最新話ネタバレのアイキャッチ画像

2021年2月15日発売日の週刊少年ジャンプ2021年11号、新連載作品最新話!
BUILD KING【第12話】最新話ネタバレと感想をまとめましたので紹介します。

ちなみに前回のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これからBUILD KING【第12話】のネタバレを含む内容を紹介します。

もしネタバレではなく、絵付きで「BUILD KING」の漫画を読みたい方は「U-NEXT」を利用すれば無料で読めますよ。

U-NEXT公式サイト

BUILD KING【第12話】最新話のネタバレ

前回のあらすじ

超難関とされるビガー工法の試験に挑戦するとんかちとレンガ。

大勢の観客が見守る中、ビガー工法のビガーが活力であり、一番強い職人が造った家が1番強いと説明を受ける。

その上でビガー工法の一次試験は釘モグラ叩きが始まるのだった。

 

【超難関試験に挑むとんかちとレンガ】

試験官スミスが声高らかに釘モグラ叩きと試験の名を叫ぶ傍ら、観客席から見守るナナは余りにも難易度が高いと呟く。

活力とは、生命力そのもの。

無機物を含め誰にでも存在するソレを自身以外に作用させるには資質が必要であり、この資質の有無が試験を受ける条件だった。

そしてビガー職人は、ビルオン所属のビルダー6000万人のうち僅か0.01%しかいない。

釘モグラ叩きのルールは至極シンプルで、制限時間10分の間に試験場の穴から顔を出す釘モグラを一匹叩けばクリア。

ただし、一定以上の力で叩かないと反撃されて死ぬこともある、とのこと。

ちなみに直近10年で釘モグラをKOできた受験生は一人もいない。

 

【観客を驚かせるとんかちの一撃】

一方、受験生たちは工具室でハンマー選び。

長さ、重さ共に多種多様なハンマーがあり、自分に合ったハンマーを選ぶことが重要。

とんかちは、意気揚々と一番でかい5トンのハンマーを手に取り、他の受験達も其々重さの異なるハンマーを選び試験開始。

多くの受験者が高速で動き時に強力な反撃を繰り出すモグラに悪戦苦闘する中、観客席の一角からビルオン幹部、十棟のメンバーが早速受験者の選別を行っていた。

彼らは親方衆から推薦を受けた受験者ではなく、一般審査に通った受験者4人、ゼッケン12・38・44・60を注視する。

そんな中、ゼッケン21襟木シズカが易々とモグラをKO。

襟木に続き、55番バル・タウロス44番コネチカ、38番まぐに、6番テク、60番ポコミチン、12番ハカ、97番レンガと次々とKOを量産。

最後はとんかちが極大ハンマーでモグラ諸共、会場のステージまで粉砕し観客たち驚愕させるのだった。

 

 

BUILD KINGの漫画をU-NEXTですぐに無料で読む

以上、BUILD KING【第12話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

今回の最新話を無料で読むことはできませんが、電子書籍サイト『U-NEXT』を利用すれば、最新刊や単行本なら無料で読むことができます。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに「BUILD KING」が無料で読めますよ。

BUILD KING漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

「U-NEXT」公式サイト

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

BUILD KING【第12話】最新話ネタバレの感想

超難関試験に挑んだとんかちとレンガですが、超難関を楽々クリアしてしまいました。

とんかちとレンガの他にも数人の受験者が余裕でクリアしており、超難関とは正しいのでしょうか。

仮に本当だとすれば、やはりそれだけ豊作ということなのでしょう。

一方でビルオンの幹部が何故か推薦受験者ではなく一般受験者を注視しています。

一般受験者の何が気になるのか、そして一般受験者の4人の誰が本命なのか、今後も楽しみです!

次回、BUILD KING【第13話】掲載の週刊少年ジャンプ2021年12号の発売日は2月22日になります!

まとめ

以上、BUILD KING【第12話】最新話のネタバレと感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事