最新話ネタバレのアイキャッチ画像

漫画火ノ丸相撲の最新話含むネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
火ノ丸相撲の最新話ネタバレ一覧!毎週どこよりも早く更新

2019年1月28日発売日の週刊少年ジャンプ2019年9号、最新話!
火ノ丸相撲【第226話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに225話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これから火ノ丸相撲のネタバレを含む内容をご紹介します。

火ノ丸相撲の最新巻を今すぐ無料で読む

火ノ丸相撲【第226話】のネタバレ

加納彰平と天王寺獅童2人は小学生の頃から相撲の全国大会の常連だった。

ずっとライバルで中学二年生の時に彰平の方が中学横綱になり、獅童は中学三年生の時だった。

決勝戦の相手は彰平。

それぐらいから2人は2つ名で呼ばれるようになった。

まさか同じ学校のチームになるとは思わなかった。

それからいつも獅童の2番手の座が定番になった。

大相撲の世界に入ってもう2番手のままではいられない。

童子切・獅童対彰平・大包平の取り組み。

「俺はなれるだろうか、あいつのライバルに」

一瞬の気の迷いが立会に差を生んだ。

童子切は大包平の動きは想定済みだった。

童子切は全ての対戦相手を研究し尽くしていた。

変形小手投げ「六胴切り」

を大包平に放った。

大包平は自分に言い聞かせた。

「限界を超えろ。相手の想定を超えろ!」

俺はお前と並び立つためにここまで来たんだ。

土俵際2人は投げを打ち合った。

2人の身体が同事に倒れた。

軍配はどちらに?

漫画火ノ丸相撲の最新話含むネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
火ノ丸相撲の最新話ネタバレ一覧!毎週どこよりも早く更新

[the_ad id=”1965″]

火ノ丸相撲の最新刊をUNEXTですぐ無料で読む

以上、火ノ丸相撲【第226話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです!

火ノ丸相撲最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

火ノ丸相撲の最新巻を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

火ノ丸相撲【第226話】の感想と考察

ここにもライバル物語があった。

いいですね切磋琢磨。

やはりスポーツ漫画にはライバルは必要不可欠です。

現実にはずーっと同じ人がライバルなんてそうそうないことだと思います。

私の予想では同体につき取り直し。

もう一番見られたらラッキーかな。

力士は大変でしょうけどね。

次回への期待が膨らみます。

次回の火ノ丸相撲【第227話】の週刊少年ジャンプ10号発売日は2月4日になります!

まとめ

以上、火ノ丸相撲【第226話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

 

2021年3月 漫画売れ筋ランキング