アイテルシーのサムネイル画像

2021年3月8日発売日の週刊少年ジャンプ2021年14号、新連載作品最新話!
アイテルシー【第6話】最新話ネタバレと感想をまとめましたので紹介します。

ちなみに前回のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

これからアイテルシー【第6話】のネタバレを含む内容を紹介します。

もしネタバレではなく、絵付きで「アイテルシー」の漫画を読みたい方は「U-NEXT」を利用すれば無料で読めますよ。

U-NEXT公式サイト

アイテルシー【第6話】最新話のネタバレ

前回のあらすじ

温泉旅行を満喫する中で事件が起きてしまい、狂人に襲われる相生りさ。

咄嗟に二月左近が助け出してその場から逃げ出すが、相生は犯人のもとへと戻ってしまう。

右近は相生を放置して逃げるべきと言うが、左近は兄の言葉を受け入れずに相生を追いかけて犯人と遭遇してしまうのだった。

 

【二月右近の本心】

ある日の警視庁の捜査第一課、課長との会話。

仲間が必要だと諭した課長。

だが、相生は仲間は必要ないと返し、自分の代わりに誰かが犠牲になるのは嫌だと言う。

時を戻し現在。

右近自身、相生の境遇に納得した事などなかった。

しかし、その感情を認めてしまえば、死んだ父親と同じ目にあってしまう可能性があった。

故に相生を道具と割り切ったが、左近は己の感情に従い相生に手を差し伸べた。

それは決して右近には出来なかった事であり、悔いる右近。

右近の独白を黙って聞いていた加賀美あたるは、ヒーローは遅れてやってくると励まし立ち上がらせる。

 

【犯罪に走る負の感情に情をいだく左近と相生】

一方その頃、相生と左近は狂人を前に危機に陥っていた。

犯人が凶器を振り上げ、もうダメだと思う左近。

けれども、相生は一歩前に出て犯人の左手を優しくにぎり、犯人の激情を落ち着かせることに成功する。

相生は隠し部屋で犯人の父親であるオーナーの手記を見た。

ノートには息子の異常性に気付き、母親と共に大勢を殺した息子を恐れた父親の叫びが記されていた。

父親に異常だと恐れられ、母親と手を繋ぐことすら出来なかった犯人。

母との愛の形を奪われた凶行に走った犯人を”どこか哀しい――”と思う左近。

同時に凶行に走った負の感情に寄り添うことで次の犯罪を防ぐ相生。

左近は相生の行動と想いを聞き、これまで理解できなかった相生の行動原理に理解を示す。

 

【加賀美あたるの正体】

遅れて右近と加賀美が駆けつける。

右近が逃げろと言いかけるが、左近が途中で制止し犯人に目を向ける。

相生から愛を与えられた犯人は、狂人ではなく、涙を流しながら感謝の言葉を呟く。

左近は哀しい犯人を本当に救えるのは、父親や相生のような人だと思う。

このような中、突如銃声が響き倒れる犯人。

発砲したのは加賀美。

下していた前髪をあげた加賀美は、鏡野日(かがみの ひかる)と名乗る。

かつて相生を誘拐した犯人であり、突然の再会に相生は怒りに染まった鬼気迫る顔を浮かべるのだった。

 

 

アイテルシーの漫画をU-NEXTですぐに無料で読む

以上、アイテルシー【第6話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

今回の最新話を無料で読むことはできませんが、電子書籍サイト『U-NEXT』を利用すれば、最新刊や単行本なら無料で読むことができます。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに「アイテルシー」が無料で読めますよ。

アイテルシー漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

「U-NEXT」公式サイト

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

アイテルシー【第6話】最新話ネタバレの感想

”罪を憎んで人を憎まず”

相生の行動や想い、左近が感じた犯罪者への理解は、正にこれですね。

ですが、実際にこの境地に至れるかというと、疑問を覚えます。

個人的には自分が被害者になった際に、相生や左近のように思えるとは思えません・・・。

それが間違いなのか、それとも人として正しい感情なのか、どちらが正解なのでしょうか!?

次回、アイテルシー【第7話】掲載の週刊少年ジャンプ2021年15号の発売日は3月15日になります!

まとめ

以上、アイテルシー【第6話】最新話のネタバレと感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

2021年3月 漫画売れ筋ランキング