最新話考察のサムネイル画像

秘密の授業【第3巻】のネタバレを紹介します!

ちなみに2巻のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから

今までのネタバレも全話こちらにまとめていますよ。

「秘密の授業」全話ネタバレまとめ!最終回まで更新中>>

秘密の授業【第3巻】のネタバレの前に絵付きで読みたい場合は、「コミックシーモア」で独占先行配信しているので、チェックしてみてください。

好きな漫画が7日間無料で読める、読み放題サービスもやってますよ!

▼初回無料登録で半額クーポンをGET▼
コミックシーモア公式

半額クーポンで「秘密の授業」がお得に読めます。
※4
/30まで1・2巻無料中です!※

6月限定特大キャンペーン実施中!

秘密の授業【第3巻】のネタバレ

裸になった俊太が真理子に馬乗りになる。
真理子は駄目だと分かっていても拒絶できないでいた。

数日前までオナニーさえ知らなかった俊太が今では自分から求めてくる。
教えてもいないのに、いつの間にか真理子を感じさせてしまうほどになっていた。

太ももを擦っていた俊太の手がアソコに伸びてくる。
指先が少し触れただけで自分でも驚くほどの淫らな声が出てしまった。

その時、「女の顔」を見られたくない真理子は思わず顔をそらした。
それに気づかない俊太は夢中になって真理子のお尻にアソコを擦りつけながらイッた。

――翌日、正が出張から帰って来た。

明らかにガッカリした様子の俊太が真理子は少し気になった。

”あれで本当によかったのかな…”

――夕方、風呂上がりの飛鳥に俊太は緊張した様子で声をかけた。

飛鳥はそんな俊太を鼻で笑いながら部屋に入れるとベッドに腰を下ろす。
どんな相談かと思って話を聞いてみると、俊太の言葉に息を呑んだ。

”僕のオナニー…手伝ってくれない?”

それを聞いた飛鳥は半ば呆れ気味だったが弟のために一肌脱ぐ事にした。
とりあえず俊太に言われたとおりベッドに横になるとそのままスマホをいじり始める。
自分の身体を見ながらするのかと思っていたらお尻にモゾモゾとした感触が。

”どうしてお尻を…私今…パンツも履いてないんだけど…”

驚いて振り向くと、そこには全裸の俊太が!
しかし一番衝撃だったのはアソコの大きさだった!!
ベッドに突っ伏して動揺した気持ちを落ち着かせようとする飛鳥。

だが、そんな事はお構いなしに俊太は後ろから抱きついていた。
そのままギンギンに硬くなったアソコを飛鳥のお尻に擦りつける。

”何よこれ…凄く硬くて…石の塊みたい…”

俊太は飛鳥の胸を揉みしだきながら何度も腰を押し付けた。
すぐに終わらせる、もう少しだけだから、と動きが激しさを増していったその時!

”ズプンッ!!”

なんと俊太のモノが飛鳥のアソコに挿入されてしまった!
俊太に…弟に挿れられてしまった…飛鳥は今更もうどうしようともないと諦めた。

”でもこれ…大きすぎ…奥まで届いて…”

激しく突かれながら乳首をつままれると飛鳥はブルルッと身体を震わせた。
やがて膣内にジュワッという感覚とビクビクという俊太の感触が伝わる。

”ま…まさか…この感じは…”

こんなこと駄目に決まってる、こんなこと嘘に違いない。
しかし飛鳥は初めての感覚に間違いなく快感を感じていた。

射精した直後の俊太は力が抜けているのか動けないでいた。
飛鳥は俊太を怒るが、当の本人はその理由が分からず困惑した。

”あんたは今…私とセックスしたのよ”

男性器を女性器に入れる行為がセックスなのだと俊太はその時初めて知った。
セックスは子供を作る時にしかしてはいけないのに姉としてしまった。
責任を感じていたが、それ以上にすごく気持ちよかったのが忘れられなかった。

――翌日の夜、俊太はまた飛鳥の部屋を訪れた。

秘密の授業【第3巻】の感想

まさかの急展開、てっきり初体験の相手は真理子とばかり思っていました。
それにしても親子揃ってお人好しというか性に奔放というか、血は争えないですね。

中出ししてしまった俊太は責任を感じていたようですが、翌日も飛鳥のもとへ。
このままでは俊太が性欲モンスター化してしまうかもしれません!

一体この後どういう展開になってしまうのか、続きが気になります!

文章のネタバレではなく、絵付きで秘密の授業【第3巻】を読むことができますので、「コミックシーモア」をぜひチェックしてみてくださいね。

\秘密の授業【第3巻】が先行配信中!/

コミックシーモア公式サイト

※3/11まで1・2巻無料中です!※

最新キャンペーン情報

キャンペーンまとめ

おすすめランキング・特集

ランキング記事一覧

人気記事

今話題の記事一覧

2021年5月 漫画売れ筋ランキング

ミステリと言う勿れ

【TVドラマ化決定!】菅田将暉演じる「整(ととのう)」が紡ぐ、心温まるミステリー