいと思います!

四道國孝、新たな恋敵?

啓弥と同程度のイケメンで大人の色気がありつつギャップもある四道。

四道自身のスペックからは恋のライバルとなる可能性は十分にあります。

ですが、四道はこれまで登場した恋敵とは大きく異なる印象ですね。

そもそも四道は翠より5歳年上なので、比喩ではなく本当に親と子供の年齢差があります。

しかも、翠の死を割り切れていないとしても、翠への想いまで一咲に投影するでしょうか。

あくまで主観になりますが、四道が一咲に抱く好意は親愛に近いものだと感じます。

四道がどういう立場を取るのか、今後が楽しみです!

お嬢と番犬くん 最新話【第28話】考察

早速、第28話の考察をしていきます!

その前にまずは、第28話の簡単なあらすじを紹介します。

お嬢と番犬くん【第28話】あらすじ

午後11時、日曜日があと少しで終わろうとする中、明日は啓弥と居られると想いを馳せる一咲。

交際を始める前と比べて生活に大きな変化はありません。

ですが、以前とは異なり離れ離れの時間が長く感じてしまいます。

そして、それは啓弥も同じです。

突然、一咲の部屋にスーツ姿のまま現れる啓弥。

啓弥は一咲に会うために仕事を抜け出してきたようで、お互いに同じことを思っていたと知って嬉しく思う啓弥と一咲でした。

翌日の放課後、帰宅した一咲は四道國孝と鉢合わせます。

四道は顎から口元にかけて大きな刀傷が目立つ美丈夫で啓弥とも面識がある様子。

啓弥にとっては、さんと敬称を付ける相手ですが、お互いにお互いを敵視とまではいかなくとも嫌っているようです。

その男が真面目な顔で一咲に名前を告げて、よろしくと言うのでした。

お嬢と番犬くん【第28話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん28話の考察をしていきたいと思います!

四道國孝の正体

一咲と啓弥の恋が順調に進む中、またも新登場の男が現れました。

四道なる男は一体何者で、何の目的で一咲に挨拶をしたのでしょうか。

若頭の啓弥が敬称を付けて呼ぶ相手ですので、瀬名垣とは別の組所属、かつ啓弥と同じ若頭かそれに近い地位と思われます。

仮に若頭だとすれば、他の組の若頭が挨拶したということで結構な大事かもしれません。

四道の様子からもただの挨拶とは思えませんので、田貫のような恋のライバルという線は無さそうです。

お嬢と番犬くん 最新話【第27話】考察

早速、第27話の考察をしていきます!

その前にまずは、第27話の簡単なあらすじを紹介します。

お嬢と番犬くん【第27話】あらすじ

啓弥の部屋から出てくるところを祖父に見られてしまい青褪める一咲。

話し声を聞いて啓弥が部屋が出てくると、啓弥と一咲を見て何かを悟る祖父。

祖父は夜に話しがあると告げて去っていきますが、一咲は関係がバレてしまい反対されるかもしれないと不安になります。

ですが、予想に反して祖父は呆気なく二人の関係を認めます。

祖父はずっと前から一咲の啓弥への想いも、啓弥の一咲への想いも知っていました。

やっと交際をスタートさせたと喜ぶ祖父ですが、年相応の付き合い方をしろと釘を刺します。

祖父から注意を受けた一咲と啓弥ですが、心配なのは啓弥です。

けれども、啓弥も先の喧嘩で深く反省していて、今すぐにとは考えていません。

いつかその時が来たらと約束するのでした。

お嬢と番犬くん【第27話】考察

ここからは、お嬢と番犬くん27話の考察をしていきたいと思います!

交際に待ったがかかる!?

祖父に見られた時はどうなることかと思いましたが、あっさりと認められました。

思っていたよりも早い展開ですが、認められたことで晴れて交際をスタートできます。

同じ家で暮らしていて、家族全員に秘密にしなければならないとなると、啓弥はよくても一咲がどこかで参っていたかもしれません。

そう思うと、これはこれでアリかなと感じます。

もっとも、祖父は好意的でしたが、他の者はどう思うのでしょうか。

一咲は組員全員を家族と捉えていますので、やっぱり全員から祝福されたいですよね。

トップが認めたので早々ないとは思いますが、他の誰かが交際に待ったをかけるかもしれませんね!

まとめ

以上、お嬢と番犬くんの最新話までの考察・展開予想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。

無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

アプリで「お嬢と番犬くん」を全巻無料で読めるか調査した結果!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

【2022年版】電子書籍サイト目的別におすすめ17社を徹底比較!抑えるべき3つのポイント!

 

おすすめの記事