ハニーレモンソーダのサムネ画像

ハニーレモンソーダは、りぼんで連載中の、村田真優先生の恋愛漫画です。

「ハニーレモンソーダの全文ネタバレではなく、感想・考察が知りたい!」
「今後どういう展開になるのか気になる!」

という方向けに、漫画大陸独自で考察をまとめてみました。

ちなみに、まだ最新話を読んでいない!という方や、単行本の最新刊を読みたい!という方は、

U-NEXTの31日間無料体験でGETできる600ポイントで、最新刊の漫画も無料で読むことが出来ます。

先に漫画本編を読んでからの方が考察は何倍も面白くなるので、まだの方は是非どうぞ!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

目次

ハニーレモンソーダ 最新話【第74話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第74話】 あらすじ

過去を振り返りながら、人生の変わった日を思い起こす羽花。

ただそんな羽花は、事故で気を失っており、そんな羽花を心配した友人たちは、病院に駆けつけていた。

しかしながら羽花は実は幸いにも軽いけがで済んでおり、無事だった様子。

だが射手矢だけがその場から消えており、また界に関しても
責任を感じていたようで、羽花はそれに心を痛めてしまっていた。

そしてそんな翌日のこと、羽花は学校に投稿してきて早々、
射手矢が朝に学校で暴れて停学になったことや、事故の真相を人伝いに聞くことになる。

そのうえでさらに界に関しては、今までと態度が変わって
射手矢のことにあまり反応しなくなり、羽花はますますいろんなことが心配に。

ただそんな時、羽花は界に突然、日曜デートにさそわれることに。
それを見た羽花は嬉しさもあるが、普段とはやはりちょっと違う界のことをとても心配していた。

けれどとりあえず始まった日曜日のデートは、
いつも通りと言えば、いつも通りに進んでいく。

だがやはりどこかには違和感が残っていて、羽花はそれに気づいては落ち着かない気持ちになっていた。

そしてそんな時、羽花は昔通っていた中学校に出向き、
偶然にも担任の先生に出会った事で、過去の出来事に少しだけ踏ん切りをつけることに成功。

一方そうさせてくれた界にも羽花が過去の後悔を聞くと、
界は父の写真を見せながら、「中途半端」になっていることへの後悔を語り始めた。

それから、界はその「中途半端」の答えを示すように、
射手矢に声をかけて、合鍵を渡し、ちゃんと射手矢ともう一度向き合うことを話す。

対して射手矢はそれが心に響いたようで、界にも、そして羽花にも、
不器用ながら一歩踏み出したような態度
を見せたのだった。

その後、今度は界にさそわれて界の家に行った羽花は、
界の行動から愛情をひしひしと感じ、思わずそれをそのまま界に伝えてしまう。

だが一方の界は、そんな羽花にひるむこともなく、素直に羽花への愛情を認めたのだった。

ハニーレモンソーダ 【第74話】 感想・考察

ここからは、74話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

射手矢の変化がもたらすものとは?

今回、ついに界からも見放されてしまったかと思いきや、
そんなことはなく、ちゃんとここからも校正の道を歩めそうだった射手矢。

ただちょっと気になったのが、射手矢もバックに親のアレコレがあり、
このへんの住まいに皆そういう親が集まっているとしたら、皆知り合いなのでは…という。

一番あり得るかな、と思っているのは、
射手矢の母親と実は界の父親がつながっていて、色々複雑になるかも、ということ。

特に今回、ついに界の父親の顔が出てきたのが意味深だったので、
もしかしたら射手矢にあれこれ手を出しているうちに、界側にも何か起きるかもしれません。

その時は、羽花も界も皆高校生なのですし、
大人が介入して、何とかしてほしい気持ちがありますけどね…。

次回は体育祭の話?

と、そんな一方で今回も話題に出ていた体育祭の話ですが。
前回から色々話は出ていたので、もしかしたら次回本番かもしれませんね。

そうなると、いつも何かしらのラブラブっぷりを見せつけていたので、
今回もそういう展開になるのでしょうか?

そして問題児・射手矢に関しても、体育祭をきっかけにクラスメイトと馴染んだり、
体育祭で何か変化が訪れるといいな…と思っています。

それが見られるのが次回なのかどうなのか、それは注目ですね。

ハニーレモンソーダ 最新話【第73話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第73話】 あらすじ

体育祭に向けて色々と前進し始めると同時に、受験や卒業のことも考え始める羽花たち。

だがその一方で、自分たちの後を継ぐはずの一年の特に射手矢が問題児で、
少々不安も残っているようだった。

ただそんな射手矢には、現在は宣言通り界や友哉が構い倒しており、
羽花もそんな界たちを見て、自分も射手矢にもっと寄り添うことを決意する。

そしてそんな射手矢を変えようとする一方、羽花に憧れる透子に関しても、
少しずつ働きかけ、向き合い、変われるように動いていた羽花。

でもなかなかうまくいかないまま、特に射手矢に関しては、
羽花を完全に拒絶してきて、そのうちに学校に来なくなってしまう。

けれどそれでもあきらめない界は、射手矢を探しに行くことにし、
そのうちに射手矢の家庭環境や、弱い部分を知ることに。

ただそれを知った時、界は全て丸ごと受け入れる態勢で、そのうちに家に招き入れることに。

一方で、こちらも透子を変えようと動き始めていた羽花は、
透子をバックアップしつつも、界が射手矢を預かることになったと知り、放課後界のもとへ。

だがその道すがら、射手矢と会った羽花は運悪く暴走した車に遭遇してしまい、
射手矢を庇った結果、事故に巻き込まれてしまって―――――…

ハニーレモンソーダ 【第73話】 考察

ここからは、73話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

次回で射手矢が変わるのか否か

今回、とんでもない終わり方で話が終わってしまい、
羽花が果たして無事なのかどうか、というところがもう心配なわけですが。

でもここまでのことがあると、射手矢も次回は変化がありそうな気がしますね。

そもそも、射手矢は別に悪いヤツという感じではなく、
もともとは優しさを持っていて、反省する心も持っている感じがあります。

ただ素直になれない部分が多いので、今回のことは相当堪えそうですし、
羽花に謝ったり感謝したり、ということが、なんとかできそうな気がしますね。

しかし一方で、そこに至るまでに、
自分が羽花を危険に晒したことで、界から突き放されないか怯えるもありそう。

でも多分ですが、界は射手矢を責めたりはしないと思うので、
色々考え、葛藤しながら自分の意思で謝ったりなんだりしてほしいところですね。

透子と射手矢の関係性

そして、そんな一方で透子と射手矢に関して。

恐らくですが、透子はなんだかんだ周りをよく見ていて、
射手矢のことだって、色々と気にかけている人物っぽい感じですね。

もしかしたら、今後透子は自分が変わるうえで、
射手矢に関しても、戦友みたいに一緒に頑張ろうとするのかもしれません。

というか、羽花や界よりももっと、
「助けられる側」の近い目線で、仲良くなっていくのかな?

むしろ、卒業の話が近くなったら、この二人が大活躍する(中心になって動く)という
そういう展開も入ってくるかもしれませんね!

ハニーレモンソーダ 最新話【第72話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第72話】 あらすじ

射手矢が突き放してしまった猫を、結局羽花と界が協力して飼うことになったある日。

その猫はまたよく学校に迷い込んでくるようになり、他の生徒たちも騒がせていた。

そしてそんな時、同じく生徒を騒がすのが、
喜多高の生徒とケンカして怪我をしたという射手矢。

そのうちに、射手矢はどんどん他人から拒絶されるようになり、
一方で射手矢自身も、他人を拒絶するようになってしまった。

そんな様子を見ていた友哉は、なんとなく射手矢の気持ちを察したようにするが、特に何も動かず。

と、そんな放課後のこと。

体育祭のあれこれを、新入部員がいないので一人で描くことになっていた美術部・羽花は、
先生から、以前羽花に憧れていると言っていた1年生の女の子を、新入部員として紹介される。

ちなみに、その子はまだ羽花のようには友達ができていないようだったが、
色々と羽花に共感し、なんとか前に進もうと健気に頑張っているようだった。

そんな様子に羽花が心打たれているとき、
全校生徒にあの猫の捜索を願い出る放送が流れ、羽花たちも探しに行くことに。

その結果、羽花たちは無事に見つけることができたのだが、そこには優しく笑う射手矢の姿もあった。

だが羽花たちを見るなり、いつもの射手矢に戻るのが、羽花にはそれがどうも複雑な様子。

そして色々とそういった葛藤を経て、羽花はとりあえずまず、
あの1年生の女の子・香椎透子を1歩進ませるべく、1年の廊下で彼女が目立つような行動を敢えてした。

すると、その羽花の行動に感動した様子の透子だったが、
ただそんな時、射手矢とのケンカした報復に来たらしい、喜多高の生徒が乗り込んでくる。

その結果、射手矢はまた孤立しそうになるのだが、
止めに入り射手矢も諭したのは、他でもないで―――――…

ハニーレモンソーダ 【第72話】 考察

ここからは、72話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

界にとっての羽花が、射手矢にとっての…

今回、突き放したかに思った射手矢を、本格的に救う体制に入った界。
と、同時に羽花もまた、透子に対しても射手矢に対しても、何かしらの動きを見せてきました。

そして、こうして考えてみると、
もしかして羽花と界みたいな関係を、透子と射手矢で作る感じになっているのでしょうか?

まあ第一は界が射手矢を救ってからの展開だと思うので、すぐにはならないでしょうけど。

でも、射手矢は当然界や羽花の行動に反発するだろうと思うので、
その時に同じ目線で諭してくれそうなのが、透子なんですよね。

それに、射手矢は今かなり孤立気味で、
界が卒業したらまたおかしくなるような状況ではマズイはずですし。

1年の中に、射手矢の居場所を作ってあげると思うので、
その時に、透子の居場所も作る意味で、彼女と射手矢を友達にしそうです。

ただそれが、友情から恋愛に発展するかは、まあ微妙なところだと思いますけど…

体育祭で何が起こる?

そして、毎年何かしらの事件が起こっている体育祭に関して。

しかも今回、華宮にまた何か交渉しているという話も出ていましたね。

ただまあ、今回の体育祭に関しては、
羽花と界がうんぬんよりも、射手矢や透子に焦点が当たりそう。

でも華宮が来るとなったら、宙との再会もあり得るわけで、そのへんは楽しくなりそうです。

ちなみに体育祭と言えば、羽花が友達と一気に打ち解けた上に、
界ともかなり距離を縮めた催しです。

なので、これに透子を重ねて、
今回は透子を一気に色々前に進ませる体育祭になるのかな、と予想しています。

ハニーレモンソーダ 最新話【第71話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第71話】 あらすじ

射手矢と知り合ってから、彼らの良くない噂を聞くことが多くなった羽花たち。

そして射手矢は、相変わらず界に絡んでいて、
そんな射手矢を観察している羽花は、まだ彼のことが掴めずにいた。

一方で、射手矢自身も自分のことがよくわかっていないようで、
しかしその反面、羽花のことだけはあまり良く思っていない様子。

どうやら、自分の思う界と羽花がどうしても釣り合わずに、羽花を認められないようだ。

ただ羽花は、相変わらずそんなことを気にも留めず、
むしろ射手矢に絡まれている界の方を、とにかく心配している様子。

そして一方で界に関しても、羽花以外にあまり興味を示しておらず
いつものように羽花にだけ甘い態度を見せていた。

するとそんな時、急に学校に怪我をした猫が現れ、羽花たちはそれを救おうと大騒ぎ。

でもうまく捕まえられず、むしろ怪我や汚さにヒいてしまう人もいたが、
羽花だけは手を差し伸べた。

結果、ようやく猫を捕まえられた羽花は、病院に向かうことを決めるが、
そこで病院の場所を案内してくれたのは、意外にも射手矢。

そして数日後、治療も終わり今度は猫の引き取り手を決める段階になった時、
猫が一番懐いたのは、これも意外に射手矢だった。

だが射手矢は、引き取ることを決めたのにも関わらず、
界が羽花に甘くしているのを見て、何かうらぎられたように感じ、突然引き取りを拒否。

ただそんな射手矢の態度の真意を、羽花は鋭く見抜いており、
それに動揺した射手矢の行動によって、なんと猫が川に落ちてしまう事故が起きた。

しかしここで真っ先に飛び込んだのが羽花で、そんな羽花を真っ先に助けたのが界。

でも羽花は、この一連のことに関して射手矢を全く責めることもなく
それによって、射手矢は少しだけ心を動かされたようだった。

ただそんな射手矢を見ていた友哉は、ふいに自分の1年前のことを思い出して――――…

ハニーレモンソーダ 【第71話】 考察

ここからは、71話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

友哉の行動の謎が明らかになり始める?

今回、個人的に一番気になるところだったのは、
射手矢の態度が友哉に似ていると、友哉自身が認めていたところですね。

ちなみに何が気になったかって、
確かにこれまでの友哉の行動って、謎が多かったんですよ。

というのも、例えば羽花に対して、謎の牽制みたいなことをしてきたり。
かと思えば界に対して、羽花から離れるように牽制してきたり。

そしてこの行動がどうも、高嶺は羽花に気があるのか?みたいなミスリードをさそって(笑)、
一体友哉に何の真意があるのか、ずっと考えていたんですが。

今回の件で、それが分かった感じでしたよね。
つまり、友哉はおそらく「以前の界」の方が実は内心では好きで、
それを羽花が変えてしまいそうだったから、羽花のことを界から離そうとしたんでしょう。

でも、友哉が以前の界が好き、というところに関して、
その裏には恐らく、友哉がかかえている闇があるんだろうと思います。

なので、今回この友哉の行動が明らかになった以上、
さらに友哉の闇には、切り込んでいく形になりそうな予感です。

射手矢はこれから界のライバルになりえるか

ところで、今回射手矢が、
羽花に対して、大嫌いから少し、印象が変わったような展開でしたが。

しかしながら、それって射手矢が羽花を好きになったり、
そういう展開になったりはしないんでしょうかね?

…とそう思う一方で、個人的な予想としては、そうはならない気がします。

というのも、射手矢が界に執着するのは、おそらく自分と界を重ねているからで、
心の底ではきっと助けを求めているからこそ、羽花にも心動かされているんだと思うわけで。

でも、羽花は界だからこそ助けられたわけで、射手矢のことはそうはならないと思うんですよ。

なので、射手矢に関しては誰か別の存在が、割り当てられる(笑)のではと思います。

とはいえ、まあちょっとぐらいは、反抗しているうちに羽花に惹かれるとかありそうですが。
ただその場合は、界がきっちり牽制してくるでしょうし、そこまで大事にはならない気がします。

ハニーレモンソーダ 最新話【第70話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第70話】 あらすじ

夏休みが開けたばかりの八美津高校では、風紀検査が行われている。
そこで、教員たちは皆の元気も見るそうで、検査を行っていたのは人気者ばかりだった。

ただその中には、小さな変化に気づいて他人を喜ばせる羽花も混じっていて、
その結果羽花は、色々な人に絡まれることに。

しかしそんな中で、一番絡んでくるのが界で、
二人はいつも通り…より少し甘く、学生生活を再開させていた。

と、そんな中で始まった始業式にて、
とある1年が堂々とサボろうとしており、問題が起きそうになったので、界が出ようとする。

だがそこで、界は先生に止められ、交流しないように注意された。

そんな1年の中で、特に目立つのがオレンジ色の髪をした射手矢という男の子
そしてその射手矢は、どうやら界を気にしていたようだが、結局何もわからないままだった。

それから、全学年では体育祭の実行委員の選出が行われ、
色々あった末に、界と羽花、そして友哉などが選出される。

そしてそんな時、実行委員の集まり中、友哉の進学に関して、彼の親が関係していることなど、
色々と問題が露呈しそうになるが、最終的に界と友哉の内輪な空気感で話は終わり、
結局それ以上の詳細は分からなかった。

すると、そんな界と友哉の関係に少しだけ羨ましさを感じる羽花。

でも、その後あったトラブルをきっかけに、羽花は界と自分も特別であることを実感し、
さらにはそれ以上に、界と関係も深めることが出来た。

ただ、そのトラブルというのが、また射手矢関係のことで、不穏さは増す一方
そしてそんな時、ついに射手矢側から界に直接話しかけてきて、
なにやら射手矢が、界に対して憧れを持っているらしいことが分かった。

しかし、界が関わりを拒否すると、なんと射手矢は机を界に投げつけてきて―――――…

ハニーレモンソーダ 【第70話】 考察

ここからは、70話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

射手矢の存在の謎

今回、新学期になって新しいキャラである1年の射手矢が登場しました。
そして射手矢は、問題児である上に、界に憧れていることが明らかになりましたね。

しかも、話の流れからして、
多分射手矢は界に対して、結構執着しているような印象です。

そこから考えると、おそらくですが射手矢は、羽花のことを疎ましく思っていそうで、
界の気を引くために、羽花に手を出してくる可能性もある気がしますね。

ただ、射手矢は界のことをどのように知って、この八美津に来たのでしょうか?
もしかしたら、羽花のように前に界に救われて、それで追ってきた感じでしょうか。

でも、一方で青木先生が、界に関わらないように言っていたことから、
もしかしたら界の闇である、父親のことと射手矢が関係がある可能性もあります。

もしや射手矢が、実は界の父の子で、ずっと界を気にしていた…とかなのかもしれません。

友哉のかかえる闇→親からのレールが関係?

ところで、今回ずっと謎だった友哉の闇に関して、少しだけ明らかになりました。

どうやら友哉のかかえる闇は、界と同じく親に関することであり、
そして友哉は、親にレールを敷かれるタイプで、進学する大学も関連しているようです。

つまりは、友哉の親はかなり厳しい人っぽい感じですし、
もしかしたら実力主義的な部分があり、優秀でなければ許さないとか、そういうのがあるのかな。

ただ、それに友哉自身は反発しているようですし、
界の家にいること、界と波長が合うことから考えると、親から離れたいのでしょう。

それから、おそらくですが友哉はいまだ界以外に心を開けていない様子で、
だからこそ、界が羽花と近づくのを、色々内心で思っていそうな描写があるのかなとも思います。

なので、友哉がここから奈乃に心を開ければ、
友哉と界の関係にも、少しだけ変化が起きそうな予感がしますね。

ハニーレモンソーダ 最新話【第69話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第69話】 あらすじ

夏休みも残り1週間となったころ、羽花は2年ぶりに来る、
田舎のおばあちゃんの家で、のんびりと過ごしていた。

ただそうしながらも、あゆみたちから連絡が入ったりしていて、
なんだかんだ東京のことは忘れない羽花。

そして羽花自身、界のことが相変わらず気になって仕方なく
余りにも大きすぎる界への感情を、持て余しながら過ごしていた。

と、そんな時。

羽花はふとしたことで、友哉が界の仲良くなった時期と、
悟が二人と仲良くなった時期が、違っていることに気がついてしまう。

ただ、だからと言って何も知ることが出来ない羽花は、
その日の夜、そんな悟が羽花のために作ったという、界の動画を受信した。

それを見た羽花は、その動画によって離れている界を近くに感じると同時に、
悟を通して初めて知る界のことや、知らなかった悟の想いを知る。

そして、悟が界のことを大切に想っているのだということを、
動画を通して一番に感じ取り、羽花は皆に愛される界を知れてうれしくなった。

ただそんな動画を見終えた日、羽花は自分に会いに来てくれた界と遭遇し、
界の気持ちを知ると同時に、自分の気持ちも界に伝え、お互いの気持ちを確かめ合う。

一方で、実は界についてきていた悟とあゆみは、
羽花と界の写真を撮りながら、これを二人の次のロック画面にと思いを馳せるのだった。

ハニーレモンソーダ 【第69話】 考察

ここからは、69話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

高校3年の夏が終わり→受験シーズン到来?

ついにもう夏休みが終わる感じで締めくくられた今回。
こうなると、まあ文化祭もあるとは思いますが、受験シーズンもやってくるはずです。

今までは、学年が学年だけに八美津祭だけがピックアップされ、
あとは記念日なども絡めて、ここまで色々あったわけですが。

でも、今年は3年なので、
羽花と界に関しては受験モードの話が濃くなるのではないでしょうか。

ただ、二人はもともと頭が良い設定もあるので、
受験モードといっても勉強勉強という感じでなく、進路のことであれこれありそう。

というか、そもそも界の進路ってまだ明かされていないんですよね。
なので、次回以降から界の進路に関して、明かされていくことになるのでは?と思います。

ちなみに予想としては、今回紙飛行機の話が急に出て来て、
その紙飛行機への知識が妙にあったので、航空整備士…機械工学科とか?

それか、放浪癖から派生して、旅行関係とか世界史関係とかもありえるのでしょうか。

ただ、もし羽花と界が一緒に大学に通う…的なことがあるとすると、
界の進路としては、言語系の職(通訳とか)が一番有力なような気もしますね。

でも一方で、もしかしたら地域だけ一緒で、同棲することを決めて、
大学は別…ということもあるので、まあそのへんはまだ読めないところかな、とも思います。

界の父親と友哉の謎の関して

そして、少しだけ気になる部分として、
まだ明かされていない、界の父親の謎友哉のバックボーンに関して。

これに関しては、そもそも明かされるのか?というところが気になりますね。

個人的な予想としては、友哉に関してはあまり深くは明かされない気がします。
明かされても、おそらく本編ではなく番外編かな~と。

一方で界の父親に関しては、私は次回以降の進路の話で明かされるのでは、と。
多分ですが、界の父親の職業的なところから、界の進路が派生する気がするんですよね。

でもただ、界の父親が戻ってくるかどうかに関しては、
ちょっと難しいところかな、と思っています。

いや、はっきり言ってしまうと、
現状の予想では戻ってこない方が有力な気がしています。

もしかしたら、どこかで生きている描写?みたいなのはあるかもですが、
界と直接話すほどのつながりは、ここからは生まれないかな、と。

なぜなら、界は羽花とのやり取りで、父親のことを乗り越えている感じがあり、
再会してもしなくても、一緒かな、と思うので。

まあ、もし再会したとしたら、ひと悶着はあるでしょうけどね。
ただ羽花がいるので、そこまで大きな問題には発展せずに、終わりそうな気がします。

ハニーレモンソーダ 最新話【第68話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第68話】 あらすじ

ある日、予備校帰りに
あゆみたちに呼び出され、界に会いに来た羽花。

するとそんな界は、
中学校の時に髪を染めてくれた美容室カットモデルをしていることが明かされ、
羽花はその事実に、また、自分の知らない界のことが気になるようになった。

そしてそれに加えて、今年の花火大会も、
予定があって界と羽花は一緒にいれないことが決まっており、
羽花は、夏休みがこのまま終わることに、焦燥感を持っている様子。

と、そんな時、羽花は界に図書館にさそわれ、一緒に行くことになったのだが、
そこで、羽花に界の「本来の」性格を思い知らされ、
さらには界が羽花と一緒だと癒されるようだったので、羽花は考えた末に、
界のことを自分の家に招待し、のんびりさせてあげようと思いついた。

ということで、家についた二人だったが、その後、
両親からあれこれ介入されてしまい、逆に落ち着かない羽花。

ただ父と界が出くわした際、界から現状のことが聞けて、
さらには少しだけ、心の奥にもふれることができて、羽花はさらに界が気になるように。

一方で界も、羽花の家族とふれあったことや、ここまでのことが影響し、
自分の父について急に思い出し、さらには羽花の家族からの対応にも、心動かされ始める。

そしてそんな中で、どうしてもやはり界のことが知りたかった羽花は、
花火大会中に界を探すが、その途中に、最初の出会いの再現のような状況になり、
そこで界から、羽花に声をかけてきた、その当時の想いが明かされた。

それを聞いた羽花は、自分の将来の夢も絡めつつ、
その当時の界の願いを、自分が一生かけて叶えていきたいことを宣言。

すると、界はそんな羽花のプロポーズのような言葉に喜んでくれ、
そのまま界は、羽花を連れて夏祭りの中に二人で消えていき――――――…

ハニーレモンソーダ 【第68話】 考察

ここからは、68話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

界の父はここから帰ってくるのかどうか

今回ついに、界のもろもろの気持ちが明かされることになり、
同時にここで、界の父との確執についても、かなり見えてくる展開になりましたが。

ただここで一番気になるのは、界の父の現在ですね。

というか、もともと界の存在を、界の父はあまりよく思っていなかったようで、
まあ消えたのも必然…という感じで描かれていたので、そもそも帰ってこない可能性も、
確かにあるのかな、という感じもしてはいるんですけど。

でも、一方で界は叔父さんにあたる人物から支援を受けており、
となると、その叔父さんがまだ父方か母方かわからないのであれですが、
もし父方ならば、界の父はその人を通じて界のことを知ることは、できるはずです。

そして、羽花もずっと界の父の行方を気にしているため、それを考慮すると、
なんとなく界の父は、一度どこかで顔を出しそうな気がするんですよね。

ていうか、界は色々と羽花によって溶かされてきてはいますが、
心の真ん中にあるわだかまりみたいなものは、
父が来て、ちゃんと話し合わないと、消えない気がします。

なので、今後のためにも、界の父が出てくるのではないかな…と予想しています。

界の進路はどうなる?

そして、今回気になったのが、これ。

羽花に関しては、今回で進路が発覚し、
さらにはそれによって、界との関係も深まったわけなのですが。

一方で、界に関しては一体どうなるのでしょうか?
進学…というところまでしか分かっておらず、どういう道に進むか見えていないのですが。

そもそも、界は羽花と一緒にいることを決めており、
なんとなくですが、遠距離になる…的なことは選ばない気がするんですよね。

なので、おそらく場所はそろえる(一緒に東京に残る)感じにはなりそうですが、
でも、進学する大学(または科)に関しては、一緒にならないだろうと思います。

ただ界って今まで、こう他人から頼まれて、なんでもあれこれこなしていて、
さらには自分が実は好きではないことを、今後のためだとやっている部分もあり、
なんというかこう…本質を見せないで、ここまで結構やってきた感じなんですよね。

となると、界が本当の自分と向き合った結果、どういう進路に進むのか…というのが
かなり難しい所で、予想もしにくいなあと思っています。

でも、まあ一応予想としては、
界はなんとなくですが、先生とかそっちに向いてる気がしますけどね。
羽花のことを引っ張ってあげていたし、なんだかんだ行動力があるので。

しかし一方で、本質は静かな落ち着くところが好き…みたいなのもあり、
そうなると…例えば研究職とか?うーん…違うか。

でもともあれ、界の進路については、界が自分の本質を向き合ったり、
またそのために、誰に頼るのか…みたいなところで、物語的には動きそうな気がします。

そしてどんな道を選ぶにせよ、羽花が支えていくことにはなるでしょうけどね。

ハニーレモンソーダ 最新話【第67話】あらすじ・考察

ハニーレモンソーダ 【第67話】 あらすじ

界から初めて父の話を聞いたのち、迎えた2日目の朝。

羽花は、界の心の内をまだはっきり理解することができないまま、
結局皆といつも通りの空気になり、まずコテージでもう少し楽しむことに。

そしてそんな時、羽花は奈乃から昨日のお礼を言われると同時に、
これからのアドバイスを求められたのだが、そこで間に入ってきたのは友哉だった。

そこで、友哉は自分にも何か事情があることを奈乃にほのめかすが、明かすことはない。

そのうちに、羽花と界は皆が気をまわしてくれて、
二人きりで買い出しに行くことになったのだが、その買い出しにて羽花はかなり楽しそうにした。

色々と初めての経験が多く、何事にも挑戦出来て、
それをさらに界と一緒にできることが、羽花にはとても楽しかったのだ。

ただ、羽花はその中で、界がどうも自分に気を遣っている部分があることを察し、
その理由が、恐らく夜に、自分に過去を話をしてしまったからであることも察する。

そのため、羽花は界がもっと界自身に優しく出来るように、
そして、遠慮なく羽花を頼れるように、と考え始めた羽花は、ふと思うのだった。

自分と界が初めて出会った時、界が羽花に声をかけた理由はなんなのか、と。

ハニーレモンソーダ 【第67話】 考察

ここからは、67話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

界と羽花の出会いの「意味」

今回、未だにちょっと読み切れなかった界の内面が見え、
本当に少しずつですが、界の方が大きな変化に向かっている感じになってきました。

そして、今回鍵になりそうだったのが、界と羽花の出会いの意味ですね。

そもそも確かにあの時、界はなぜ羽花に声をかけたのか。
そのへんは全然明かされないまま、ここまで来ていました。

まあ以前から、過去の芹那の際にもあったように、
確かに界はいじめられっ子を構う部分がある、というのはあったと思いますが。

でも本当に、声をかけた時には見ず知らずの羽花に対して、
そういう風に構うのは、不思議な感じではあります。

となると、もしかしたら界は自分の孤独を埋めるような感じで、
孤独そうな他の人に自分を重ねて救おうという感覚が、ずっとあったのかもですね。

ただ、相手が救われた瞬間に、自分との差を感じて、離れてしまうのかも。

でも、そこをおそらく界からの離別も構わず離れずにくっついてきたのが羽花で、
羽花ならば、界の孤独を救って行けるのかもしれないな、と思います。

友哉と奈乃は進展するのかどうか

そして、まだ気になるのが友哉のこと。

というのも今回、ついに友哉のことに話がふれはじめ、
友哉自身も、今まで飄々としていたのに、少しずつにおわせはじめました。

恐らくですが、界が羽花と出会って、少しずつ変わり始め、
自分も変わりたい、救ってほしいというような願望が出てきたのではないでしょうか。

ここまでくると、以前なんかこう羽花を友哉が気にしてた?みたいな、
界に対して羽花に何かするような動きをして挑発していた?みたいな。

あの思わせぶりな態度は、界を自分のところに引きとめておきたかったのでは?と思えますね。
羽花のことをどうこう思っている…とかでなく。

で、となるとここで気になってくるのは、友哉と奈乃の関係です。

現状奈乃は、まだ友哉のことを恋愛としては見ていない感じでしたし、
ただ一方で、友哉のことを気にかけてはいるという、ちょっと微妙な感じではありました。

でも、奈乃はなんだかんだ素直で、でも臆病なところがある感じなので、
友哉が本音を見せてきたら、奈乃も恋愛としてちゃんとその気になる感じなのかな?

それまでは、もしかしたら奈乃と友哉は、友情みたいなそういう関係が続くのかもしれません。

界と羽花以上に、ヤキモキする展開になるかもしれませんね(笑)。

ハニーレモンソーダ 最新話【第66話】考察

早速、第66話の考察をしていきます!

その前にまずは、第66話の簡単なあらすじを紹介します。

ハニーレモンソーダ 【第66話】 あらすじ

夏休みに海水浴に訪れ、ついに水着になった羽花だが、
他の友人たちカップルと違い、羽花と界はなんだか変な距離感が生まれていた。

しかし、何とか羽花は界と距離を縮めようと努力し、
積極的に動いてみるものの、界からあからさまな拒絶を受けてしまう。

そしてそのうちに、羽花は自分の言った言葉に、
界が表情を曇らせたのも見てしまい、不安が募り続けていた。

そんななか、羽花は門限までに帰るつもりだったのに、
嵐が来てしまい、帰れなくなり皆とコテージに泊まることに。

しかし、やはり界の様子がおかしく
羽花は心がざわめくが、そんな時奈乃が失踪したことを羽花は知った。

そして、そのうちに奈乃の居場所を突き止めた羽花は、
界に止められるのも構わず
飛び出し、危険に晒され、その結果、界が暴走。

でも、羽花はそんな界を拒絶することなく、受け入れ、
その結果、羽花は界の奥底にあった父との記憶を、聞くことになるのだった。

ハニーレモンソーダ 【第66話】 考察

ここからは、66話の考察をしていきたいと思います!

※こちらは全文ネタバレではなく、あくまで考察となりますので、ご了承ください。

界と父との確執

さて今回ついに、界がいままで語ることのなかった、
父との関係性を、少しだけ話してくれました。

以前から「失踪した」とは聞いていましたが、
まさかこう、本当に急にいなくなったのだとは…。

まあでも、界が父を急になくしてしまったがゆえに、
界と羽花のお父さんがわかり合えたので、それは…いいのか…どうなのか。

ただ、ここで界のお父さんの話が挟まってきたのを考えると、
もしかしたら、界のお父さんと、ここから急に再会するような展開がくるのでしょうか?

しかし一方で、ずっと再会せず、
羽花の家族との関係を、界が築いていくことも、あり得ますけどね。

でもなんとなく、個人的にはもしかして、再会しそうな気がします。

そして、不安定な父だとも界は話していたので、
もしかしたら、羽花同様家族間のもめ事が、起きそうな気がします。

さらにいうと、そのもめ事って、
もしや受験直前とか、かなりこう、人生の分け目みたいなところで起きそう。

それを、羽花がどう支えていくのか…みたいな展開になりそうな気がしますね。

友哉に関する謎

さて、ちょいちょい出てくる友哉の意味深な情報ですが。

今回に関しては、
「他人が作った食べ物が食べられない」というものでした。

そもそも、友哉ってかなり、まだまだ謎が多くて。

最初の方から、なんか羽花につっかかってきたり、界とずっと行動していたり、
何か裏がありそうだったりと、不思議な点が多かったですよね。

でも、奈乃が出てきて、友哉は界にとっての羽花のように、
奈乃に振り回されて、少しずつ変化してきたように思います。

しかしそれでも、友哉はまだ謎が多くて、
特に、界と同じく家庭環境に関しては、かなり複雑そうですよね。

人の手が入った食事が食べられないのも、
何かしらのトラウマがあってこそ、なのではないでしょうか。

ただ、まあ奈乃にはだいぶ気持ちが傾いてきているようなので、奈乃と友哉が近づくときに、羽花がおせっかいしつつ、友哉のこともわかっていくのではないでしょうか。

それによって、友哉と界の関係や、界のバックボーンも見えそうな感じです。

ハニーレモンソーダ 【第67話】の展開予想

次号での展開予想をしてみました!あくまで個人的な見解ではありますが、どうぞ!

そろそろ文化祭の時期?何かしら事件が起きそう

さて、おそらく次回は海から戻ることになり、
まずは石森父と界との話になりそうな気もします…が。

でも、同時に夏休みが開けると、
文化祭の話になり、羽花と界の記念日も来るはずなんですよね。

文化祭に関しては、毎年何かしらの事件が起きており、
今回はたぶん、受験もあるので、宙のような存在は登場しない気がしますが…。

でも、おそらくやっぱり何かしらは起きると思うので、
それがなんなのか…もしかして、今回ふれてきた界の父の関連でしょうか。

もしかして、この時期に界の父が急に戻ってくるとか?
それか、学校に乗り込んでくるとか…?

ただ気になるのは、今回、ちょっと父とのことがチラついただけで、
界は羽花とも壁を作り、中学のように戻ってしまいました。

要は、まだやっぱり界は父親のことがトラウマになっていて、それを、どういうことがきっかけになるかはわかりませんが、乗り越える展開は来ると思うんですよね。

なので、次回学園祭の準備がスタートし、
しかしその一方で、界の父のことも動き出すって感じでしょうかねぇ。

どうなっていくのか、次回も見逃せませんね!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

まとめ

以上、ハニーレモンソーダの最新話までの考察・展開予想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。

無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

▼最新話・最新刊を今すぐ読む▼

U-NEXTで読む

600ポイントを無料でGETする♪

 

【無料漫画アリ】おすすめ電子書籍サービス

電子書籍サイト・アプリの記事一覧

2021年秋!ドラマ・アニメ化漫画特集

今話題の記事一覧

おすすめの記事